4声

おそらく9月から、ぼちぼち弾き始めている、Miyoshi ピアノ・メソード 7の練習曲。
全曲を弾こうとか、テクニックを身につけようとか、本当はそういう明確な目標を持って取り組んだ方がよいのでしょう。
しかし、私の場合、漠然と、「この曲も美しい!ああ、次の曲もなんといえない!!」と、三善晃ワールドに魅了され、ただただ弾いていると言う・・・・。

どなたかの「主治医に教えてもらったのですが、病的な不安にとりつかれた時は、2つの作業を同時にやると、脳の処理が追いつけず不安な考えを除去できるので、その後気持ちの切り替えを行うと良いらしい。」という発言を受けて
「不安なときはバッハを弾けばいいのか」と、ピアノ友達さんがつぶやいておられたのです。

Miyoshiメソードの練習曲はポリフォニーばかり。
弾いている時はそれほど感じませんが、たとえば出先で、ふと頭の中で歌っていることがあり、そんな時気づくんですよね、忙しいな~って。二つ、三つのメロディーをそれぞれ語ると言うのが。でも、それが面白くてやめられないわけですが・・・。

動機はさておき、このメソードを細々と弾くことは、今の自分の状況に必要なことだったのか・・・と、うなずいてしまったわけです。

それにしても、3声までは、頭の中で同時に鳴らすことが何とかできるんですが、今弾いている曲2曲は4声なんです。これが、いきなりハードルがポーーンと高くなった気がしてなりません。
まずは右手2声を、左右両手で練習し、その響きに習って右手一本で2声を弾く練習。
左の2声も同様に。
この時点ですでに問題が・・・・
右は、ソプラノが主役っぽいのですが、
左は誰が主役??
メロディー本位で考えるとテノールなんでしょうが、4声の全体像を考えると、もしやバス?
そんな迷いが湧いてくる。
でも、そんな迷いは必要ないとばかりに、まず左一本で2声がきれいに並ばないんですけど・・・orz

それでも、1日5分の、片手練習を数日続けていると、たまに間がさして
両手で弾いてみたりするんですけど、これがまたこれがまたこれがまた・・・orz orz orz

そんなこんなで、自分の経験が3声を拙く弾くところで止まっていたと言うことなのか
はたまた、3声と4声の間には、深くて長い川が流れているのか
いずれにしても、いつになったら自己満足(すぐ満足するタイプだというのに・・・涙)の域に忍び込めるかな~と遠い目になる今日この頃です。




[PR]
Commented by ゆきなぎ at 2016-10-11 22:26 x
4声になるとまた格段に厳しくなるのですね。4声というと、トロイメライしか弾いたことないです。完全ポリフォニーの4声は難しそうです。
三善晃ワールドに魅了されて、ただただ弾いているとか素敵すぎます!そういう作曲家に出会えたことが幸せですね!僕は、まだまだ三善ワールド初心者ですが、三善先生の曲にそういう魅力があることは解ります。今、一歩づつ踏み込んでいっています。まずは改訂版の4巻を弾いて録音しはじめました。易しいけれど、楽しいです!特にポリフォニーが出てきてからというもの、なおさらです。

>「主治医に教えてもらったのですが、病的な不安にとりつかれた時は、2つの作業を同時にやると、脳の処理が追いつけず不安な考えを除去できるので、その後気持ちの切り替えを行うと良いらしい。」

なんだかとても納得です!バッハとか三善先生の曲を弾いた日はなんだか気分がいい。精神衛生上も毎日弾いていこう!と思いました。
Commented by ina-kibi at 2016-10-12 16:23
ゆきなぎさんへ

コメント、ありがとうございました!
おそらくこの194番は、バッハの平均律の4声に比べると格段に弾きやすいんだと思うんですが・・・、それでも苦労しますね・・・涙
弾くことよりも、聞くことにが難しいように思います~・涙

>善晃ワールドに魅了されて、ただただ弾いているとか素敵すぎます!そういう作曲家に出会えたことが幸せですね!

ほんとうに!誰もが好きになる作曲というわけでもないような気もしていて、だからこそ出会えたことに喜びを感じるというか、うれしくなりますね♪

>バッハとか三善先生の曲を弾いた日はなんだか気分がいい。精神衛生上も毎日弾いていこう!と思いました。

ゆきなぎさんもそうでしたか!
私も、目も耳も頭も忙しくて、余計なことを考える余裕がなく、集中できる感じがすごくいいようで、すっきりします!!

ゆきなぎさんとは好きな曲の傾向が似ているように感じていて、勝手に喜んでおります・笑
これからもどうぞよろしくお願いいたします♪
by ina-kibi | 2016-10-05 17:51 | ピアノ | Comments(2)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る