ツェルニーアレルギー

こんな病気があったらいいのにな~。
ツェルニーの楽譜を開くと、体が痒くなるとか
くしみが出るとか・・・。
「だから私、ツェルニーは出来ないんです。」
って、先生に言えるのに・・・。

長女がレッスンの帰りの車の中で、ボソッと・・・。

バッハもソナチネやソナタも、大変だけど練習は嫌じゃないんだけど、
ツェルニーだけは、練習が嫌で嫌でしょうがないらしいです。

先生曰く「私も、ツェルニーは好きじゃなかったけど、いいところもあるのよ!」
と、ツェルニー50の連弾練習曲、という本を紹介してくれました。
後半は、難しいけれどなかなか素敵な曲が多いわよ!と・・・。
でも、既にアレルギーの長女には、後半の曲を弾くなんてこと自体
「勘弁して欲しい」んだそうで・・・。
最初の方の曲も、出来れば弾きたくないようで・・・。

ツェルニーをしっかり練習する事の大切さを、
先生も、かなり大人になってから感じたようで、
そのことをいつも話して聞かせてくれます。
ベートーベンをかっこよく弾きたいのなら、
ツェルニーをしっかりやらないと・・・。

先生にそう言われて長女は私にこっそりこう言いました。
「ベートーベン、弾けなくてもいいんだけど・・・」と・・・(汗)。
非常にまずいことに、そういう言葉に私は「共感」しそうになってしまいました・・・。

その雰囲気を察してか、先生、ついに
ベートーベンのソナタを宿題に出されました。
ヤバ過ぎます・・・・。
実感させようという意図でしょうね・・・・。

やっぱり逃げられないんだから、
少しは楽しく練習できたらいいな~と思います。

すらすら弾けたら楽しいと思うんだけど・・・。
努力が続かない。
結局は、それに尽きますね。

今は長女とは違う練習曲をやっている二女。
そろそろそれが終りそうなんですが
「ねえ、この次って、ツェルニー?
他の本じゃダメなの?お母さん、先生に頼んで(懇願)」
と真顔で言います。
ソナチネを放棄した二女ですから、
他の道があるかもしれません(爆)。
でも、勇気をもって、自分で聞いてくださいな♪

ちなみに、長女のインベンションも、二女の練習曲も、標題曲も、
ぜ~~んぶ練習している私ですが、
ツェルニーだけは、手を出しません。
アレルギーは、私のDNAですね・・・・(大汗)。
[PR]
Commented by halca-kaukana057 at 2010-02-20 21:42
私もツェルニー100番に取り組んだものの、10番で放置しています…。
さらに、ベートーヴェンの作品に苦手意識があります。聴くのは大好きなんです。ベートーヴェン作品はこれまで「エリーゼ」しか弾いた事はありませんが、どうもしっくりと来ないのです。納得のいく演奏にしようとおさらいしてみるのですが、そのたびに途中で放置して今に至ります。
他のベートーヴェン作品をやってみようかな…と楽譜を見ても、いまいちやる気が出ない。なんなんでしょう、これは…。

仰るとおり、楽しく練習できればいいのですが、その「楽しい」に至るまでが大変なんですよね。譜読みや音を取る段階で、辛いと思うことがあります。そこを乗り越えれば楽しくなってくるのですが、それ以前の段階で拒否反応がでるのは厳しいですね…。長女ちゃんが今後どうするか…気になりますね。二女ちゃんの懇願もw
Commented by ina-kibi   at 2010-02-21 15:57 x
遼さんへ
コメント、ありがとうございます!
ツェルニー放置組みでしたか・・・、私と同じですね~~(笑)!
私も、ベートーベンは苦手意識が特に大きいです。
特にソナタは、「かっこいい!」と憧れはするものの、
自分が演奏する類の曲ではないと、最初からあきらめている節があります。
やはり、ツェルニー嫌いと大きな繋がりがあるのかもしれませんね(汗)。

長女、宿題のソナタ、10日も譜読みに費やし、
まだヨタヨタの状態。
既に「降参」ムードがプンプン漂っています。
そこで「これ、きっとのんびり弾くから楽しくないんだよ。
もっとパリっとテンポよく弾きたいと思わない?自爆覚悟でやってみたら?」と提案したところ、やっぱり、ハマりました!
「ここも弾けたら気持ちいいだろな~」と、
部分練習を始めました。
「ツェルニーの偉大さ、重要さ」が
私より先に体感できたかもしれません。
次のステップ(意欲的にツェルニーを練習する)に
繋がるといいですが・・・・(汗)。
二女は出来れば回避できるよう
心で願っているダメ母でした(爆)!
by ina-kibi | 2010-02-19 21:53 | ピアノ | Comments(2)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る