2015年 08月 08日 ( 1 )

その時が来た

体の事情で、転職することになりました
何年も前から、いつか離れなければならない仕事・・・と思って続けていた保育園の仕事でした。
想像しただけで、涙が止まらなくなることが何度もありました。
毎日、毎日、いつまで続けられるか・・・と思いながら出勤していました。

実際退職する日が決まり、そこへ向けてのカウントダウンが始まって、どうなることかと思っていたのですが、意外と落ち着いて過ごせました。
が、さすがに最後の日は、いつも通りとはいきませんでした。
私の退勤時間は、保護者の出入りの多い時間帯のため、一人一人の職員にご挨拶するのが難しいと思い、出勤と同時に全クラス回ってご挨拶させてもらい、「帰りはいつも通りすーーーっと帰りますので、ご協力お願いします!」と・・・笑
でも、2つ目のクラスで、以前一緒に組ませていただいた先生のお顔を見ながら挨拶しているうちにこらえきれなくなって涙が落ちてきてしまいました・・・
そこからは、気持ちを立て直して次のクラス、そして崩壊、また立て直して、の繰り返しで、ようやく自分のクラスにたどり着いたという感じでした(汗)。
でも、自分のクラスに入ると不思議と平常心に戻れて、どの先生たちも「実感わかないわ~、明日も来るんでしょ?」なんて言って、いつも通りのテンションで迎えてくれて、本当にありがたかったです。

午睡中に園長先生に呼び出され、何事かと玄関ホールについていくと、なんと、職員の皆さんが集まってくれていて、御苦労さまの声をかけてくれ、花束と手作りのアルバムを渡してくれまして・・・・
アルバムを渡してくれた先生が、こちらに向かって歩きだす時点ですでにグダグダの顔をしていて、その顔見て私も再び大崩壊してしまいました・・・・(感涙)

小さなクラスの子どもたちは事情も知らないのですが、年長さんだけには担任の先生が話してくれていたようで、お迎えが来て帰るときに、何度もり振り返って、いつまでも手を振ってくれた子が何人もいて、心が崩れそうになりましたが、保育中はなんとか泣かずに、笑顔で、いつものように過ごせて、本当によかったです~♪

こんな風に最後の勤務を終えました。
悩んでいた時期の方がずっとずっとつらかったし、たくさんの涙を流したな~
今はすっきりしているな~、なんて思いながら、寝床に就いたのでした。

しかし、翌朝、目覚めた時に、「ああ、保育園に行かなくていいんだ」
と思ったとたん、とめどなく涙が流れてきて、布団をかぶって独りで号泣しました。
これで、本当にすっきりけじめがついた気がします。

あれから1週間。
新しい職場では、わからないことだらけですが、専門知識豊富な先輩が、穏やかに、そして丁寧にいろいろ教えてくださって、少しずつではありますが、事務の仕事の感覚がよみがえってきているかな~~~~~???といったところです。

そして、昨日、金曜の夜、元職場の10年連れ添った4人の仲間と食事をしてきました!
誰も「送別会」とは言わないのですが、実質送別会だったのだと思います・笑
でもみんな、とても楽しくて、笑ってばかり!!
最後に、なんと、またまたプレゼントをもらいました♪
「これは、私たち4人からだから、あの花束とは別物だから~~!!」と・・・



b0141377_1214627.jpg
b0141377_17364441.jpg



私がアランジアロンゾの話をしていたのを覚えていてくれた方がいて、なんと、わざわざ買ってきてくれたんですって~~。
開けても、開けても、目をつぶっていただきますをしているかっぱくんが出てきます・・・爆
このお弁当箱を見たら、午後からの仕事も頑張れそうです!!!
私も皆さんに、心ばかりのプレゼントを渡しました。
よろこんでもらえたようで、うれしかったです♪

また誘うね~~~!うん、待ってるね~~♪
しごとがんばってね~~!!うん、みんなもね~~~♪♪

またきっと、会えると思います(笑)
[PR]
by ina-kibi | 2015-08-08 12:56 | その他 | Comments(2)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る