<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

長女のレッスン

さて、年度末、年度始めのあわただしい時期に突入しました。
今週は、娘のピアノレッスン、高校のオリエンテーション、
教科書購入に加え、職場の送別会もあり、
おまけに、うちの母と娘達と一緒に消費税増税前にお買い物に行く
という企画まであり・・・、ほんとに忙しい(汗)。

そういう時は、早寝早起きで、朝のうちにピアノを弾いておかないと
弾けない日が続いちゃうんですよね・・・。

昨日は長女のレッスンでした。
ベートーヴェンのソナタの譜読み。
何とか100小節クリア。
おそらく「半分くらいで挫折かな?」と、先生も思われていたのかな?
「努力のあとが随所に見える」と感激(?)してくださってました・・・(笑)

で、先生から長女へひとこと
「どうだった?」
長女から出た言葉は
「音が取れても、なかなか弾けるようになりません。」でした。

へ~~、そんなこと思いながら練習してたんだね・・・。

そして最近私にはこんな風に言ってました。
「ピアノがあってよかった。宿題(なぜか高校から宿題がゴッソリおくられてきまして・・・大汗)
やるくらいなら、ピアノ弾いている方がずっと楽しい。
みんな(ほかの高校に進むお友達も含め)「暇だ~暇だ~」って言ってるから
この時期私にはピアノがあってよかったって思う!」と。
現実逃避 兼 暇つぶしかい (爆)
それはさておき・・・

長女の告白に先生は満足そうにこう語りだしました。
「そのことばはそのまんま、正直な現実だよね。」
ベートーベンのソナタとは、そういう世界だということ。
表題音楽と違って、なんとなく流れで最後まで弾けたり、
曲の輪郭が見えてくるわけじゃない。
ましてや半年もブランクがあったら、指も思うように動いてくれない。
CDとかなにか聞いてみた?

娘は、動画を検索して聞いてみたと答えました。
「どんな曲かわかった?」
「いいえ、あんまり・・・」

そうなんです。
ちょっと聞いたくらいでは、どんな曲かさっぱりわからないのです。
たとえば、エリーゼのためにとか、月の光とか、もみの木とかなら
一度聞いたら、どんな曲かだいたいわかる。
でも、ソナタは、よく知っている曲でない限り、簡単には輪郭がつかめない。
そして、4番はまだ若きひのベートーベンの作品ですが、後期の作品になると、
さらに苦しみや痛みが加わるので、精神的にも深くなる・・・。

あえて、長女が知らないであろう4番を、無謀にも5日で100小節宿題に出した意図は
「ベートーベンは難しい」ということへの自覚を持たせるためだったのでしょうか・・・。
それとも、もうちょっと出来ると思ってたけど出来なすぎたのでしょうか(ありえる・・・笑)
リハビリに小さいのを1曲さくっと2週間で仕上げてから、4番に入りましょう
ということになりました(爆)。

来週は先生のご都合でレッスンがお休みのようなので、2週間かけて練習が出来ます。
ソナチネアルバム1に入っている、ベートーヴェンのソナタ、Op.49-2 全楽章。
譜読みは問題なく出来るはず・・・だよね?
これはすぐ弾けるでしょう!
先生からの宿題は、1楽章をちゃんと2拍子に聞こえるように弾いてくること。
間違えてもこんな風に・・・(ウワ~~~、こんな風に弾いてきそうだわ~・怖)
弾いてこない様にね(釘をトントン)

そのあと、同じ学年の、音大を目指している生徒さんがいらっしゃり、
先生が「ちょうどいいから、ベートーヴェン聞いていきなさい」といって
彼女の演奏を聞かせてもらいました。
私の好きなソナタ7番。

久しぶりに、こんなに沢山の音がこんなに勢いよく流れていくのを聴いた娘と私。
しばし放心。

「あなたが中学3年間、部活や受験勉強を頑張っていた時間を、この子はピアノの練習につかっていたんだもん。
これくらい出来て当たり前。」と先生はおっしゃってましたけど。
それこそ、努力の跡が、というよりか、努力の結晶のような演奏でした。

