<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

終った~!!

過酷な1週間を過ごしました(私が)。
最後には力尽きて(私が)、もう、神様にお任せしよう!と・・・。
 
そしてこの週末、娘達の発表会を迎えました。

長女は、珍しくリハではミスのない、気持ちのよい演奏が出来たので、
その反動で不安が大きかったようです(笑)。
そして本番は、やっぱりいつものようにミスタッチもあり、
ある意味、長女らしい演奏になりました。
よれよれしながらも、会場に「蝶々」がひらひらと舞ったかな?と思います。
よかったよかった~(笑)。
でも、私、ミスのない長女の発表会本番、いつか聞いてみたいです(憧)!
 
逆にリハは最悪だった二女は、開き直ってのびのびと弾いていました!
直前になって、あちらこちらが油が切れたロボットみたいに
ギクシャクし出した二女でしたが、根気強く(私が)フレーズを分解しては組み立てて・・・、
何とかギリギリ間に合ったかな~という感じでした。
こちらは、いつも手堅く、あまりミスはないのですが、今年は・・・・(汗)。
でも、二女の場合、思い切りよく弾くことがいつも一番の課題なので、
今年は本当にはじけていてよかったな~という印象が強いです(笑)。
 
いずれにしても、二人とも、よく頑張りました!○をあげましょう!!
 
さて、この発表会を区切りに、娘達のピアノライフが一変することになりました。
環境を変えて、ピアノと向き合うことに。
楽しみながら、音楽の深みにハマっていってくれたらと、願っています。
肩の力を抜いて、のびのびと行きましょう!!
 
ちなみに、今週の私のレッスンは、絶望的です・・・。
 
[PR]
by ina-kibi | 2008-11-30 17:18 | ピアノ | Comments(4)

現実逃避

娘達の発表会の、ステージリハーサルも終わり、
約1名、課題山積みの状態で会場を後にしました。
 
指を怪我してピンチだったもう1名は、なんとかリハには間に合い、
今はのんきにしています。

そして、ここ数日、娘達のピアノのことに脳みそを支配されてる私は、
自分の練習がすっかりお留守で、非常にヤバいです・・・(大汗)。 

そんな我が家の土曜日。
こちらはもう雪もちらついていると言うのに、
今ころになってようやくクローゼットの衣替え(爆)。
やりたくないことをやるときには、せめてGBMを楽しもう!
ということで、本日のお供はこちらです♪

b0141377_14345067.jpg

      










ブラームス:間奏曲集  / グレン・グールド

彼の「ゴールドベルク変奏曲」は、擦り切れるほど聞きました。
今でも、よく聞きます。
それと同じくらい、この録音も大好きです。

早く衣替え済ませて、お茶を飲みながらゆっくり聞こうと思います。

自分たちのピアノは、夕方から頑張りましょう!!
[PR]
by ina-kibi | 2008-11-22 14:47 | その他 | Comments(5)

今ころ「のだめ」

「冬季間の外遊びは4時半まで」という学校の決まりを、
実によく守る娘達は、どんなに寒くても、どんなに忙しくても、
どんなに切羽詰っていても、毎日学校から帰ってきて4時半までは、
規則正しく外遊びをしています。

先週の金曜日、夕方4時くらいからドラマ「のだめ」の再放送が始まりました。
モーツァルトの2台ピアノが聞きたくて、初回はビデオに録画しておきました。
週末、長女がピアノの練習をしている間に、二女がお父さんと出かけてしまい、
さっぱり帰ってこず・・・。
長女の練習なんてあっという間に終ってしまって、暇そうにしてたので、
「一緒に見る?」と、第1話を二人で見ました。
「これ、これから毎日やるの?見る見る!!」と長女。
「じゃあ、4時からだから、間に合うように帰っておいでね!」というと、
「え~、それは困る。お母さん、ビデオにとっておいて!」と・・・。
まあ、しょうがない、録画してやるか~と、月曜日。

帰ってきました。いつものように4時30分ジャストです!
で、ドラマの放送を見るんですよ~。
そして、放送が終ったら、ビデオを巻き戻して、前半を見るんです。
本日も、全く同じことをしておりました。
 
どうせ見るなら、最初から、って思わないのかな~。
そんな娘たちを見ている私が、毎日不完全燃焼です・・・(苦笑)。
[PR]
by ina-kibi | 2008-11-19 00:34 | その他 | Comments(2)

長女の災難

最近、珍しく気合の入った練習をしていた長女(時間は短いです・汗)。
慣れないことをすると、とんでもないことが起きるものです。
長女、週末に、車のドアに指を挟めてしまいました・・・。

