<   2010年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

娘たちのピアノ

4月もあっという間に終ってしまいそうです。
今年の4月はいろいろなことがありましたが、
一番身にこたえたのは「寒さ」でしょうか・・・。
どうしてこんなに、いつまでも冬のように寒いのでしょう。
四十の身体には、この寒さはこたえます・・・(涙)。
早くぽかぽかと温かい春にならないかと
待ちわびている毎日です。

そんな中、娘たちのピアノはゆっくり進行中。

なかなか感慨深いのは
二女がついに、インベンションを始めたこと。
二女の場合、気ままに好きな曲を弾いて、
そのうちピアノは辞めてしまうのだろう・・・と思っていたのですが(笑)。
私が大好きな1番を、今譜読みしています。
明るく、屈託のない二女には
1番がよく似合う気がします。
お見事!というような、よく考えられ、よくコントロールされている演奏は
それは素敵ですが、
理解すべきことの半分も理解できていないような、
そして、味わえてるんだか味わえていないんだか、
というような、拙い演奏も、
それはそれで、なんだかとても心に響きます。
10歳のバッハ。
よちよち歩きでいいので、
楽しんでもらいたいものです。

長女はモーツァルト。
私もこどもの頃弾いたはずの曲なのですが、
お世辞にも「弾けた」とは言えません・・・。
音を正確に並べることすら、できなかった気がします。
長女もやっぱり・・・・。
それでも「好き」という気持ちが支えになって
飽きもせず、毎日弾いております。
ようやく16分音符が
タカタカタカタカと、軽快なドミノ倒しのように
聞こえてくるようになりました。
先生曰く、モーツァルトの音楽は
天から降りてきたような音楽、とのこと。
とにかく自然体で、真っ直ぐに・・・と。
それが何より難しいのですが、
素直に弾くことによって、
モーツァルトの音楽の魅力が
ググっと浮き出てくるのだろうということは
想像がつきます。
一音ずつの打鍵がまだしっかりできず
なんとな~く鍵盤の表面を撫でるように弾いてしまう長女ですので、
この曲が大きな壁となって、
「基礎基本をもっとやらなきゃ!」という気持ちが芽生えたら
と思っていたのですが、
最近、ハノンやツェルニーを熱心にやるようになってきたので、
狙い通りです(ニヤリ)!

5月の連休、思いっきり遊べるように、
今のうちに練習の貯金を、お願いしたいものです!!
[PR]
by ina-kibi | 2010-04-25 01:09 | ピアノ | Comments(2)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る