ひとつずつ・・・

人生、あっという間に半世紀・・・という私ですが、
そんな私の娘も、一つ一つ、人生の歩みを重ねているところです。

音楽との出会いは、どんなだっただろう?
小さいころから、きんきんとした高い声で、いつも歌を歌っている子でした。
幼稚園に入り、お友達が音楽教室に通っている様子を見て「私もピアも習いたい!」と・・・・。
小4の終わりに、今の先生の教室に移りました。
中学に入学し、「何か部活に入った方が楽しいんじゃない?」という親のアドバイスを聞いたのかきかなかったのか??唯一の文化部である吹奏楽部に入部。迷わずパーカッションを志望しうまく滑り込みました。
同じ学年の仲間が4人しかいなかったこともあり、柄にもなく部長に・・・。
3年間、毎年顧問が変るなか、部長として過ごした時間の中で一番長く一緒に過ごした顧問の先生が、吹奏楽未経験&顧問をやりたくなくてしょうがないという先生だったため、かなり苦労したと思いますが、それも今となっては貴重な社会経験。
4人の仲間は、見事全員バラバラの高校へ進学。

高校に入学し、「高校では部活やらずにのんびりしようかな~?」と言ってはいたものの、先輩からの誘いを断りきれずつい部活見学へ…。そのままずるずると入部。第一志望のコントラバスは、経験者がいたため入れず、その時点でパーカッションも経験者の入部が確定していて定員いっぱい。ご縁があってホルンパートへ・・・。
音楽をやりたいのに、音そのものが出せないという娘にとっては緊急事態。
「音色が、とか、フレーズが、とか、それ以前に音が出ないって、こんなストレス生れて初めて!!」と言っとりましたね・・・・。いや、最近でも言ってるか…・笑
2年の時は、吹奏楽とピアノデュオ掛け持ちで忙しい一年でしたが、好きなものを抱え込んで離さない!!という姿勢に、ちょっと感動。

そして、気が付くと3年生。吹奏楽部、というものの中に身を置いて、6年目の夏です。
3年になったら学校が「受験受験」とはやし立て、プレッシャーをかけてくる中、わき目も振れず部活に精をだし、その集大成ともいえる定期演奏会が、昨日無事、終了しました。

会館の外に並んでいると、「もうすぐ開場しますので、4列に並んでお待ちください!」と声をかけて回る素敵なお姉さんたちは、みなさんOGです。
入口でチケットを切りプログラムを渡してくれたのも、OG,OBの皆さんです。
差し入れを受け取って、仕分けして整理してくれているのも、OG,OBの皆さん。
アナウンスも、聞き覚えのあるOGです・涙

もう、本当に、あっという間の2時間半でした。
盛りだくさんのプログラムの中に、恒例の3年生によるダンスがあったり、3年生だけでの演奏があったり。
毎年、その3年生のものすごいパワーに圧倒されるのですが、今年の3年はなんだかほのぼのしていて、いつもと趣が違ってました・笑 カラーって、あるんですね~。
初心者の多い学年と聞いていましたが、さすが3年毎日のように練習をしてきた成果が表れてますね!プログラムを通して、あちらこちらで見せてくれる3年生のソロ演奏では、みなさんとてもきれいな音で観客の心に話しかけてくれました。

終演後、ロビーでお客さんを見送る3年生たち。
やりきったすがすがしい笑顔や、引退に直面した涙顔や、これまたグッとくる景色でした。

帰宅した娘は、冷静を装ってはいましたが、明らかに気持ちが高揚しており、理解不能の行動を繰り返しておりました・笑
たくさんいただいた差し入れを、一つ一つ開けてみながら「〇〇ちゃん、ありがと~~!!」「うわ~~、〇〇せんぱいも、やさし~~~!!」と声を上げ続けておりました。
中学吹部の仲間もみんな見に来てくれたようで、受け取ったメッセージに読み入ってました。

パーカッションをやっていた中学のころは、ステージでの演奏を見ていても、娘の動きと音が一致するため見ごたえがあったのですが、ホルンになるとそうはいかず・・・。でも、いつも感じるんですが、娘の演奏する姿は、実に楽しそうなんですよね~~。その姿に見合う音が出ているとは思えないんですけど(笑)。
だけど、その様子は、音楽の楽しさ、音楽が好きだという思い、そういう幸せが素直に表れているようで、うれしいんです、見ていて。
よかったね、たくさんの仲間と、音楽できて!!

ここで引退を迎える3年生と、2週間後のコンクールまで続ける3年生がいるんですが、娘は後者です。
今日も練習に出かけて行きました。

こうして、一歩一歩、歩みを進めていくのですね。
いろんな楽しみを分けてくれる娘に、感謝しなくては、ですね~。
[PR]
by ina-kibi | 2016-07-17 14:15 | その他 | Comments(0)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る