先っぽの方だったので、それほどひどくはないようで、よかったのですが、
さすがにピアノは弾けないようです。
ここ3日、長女の左手は眠っています。
右手だけの練習はすぐ飽きるようで(おいおい~~汗)
発表会の曲は何回か弾いたらハイ終わり!
何を思ったか、ソナチネやバッハの、ちょいと難しそうな曲を選んで、
右手だけせっせと譜読みをしています。
楽しそうです~♪
右手だけの譜読みって、そりゃ、楽ですよね~。

あさってがホールリハなのですが、 左手、使えるようになるだろうか・・・。
まあ、いろんなことがありますよね。
この先のことは、神様にお任せします。
 
ところで、長女がこんなことになり、なんとなく便乗してサボり気味な二女。
あなたは、ピポピポの曲に伴奏付けて弾いてる場合じゃないんですけど・・・(汗)。
二女の曲が、音を立てて崩れていく・・・・。
こちらも、神様にお任せしたい気分です(涙)。
[PR]
by ina-kibi | 2008-11-17 22:53 | ピアノ | Comments(8)

二女の実態

娘達の発表会まであと3週間を切りました。
仕上がり具合は・・・、といいますと、
いつものように、長女はまあ何となくいい感じ?二女はとほほ・・・。
ステージでのリハまでに、なんとか形になるといいな~と思っていますが、
どうなることやら。

そんな母の心配など知るよしもなく、
二女は色々やらかしてくれます。

本日のレッスン。
今日は仕事からの帰りが少し遅くなり、
急げ急げ~と、まくし立てるように準備をさせて、レッスンに向かいました。
5分ほど車を走らせたあたりで、
「ところで、忘れ物なんてしてないよね?
発表会の曲の楽譜忘れてたりしたら、シャレにならないよ~。
ワークは持った?ノーとは?」
「あ、お母さん、カバンごと忘れてきちゃった!」
と言ったのは、二女でした・・・。

大きな雷が落ちたのは言うまでもありません。
そこから引き返し、レッスンバッグを取り、
再びレッスンへ向かいました。
なんとかぎりぎりセーフでしたが、とんでもない忘れ物です(怒)。 
 
そして、レッスンが始まり、まず、二人が順番に1回ずつ、
本番だと思って演奏しました。

二女の演奏、指が回ってないんですけど~~(汗)。
あとから本人に聞いてみたら、
「手が冷たくて動かなかった~」と・・・。
あなた、毎朝学校に行く時にはしっかり手袋をはめて、
その上使い捨てカイロまで握り締めて行きますよね?
なぜ、ピアノのレッスンに向かう時は、無防備なんですか?

おまけに、本日も、レッスン中、危なく眠りに落ちそうになってました(汗)。
あくびを噛み殺してる表情、3度は目撃しました(怒)。
 
その話を、帰りの車の中でしたところ
「私もわからないようにあくびを噛み殺したんだけど、気付いた?」と長女。
「すごい!!全然気付かなかった~~~!!どうやったの?」と二女。

そんな技を競っている場合ではありません!!
曲を、仕上げてくださいよ~~!!

母、自分の練習どころではありません・・・(涙)。
[PR]
by ina-kibi | 2008-11-13 22:08 | ピアノ | Comments(0)

やってしまった・・・

数日前のある日のこと。
急に仕事が早く終わり、お昼には家に帰ることが出来ました。
その日は珍しくぽかぽかと温かい晴天の一日。
まだ間に合うかと洗濯機を回し、久しぶりに2階のバルコニーに洗濯物を干しました!
ついでに、娘達の部屋を念入りに掃除し、床もピカピカに!
気分爽快で、予定どおり、自分のピアノのレッスンに向かいました。
 
毎週のレッスンは、テクニックの教本とバロックをやるとたいてい時間がきてしまい、
なかなか「曲」までたどり着けないのが現状です。
9月からレッスンが始まり、最初に見ていただいたグリーグの蝶々に○が付いたのが
10月中ごろ。
先生の選んでくれた次の曲を聴いて、ギョッとしました。
大好きな曲ではありますが、どうも、自分には弾けると思えないのです。
「この曲、私、大丈夫でしょうか?無理、じゃないですか?」
「大丈夫大丈夫~。簡単だから!こういう曲、子どもに弾かせるとなると大変だけど、
あなたは大人だから、すぐ弾けるようになるわよ!大丈夫よ!!」と・・・。
私は大人だから・・・。大人だから・・・?本当に、大丈夫~!?
そうおっしゃるのなら、やるしかありません。

どうも弾ける気がしない・・・。
私にとってこの感覚、ショパンもそうなんですが・・・。
子ども時代に弾いた、ショパンのワルツやノクターンも
指で音をなぞることは出来ても、「弾けた!」と思えたことはなく、
今弾くとしても、こんな曲だ~と楽しむ程度で、のめりこんで弾けるとは思えないのです。

毎週、ドキドキしながら練習しました。が、なかなかお披露目の日は訪れず・・・。
そうこうしているうちに、どんどん緊張ばかりが増して、
「こんな感じでいいんだろうか?方向性が間違っていたりしないんだろうか??」と
迷いばかりが生まれてきます。
もう、どうでもいいから、とにかく一回先生に聞いてもらいたい!!

