アップライトピアノ

家にいる時間が増え、さ~てピアノ弾くぞ~~!!と思っていたわりには、エンジンのかかりが遅かった・・・
というのも、体調もありますが、子猫の存在が大きかったのです。

8月に我が家にやってきた生後、4,5ヶ月と思われる子猫。
最初の2ヶ月はかわいそうだったけど、日中は家は留守なのでゲージの中でほぼ眠っていたと思います。
私が毎日家にいるようになってからは、なるべく自由にしてあげたいと思い、朝、家族が出かけてから、少しずつ自由行動の時間を増やしていきました。
野良生活で命からがら生きてきたのか、食べ物への執着がものすごくてそれが大変。
台所にすっ飛んでいくので、台所には入れないようにこちらもあの手この手で封鎖を試みます。
仕掛けては破られ、また仕掛けては破られの繰り返しの末、今の仕掛けは、まずまずの成果をあげています。
それでも、私の目を盗んでは、無謀なチャレンジをして何とか忍び込もうとするので、やはり目が離せないんです。

それから、ピアノのふたを開けると喜んで鍵盤の上を歩き、私が弾き始めると邪魔をする・・・。
ひざにのって甘えるくらいならいいんですが、楽譜をかじる、上から鍵盤に飛び降りる、しまいには鍵盤の上で寝そべる・・・。
これは特に、グランドピアノを弾いている時に激しくて、とてもじゃないけど好きにさせてはあげられず、ふたを閉めることになってしまいます。

最近、ようやく午前中リビングで遊ぶだけ遊んだら陽だまりを見つけてそこで昼寝をするようになりました。
また、リビングで一人遊びをしている最中に、私がアップライトピアノを弾いていても、干渉しなくなりました。
さらに言うと、アップライトは台所の入り口付近にあるので、監視しながら弾くことができるのです!
さすがに、リビングで眠っている猫をそのままに、別の部屋でピアノを弾くほど、まだこの猫を信用していないので(絶対台所に行く!!)、結局私は日中はアップライトピアノしか弾けません。

そんなことをしているうちに、たまにグランドを弾いた時に、なんだか鍵盤が重く感じられ、必要以上に力んでしまい、すぐに手が疲れてしまうようになってしまいました。このピアノを買った当初、上の娘が「鍵盤が重い」と言ってあまり弾かず、アップライトばかり弾いていたんですが、なんだか私も、そんな感じになってきちゃいました。
しかしですね、あのグランドは私が好きで選んだピアノ。音はとても美しいんです。そして、表現のしやすいピアノなんです。最近の上の子は、鍵盤の軽いピアノを弾くと「どうしても音が硬くなってしまう。うちのピアノだともっともっと霧に包まれたような音が出せるし、弱い音も思うように出せるのに・・・。」と、今度はそんな悩みを抱えているようですが、それにしても、娘はこの2,3年でグランドピアノとかなり仲良くなったようです。

体力的にちょっとひ弱になった私は、今は、グランドを弾いてすぐ疲れるより、アップライトをたくさん弾いていたい気分で、選曲もアップライトでそれなりに楽しめるものにし、存分に弾いている感じです。

このピアノ、何度か手放そうと思ったのですが、なかなか離れていかず、結局ずっと家にあって、少し前はだーれも触らなかったんですが、置いておいてよかった~と思っています。
小学2,3年生からの付き合いのピアノです。しばらく調律もしていないので、音は狂っているのでしょうが、それほど気にならない残念な耳・・・笑
おかげで、猫と楽しく暮らしつつ、ピアノも楽しめる、ようやくそんな生活に落ち着きつつあります~♪

だけど、このままでは満足できませんから、夜寝る前に少しずつグランドも弾いて、体の感覚を戻していこうと思っています。
選曲の幅がぐっと広がって、演奏する楽しみも何倍にもなりますから!!
猫の成長とともに、少しずつ・・・ですね♪

[PR]
by ina-kibi | 2016-11-30 14:21 | ピアノ | Comments(0)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る