モーツァルト ソナタ イ短調

先日、ピアノの調律をしてもらいました。
もっとまめに除湿器を回さないとな~~~と反省・・・orz
相変わらず調律後のピアノはとても弾きやすいし、音がとてもきれいで、ついつい時間を忘れて弾いてしまいます。
音そのものがきれいだし、とにかくハーモニーが美しい!!
モーツァルトのアダージョを思わずひきたくなりました。
ヘタだけど、そんなことはどうでもいいと思えるほど、美しい曲と美しいピアノの音に癒される~~~!!

そんなこともあり、モーツァルトづいております。
まじめに(?)練習を始めたのが、ソナタイ短調。
以前何度もかじってるんですが、すぐにあきらめて退散しております。
今回もきっと・・・・汗
でも、いつになく、頑張ってます!

一番弾けないところから手を付けようと思って、再現部から練習を始めました。
それがちょうど先週末でした。
この1週間、再現部中心に弾きつつ、たまに通して弾いてみて思ったのが
やはり、出だしって大事だな~ということです。
そこで、今日から提示部に取り掛かりました。

左手の和音の同音連打、右手の同音連打、あと、音価、そして強弱、む、難しい・・・・・
これは、やはり、最初から出だしからの練習をすべきでした。
そんなわけで、この週末は、提示部を中心に、まじめに(←強調!)練習をしようと思います。

以前かじった時よりも、和声を感じられるようになっているような気がするのが、ちょっとうれしい変化です♪
[PR]
by ina-kibi | 2016-07-29 23:43 | ピアノ | Comments(0)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る