そしてまた、その生徒さんは、この教室を卒業し、
3年間音高で腕を磨き今年音大に入学された生徒さんのワルトシュタインを
数日前目の前のピアノで聞いたとのこと。
「もう、どうしたらあんなふうに弾けるのか、びっくりだよね~。理解の範囲を超える。」
という感想を、先生も持たれたとのこと。

食物連鎖・・・という言葉が頭に浮かびました。
音大生から刺激を受けた高校生から刺激を受けた娘・・・(笑)。

さて、こうしてあっという間に春休み中のレッスンは終わってしまいました。
次のレッスンは入学式の日の夜。
そろそろ、受験勉強並みに高校の宿題を片付けていかないと間に合わないのでは?
ピアノばかり弾いているわけには行かなくなってしまいます。
この先の長女のピアノはどんな風になっていくのかな~。

[PR]
by ina-kibi | 2014-03-26 07:22 | ピアノ | Comments(2)

4分間

最近、冷凍讃岐うどんにはまっておりまして・・・
ひと玉をお皿に乗せて、レンジで4分間で、熱々の讃岐うどんが出来上がるんです。
この4分間、というのが、なかなか使えない長さ・・・・
お風呂を洗おうにも、水を抜いている間に過ぎてしまう
トイレにいってくるくらいじゃ時間が余る
黙って待っているのはこれまた長くて退屈

そこで昨日はピアノを弾きにピアノ部屋へ・・・
ピアノを弾きつつ、そろそろかな~と台所へ戻ってみると
まだ2分も残っていたので再びピアノを弾きにピアノ部屋へ。
2分あれば結構弾けるんだね、と思い、いい気になって弾いておりました。
気持ちよく、歌なんぞ歌いながら・・・(笑)
で、そろそろ?と思い再び台所へ行ってみると
二女が私のうどんをおわんに入れてくれている・・・?
「やさしいね~、どうしたの~?」と聞くと
ニヤニヤしながら「レンジ止まったよって教えに行ったら歌が聞こえてきたら戻ってきた」と・・・

まあまあ、ご親切に・・(爆)!!
 
今日の午前中、地元の高校が甲子園で試合だったんです。
うっかり見るのを忘れてしまって><
でも、初戦突破したようです!!!すご~い!!
2戦目は録画してでも応援します♪♪
[PR]
by ina-kibi | 2014-03-22 14:01 | Comments(0)

娘のレッスン

自分のレッスンじゃないけど、ついつい書いちゃいます^^
本日、受験明け久々レッスンの2日後ですが、先生に呼ばれ(汗)長女を連れていきました。
面白そうだから、見学しちゃいました。

宿題は「ツェルニー40の8番」です。
なんとな~く弾けるかな?程度にしかなってませんでしたね・・・
スケールあり、クロマティックあり、アルペジオあり、なんだか盛りだくさんの曲でした。
でもって、いまさらですが、30番と違い、1曲が長いですね・・・そういえば・・・。
8番も4ページありました。
その場その場で、どんなテクニックが要求されているかをよく考えて、指先や手首や腕の使い方を切り替えていくこと。
そして、もっともっと自分の演奏に自分が「要求」をすること、ですって。
すぐには感覚が戻らないだろうけれど(そうとうサボっていたので)リハビリのつもりで頑張ろう!とのことです。

で、本日のメインイベント、長女のベトソナデビューwith先生!!
「古典を演奏する時に一番大事なことは何だと思う?」
「・・・・」
「単純なんだけど、実は難しい、『音価を守る』ことです。それと、特にベートーベンは、『構成』を知ること。いやいや、知ってるくらいじゃダメね。『熟知』すること。」
「・・・・」
「1年かかるわね(爆)。でも、のんびりしてられないから巻きでいくわよ~(笑)!!」
「・・・(苦笑)」

全く、ドンだけ無口になるんだか、我が娘よ・・(笑)

というわけで、本日は、ベートーベン御本人様のお話や、ハイドン先生のお話、モーツァルトとの関係性など、色々聞かせてくださって、そのあと4番の調性と関係調の整理、そして、第1主題と第2主題を見つけてタイムアップでした。

5日後のレッスンまでの宿題は、『100小節目までの譜読み」とのこと。
私、4番って聴いたことがないので、全く未知の世界です。
ちょっと楽しみになってきました。

私は、ここ数日、高校の入学にかかわる書類をそろえるのに時間をとられ、出勤前の自由時間は皆無。
帰ってきてからはなんだか疲れて結構早い時間に就寝してしまって、さっぱりピアノが弾けず・・・
だったので、この3連休はゆっくりピアノを弾きたいと思います!
[PR]
by ina-kibi | 2014-03-20 22:39 | ピアノ | Comments(7)

向かう先には何がある?