そんな風に思っていた矢先・・・
今週は珍しく教本、バロックともサクサク進み、いよいよ1ヶ月温めていた新曲に・・・。
気合を入れて弾き始めたのですが、
10小節程度弾いたところで、
「あぁ~~、わかった・・・。」と先生。
その呟きに、演奏の手が止まる私。
「え~?なんですか~(汗)??」と恐る恐る先生の顔を見ると
「あなた、こういう曲、苦手?でしょ?図星~??」
頷く私。
「そうだったか・・・。ごめんごめん。だったら、この曲は悲しすぎるね。
そっか~。なるほど。うん、わかったわかった。」と先生。

グリーグは、時代的にはロマン派のあたりですが、少々毛色が違い、
私とは相性がよいと先生はおっしゃいます。
なので、1曲目の蝶々を聞いても、そのことに気が付かなかった、とのことで(汗)。

この曲はしばらく封印し、ロマン派に慣れるための、地道な修行を積むことになりました。
次週まで、別の曲の譜読みが宿題に出されました。
よ~し、頑張るぞ~~!!
 
家に帰ってきて、いつもなら時間があればすぐにピアノに向かいたいところですが、
なんだか気持ちがザワザワしていて、そういう気にはなりません。
「自分の10小節の演奏は、どんだけひどかったんだろう・・・」とか
「じゃあ、もっとあんな風に弾いていれば、何かを伝えることができたのだろうか・・・」とか
「いやいや、そんなレベルのことじゃなく、先生にはなんでもわかってしまうんだ!」とか。
いつまでも、その、封印された曲と自分について、うだうだと考え続けてしまうのです。

録音したレッスンを、ベッドの中でも聞きました。

そして夜が明け、いつもの朝がやってきました。

「おかあさ~ん、昨日洗濯してもらったジャージって、もう乾いてる?」
「洗濯??」
あ~~~~~~っ!!!!!

洗濯物を外に干したのを、すっかり忘れていました(大汗)。
時、既に大幅に遅し・・・。
しかも、その朝はシーズン一番の冷え込みと言ってもいいくらい。
あたり一面、霜が降りていました。
恐る恐るバルコニーへ。
ああ、凍ってる・・・。
幸い、その日もお天気は良好との予報だったので、
凍った洗濯物は外に干したまま、仕事に出かけました。
帰ってきて、真っ先にバルコニーへ。
おお!いい感じに乾いています~~。よかった・・・。
 
「寒干しラーメン」は聞いたことあるけど、
洗濯物は、いただけませんでしたね・・・。
 
いちいち動揺しない大人になりたいものです!
[PR]
by ina-kibi | 2008-11-12 14:56 | ピアノ | Comments(2)

今日はどっちだ?

特に予定のない土曜日。
発表会も控えているし、子ども達の練習に付き合うことにしました。

長女は午後から友達と遊ぶ約束があると言うので、午前中に。
私「この曲弾く時、一番気をつけなきゃならないのは何だと思う?」
娘「え?ミスタッチ?」
私「・・・・・・(怒)」
娘「え~~~?わかんない。」
私「じゃあ、自分は何気をつけて弾いてるわけ?」
娘「え?いや、別に。普通に弾いてる。雰囲気で~。」
雰囲気ねえ。まあ、そういう音だわねえ・・・(汗)。
こういう人は、本番で痛い目に会うでしょう。

その後も、ああいえばこういうで、人のアドバイスを素直に受け入れようとせず・・・。
私もいつしか、もうどうでもいい気持ちになってしまい、ピアノから離れました。 
 
午後から暇そうにしていた二女と練習。
この人、先生の話は聞いちゃいませんが、私の話はよく聞いてくれます~(笑)。
まだまだお子ちゃまなので、年中さん相手だと思ってアプローチすると、
本当によく乗ってきます(爆)。
発表会の曲のほかに、終ってから取り掛かる予定の曲の譜読みまで、
誘導してみましたが、見事にやり終えました~。
しかもこの人、とても楽しそうでした。

