自然さと不自然さ

私が好きな演奏は、自然な演奏です。
このことを意識したのはつい最近なのですが、
思い返してみると、小さいころか、不自然さの感じられることをやるのが嫌いでした。
レッスンで何度注意されても、頑として直さない、なんてことも多々あったように思います。
とってつけたような演奏。気持ちが動いていないのに、指先だけで動きをつけることに、
抵抗があったのかもしれません。
 
それが最近になってようやく、なんとな~くわかってきたんです。
それは、初めから自然な状態、というのは、何にもない状態(平坦な状態)と変わりないということ。
まずは、思いつく表現をどんどん盛り込んで、不自然な演奏を作り上げ、
それを弾き込んで、更に弾いたものを何度も聞いて、
少しずつ自然な状態に磨き上げていくという作業が必要なんだと感じています。

自然さと不自然さは、対極にあるようでいて、
実は、隣り合っているのかもしれない。
そんなことを思います。
[PR]
Commented by marira at 2008-12-19 15:26 x
う~~ん、深い。。。
ina-kibiさんは、いつもきちんと分かり易く書いてくださるので、
心の中のうやむやっとした思いがすっきりします!
確かに、お隣同士なのかも。
いずれにせよ、やってみない事には絶対分からない事ですよね。
お見事!!
それらを感じれるina-kibiさんはやはりすごいです(^^)/
Commented by ポレポレとうさん at 2008-12-20 13:07 x
「不自由の中にこそ自由がある」という言葉を聞いたことがありますが、
自然さも不自然さと同居しているんだろうなと思いました。
そしてそういうことを感じられるというのは、
やはり演奏に対するina-kibiさんの真摯な姿勢があるからだと思います♪
Commented by ina-kibi at 2008-12-20 13:38 x
mariraさんへ
コメント、ありがとうございます!
ホント、、音楽の深みでおぼれております~~~(汗)。
私は、本当に今歩き出したところなので、
発見の連続なのだと思います。
センスのいい方たちは、そんなこと頭で考えなくても
自然な音楽を、美しく奏でられるのだと思うのですが、
私は、理屈がわからないと進めない状態なんです。
体も頭も、カチンコチン!?
音楽のおもしろさを拾いながら、ぼちぼち歩いていくことが、
今はとても楽しく感じられます。
Commented by ina-kibi at 2008-12-20 13:45 x
ポレポレとうさんさんへ
コメント、ありがとうございます!
おっしゃるとおり、「不自由の中にこそ自由がある」と、私も思います。
今の生活そのものが、そのことを物語っているようにも思えます。
時間がないからこそ、本気で楽しめる、のめりこめるような気がします。
演奏に対する真摯な姿勢、とまでは行きませんが(汗)、
自分の演奏に何が足りないかを考える余裕がようやく生まれてきました。
もう少し歩いていくと、そろそろスタートラインが見えてくるかも?
というところまで、ようやく歩いて来れたかな?という気がしていますよ(笑)。
いずれにしても、まだまだひよこの私です。
by ina-kibi | 2008-12-18 23:45 | ピアノ | Comments(4)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る