一人の人間として

な~んて、大げさなタイトルですが・・・。ささやかなつぶやきです。

フランス組曲3番を練習していましたが、途中で、ゴルドベルク変奏曲のアリアを弾きたくなってしまいました。
そしてアリアを経て、今、バリエーション1を、片手ずつ弾いているところなんです。

フランス組曲は全曲譜読みをし、音が並びましたが、いつものパターンで、出揃った時にアルマンドが気持ちよく弾けなくなっていました。録音・・・と思ったけど、元気が出なかった。またいつか・・・と思って、とりあえず、別れました。

古いものを、ごっそり捨てました。
自分では気付いていなかったのですが、ちょっとした書類マニアだったようです。
給与明細は高校のアルバイト時代からずーっととってあったし、大学の合格通知や、会社の採用通知、それから、各種申請書なども、驚くほど残っていました。それから、友達や家族からの手紙も相当残っていました。それを、あらかた捨ててしまいました。自分で処分できない状態になって、人の手を煩わすくらいなら、今捨ててしまえ!!という、勢いからでした。

そのあと、洋服や本なども・・・と、ぼちぼち整理していたら、MDというのがごっそり出てきました。
時代としてはいつごろでしょう?20代かな?その中でも、スピッツのMDがダントツ多くて、物の整理をしながら、それをずっと聞いていました。ちょうど昨年の10月くらいだったでしょうか。

車のオイル交換の無料サービスの期限が近づいてきて、あるはれた日の午前中、一人で車を運転し、片道30分くらいのドライブがてら、オイル交換に行きました。その時、スピッツのMDを車に持ち込んで、大声で歌いながら運転をしました。久しぶりに、気持ちがスカッとしたのを覚えています。

ピアノは大好きだけど、私を支えてきたのは、ピアノだけじゃないのです。いろんな音楽が、その時々の私に寄り添ってくれていたんです。いろんなことを思い出しました。一緒にスピッツを聞いていた人のこと。この曲を聴いていた頃のこと。

私は、その人に会いたくなりました。会わなくてもいい。話をしたいと思いました。ネットで検索しました。フェイスブックにヒットしました。メッセージを送りました。3ヶ月以上、音沙汰がありませんでした。

まあ、そんなに都合の良い話なんてあるわけない・・・、そう思いました。自分が会いたいと思ったタイミングで、相手が動くわけがない。そんな身勝手な願いが、叶うわけがない。これでいいんだ。最初からわかっていたことだ。そう思いました。そして、フェイスブックのアカウントを完全消去しようと決心しました。つかの間の妄想だけでも、楽しかったと、心から思いました。

アカウント消去に手間取っている間に、メッセージの返信が届きました。
「ごめん、今頃メッセージに気付いた!」と・・・。
夢かと思いました。真冬の真夜中に1時間以上、夢中で話しました。文字でのやり取りです。
「いくつになった?」「今年で54。」「私は今年で50。」「すごいね。生きているだけで、奇跡だね!」

たった、これだけのことです。
これが、母でも、妻でも、娘でもない、一人の人間としての、私です。

ピアノを弾いて、車を運転して、歌を歌って、まだ起こってもいないことに不安の涙を流して・・・。
ささやかなささやかな人生です。それでも愛おしい、我が人生です。

この先、どんなことになっても、心の自由だけはこうして持ち続けて生きて行きたいと思っています。

[PR]
Commented by Nemup at 2017-03-06 14:07 x
古いモノ、ちゃんとお別れしたのですね。素晴らしい!
私は整理して「捨てようかな」と思うものを選別したのにもかかわらず、実際シュレッダーにかける勇気がなく(面倒ともいう)、未だに部屋の隅に放置されています。選別するまでに数年かかったので、どんだけ・・と思うのですが。

フェイスブックはすごいですね。
こういうときには本当に頼りになりますね。
連絡が取れて良かったですね。心の自由、なんとなく分かります。いろいろな役割とは別の、芯になる部分の自分という感じですね。

これからも素敵な人生でありますように♪
Commented by ina-kibi at 2017-03-07 06:30
Nemupさんへ

コメント、ありがとうございます!
素晴らしくはないのですが(笑)、勢いで処分してしまいました。愛着や思い出も、自由な心の中にしまっておけば、それでいいかな?というスタンスになりました。身軽になると、心も軽くなりますよ!