どちらかがよいと、どちらかが悪い。
そして、どちらとも悪い日もたくさんある。
なのに、どうしたことか、二人ともよい日って、ありませんね~(涙)。
明日はどっち?
[PR]
by ina-kibi | 2008-11-09 01:29 | ピアノ | Comments(2)

ピアノの練習

「自分の練習時間は、毎日ちゃんと取れてるんですか?」
レッスンの中に、先生に尋ねられました。

「娘さんたちがピアノの練習始めると、なかなかお母さんに回ってこないのでは?」と、
先生は心配してくださったようですが・・・・。

私  「それが、大丈夫なんです。毎日たっぷり、弾けてます!」
先生 「あらら・・・笑」
 
ピアノの練習は、料理と同じだなあと思うことがあるのよ、と。
下ごしらえに時間のかかる料理。
下ごしらえには手間はかからないけど、煮込みに時間がかかる料理。
短時間で仕上げた方がおいしい料理。
下準備も、調理時間も、やたらとかかる料理。
手間はかからないけれど、調味料の分量が微妙な料理。
などなど、どれもピアノの練習にも言えると思いませんか?と。

娘達はきっと、どんな料理を作っているかすらわからずに台所に立っていて、
何も作らずに台所から出てきてしまっているのではないか、と思いました。
 
そして自分も、決してお料理上手とは思えない練習の仕方かも、です(汗)。
もう少し考えて、練習を進めていこうと思いました。
 
[PR]
by ina-kibi | 2008-11-06 00:17 | ピアノ | Comments(2)

2分の1成人

長女の10歳の誕生日が近付いてきました。
頭をよぎる言葉 『2分の1成人』

思えばこの1年の長女の体と心の成長は、目覚しいものでした。

気が付くと、子供服のお店においてあるかわいらしい洋服は着られない大きさに・・・。
靴下はもう私と同じサイズでOKです。
スケート靴も、今使っているのが小さくなったら、
次は私が高校の時まで使っていた靴をお下がりです。

今夜は、なんとな~く寝そびれていた長女。
二女と夫は電池切れで既に布団の中。
連休前だし、たまには2人で夜更かししようか!
一緒にピアノのCDを聞いたり、おしゃべりしたり。
ピアノの上にあった、1年前に買った連弾の本を開いて、
パラパラと一緒に弾いてみたり。

いつの間に、こんなに大きくなったのだろう。そう思いました。
生まれてから10年。
毎日顔を合わせて来ましたが、
今、1人の人間としての長女と、初めて出会っているような、そんな気がします。

そんな長女への誕生日プレゼントとして用意しているのが・・・・

b0141377_011232.jpg


ともだち / 谷川俊太郎

その名の通り、谷川俊太郎さんの、ともだち、という詩に、和田誠さんが絵をつけた本です。
ともだちってどんな人?
友達と一緒だとどんな気持ち?
自分が嫌なこと、ともだちだって嫌だよね?
そして最後は、会ったこともない遠くの友達が出てきます。
そのともだちのために、自分にできることって・・・?
私が読んでも、一文一文心に染みて、色々考えさせられる本です。
娘も何か感じてくれたらいいなあ。
これから先の人生、何度となくこの本を開いて、
教えられたり、励まされたり・・・
そんな存在になってくれるといいなあ。


b0141377_018183.jpg

 
ドリトル先生アフリカゆき / ヒュー・ロフティング  訳・井伏 鱒二
 
子どものころ、大好きで、シリーズ読破しました。
井伏鱒二さんの訳が、実に見事で、大人になってからも何度も手にしてます。
動物好きの長女も、気に入ってくれるのでは!


b0141377_0202389.jpg

 
ピアノストーリーズベスト ’88-’08 <オリジナルエディション> /久石 譲

先日、CDショップで長いことこのCDを手にとって見ていました。
学習発表会で、合唱、合奏、リコーダー奏と、久石さんの曲に挑戦し、
音楽の楽しさを改めて感じたのではないかと推測しています。
何でも、人生のメリーゴーランドのピアノバージョンが聞いてみたいんだとか。
このCDにはきっと素敵な音がつまっていると思います。

体も心も順調に成長してこれたのは、これまで長女に関わってくださったすべての方達の、
思いやりやパワーのお陰だと思っています。
これからも、楽しいこと、辛いこと、気まずいこと、悔しいこと、い~っぱい経験して、
いつかは誰かの支えになれる、そういう人間へと成長していってもらいたいなあと願っています。


 
早く、人間二女にも、出会いたいものです・・・・。
そうとう遠い未来の話かも・・・・(汗)。
[PR]
by ina-kibi | 2008-11-01 00:46 | その他 | Comments(4)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る