フェイスブックね~。まったく興味もなく使う予定もなかったのですが、フェイスブックがなければ叶わなかった夢が叶ったので、その存在に感謝するしかないです。スマホばかり見ている娘達を見ていると、おかしな時代になってしまったものだな・・・・と嘆きたくもなるのですが、この時代だからこそのつながりにもたくさん恵まれました。こうしてNemupさんとお話できるのも時代の恩恵ですよね!

>これからも素敵な人生でありますように♪

ありがとうございます!!Nemupさんも♪
Commented by ねこぴあの at 2017-03-09 20:30 x
うん、うん…と思いながら読みました。そして、そのかけがえのないたったひとりの人生に寄り添いたいなあと思いました。
Commented by ina-kibi at 2017-03-12 09:38
> ねこぴあのさん

コメント、ありがとうございました!
寄り添う、って、とても温かい言葉ですね。
じわじわとしみてきます。
私は全てが「奇跡」と感じることが多いのですが、
夜な夜な会話を交わした旧友はま逆で
「全てが必然。なるべくしてなったんだよ。」って言います。

まだまだ目の前にたくさんのハードルがあるのですが、皆に脇をひょいと抱えてもらって、ひとつずつ超えていけるような気がしています!!ねこぴあのさんにもしっかり支えてもらっていますよ♪いつもありがとう!
Commented by 私はタワシ at 2017-03-16 09:03 x
いなきびさんとはいろいろ似ている点が多いですが、整理整頓が上手で物持ちがいいところは私と正反対ですね!
でも、そんないなきびさんが、思い切って大幅な断捨離を・・・。心中にはほんとにさまざまな思いがあり、「スッキリサッパリ」なんて一言では決して済ませられないと思いますが、いなきびさんにとって前に進むためのひとつの大事なステップなんだと感じました。
これからの人生、お互い、厳しい現実に直面することは多々あるかもしれませんが、きっと折り超えて行けますよ!!
そして、ピアノが、音楽が、その大きな支えになってくれることを信じてます。
願わくは、いなきびさんも私も(そして同じようにピアノを愛する仲間たちも)一年でも、一日でも長く、ピアノを弾けるという恵みに預かることができますようにと祈ってます。←なんかクリスチャン的表現になったなあ(笑)でも心からそう思います!

バッハ、また聴かせてくださいね~
いったんお別れした曲たちも、逃げないで待っててくれますから、またそのうちに弾いてあげてくださいね。私もそうします!
Commented by ina-kibi at 2017-03-16 11:04
> 私はタワシさん

コメント、ありがとうございました!
物持ちがよい=捨てられない=整理下手・・・というわけで、遠回りですが、結局似ているのでは?と思いました・笑

家族であっても、その処分を任せられないものってあるじゃないですか。それをとっとと片付けてしまおうと思ったのです。捨てなきゃよかったものもたくさんあったと思うけど、捨ててしまえばその存在すらも忘れてしまうから、結果オーライということにしましたよ♪

色々大事に抱え込んでいたい方ではあるんですが、その一方で、ばっさばっさときりしててしまう冷酷な合理性も持っていて、自分という人間が自分でも理解しきれない部分があります。
そんな自分とも向き合う機会となったかもです。

ピアノに関しては、ひとつの大きな曲がり角にさしかかっているような気がしています。
最後まで私を突き動かしてくれるのは、三善先生のメソードじゃないかな~とは思っています。もちろん、バッハも、丁寧に弾いていきたいと思います!
娘の音楽生活が、私の目も耳も届かないところへ行ってしまうのも淋しいです。

「ピアノを弾けるという恵み」
とても心地よいフレーズです!
これからもずっと、その恵みに感謝して、ピアノに触れていたいなあと思いました♪
素敵な言葉のプレゼント、ありがとうございました!!
by ina-kibi | 2017-03-05 20:18 | その他 | Comments(6)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る