長女、無事公立高校合格しました!
いまどきはネットでも見れるんですね、合格発表・・・。

ようやく「解放」のみならず、「落ち着き」ました!
そんな長女を、先ほど半年振りくらいにピアノの先生のところへ連れて行きましたよ!
先生相変わらずお元気そうでなによりです。
合格のお祝いにと、お弁当箱をプレゼントしてくれました。
はいはい、がんばっておべんとうつくりますよ~♪

そして、モシュコをご披露。
弾き始めるなり「ゆっくりでいいよ」といわれ
ゆっくり弾き始めるなり今度は「右手だけでいいよ」といわれ・・・
みんなで爆笑でした。
手のポジション、指番号に気をつけて、という、基本中の基本のアドバイスをもらい
「家では左手だけ練習しなさいね。右手が弾けるようになると、左手はなんとなく右手につられて弾くようになるんだけど、それじゃダメだから、まずは左手がしっかり弾けるようにしないとね。」とのことです。
片手練習、大事ですね。

シンフォニア10番は譜読みが間に合わず。
次回まで、2声ずつの組み合わせで練習しておいで、とのこと。

で、「曲何やる~~??」という話になり
「避けては通れないベトソナ、そろそろどう?覚悟を決めて(笑)」
「はい・・・」

というわけで、とりあえず4番読んでみるように、とのこと。
分厚いベトソナアルバムを借りてきました。

でもって、「木曜日これる?」と先生。
「来週ですか?」と長女。
「いやいや、あさって。用事ある?」
「用事はないけど、木曜まで何にも弾けるようになりませんよ?」と長女
「暇なんでしょ?一緒にベトベン勉強しましょ。譜読みしなくていいから。そのかわりツェルニー40の8番弾いておいでね。」
「はぁ・・・・・」

そんなわけで、なぜかあさってまたまたレッスン!!??
「やるときゃやらないと、な~んも進歩しないんだよ」
「たまには嫌というほどピアノを弾いて御覧なさいよ」
というようなメッセージが見え隠れしておりました、おそろしや・・・(笑)

おそらく長女は入学したら吹部に入部するような気がします。
大好きな中学時代の先輩が何人もいるんです、吹部に。

さてさて、長女の向かう先には何があるのでしょうね・・・(笑)


[PR]
by ina-kibi | 2014-03-18 23:10 | Comments(4)

次なるステップ、かな?

さてさて、我が家の長女。
先週は、生まれて初めての「解放感」に戸惑っているようにも見えました(笑)。
漫画本20冊も買い込み読みまくり、妹とお金を出し合ってゲームを買ってやりまくり、
友達と集い、じじババいとこたちと集い(笑)。
で、週があけてようやく気づいたようです。
昨日、本当に久しぶりに、長女のピアノを聞くことが出来ました!!
私が留守の間は、ドビュッシーの月の光を弾いていたそうで・・・
「何練習したら良いかな?」
「とりあえず、モシュコ?」
というわけで、これまた久々の譜読みが始まったようです。
個人的には、バッハのシンフォニアの続きをオススメしたいところですが、
まずはリハビリ・・・ということで、譜読みが超苦手な長女は
モシュコのユニゾンの曲を弾いています。
確かに、譜読みは楽だわね・・・(汗)
でも、ユニゾンはごまかし効かず難しいよ~~~~(爆)!

「ピアノは好き。練習は嫌いだけど・・・。」という長女。

はい、存じておりますよ~~~!!

来週はピアノの先生にご挨拶にうかがいます。
先生、入試前日にメールをくださいました。
「落ち着いて、最後まで丁寧にやりなさいね!
そうしたら、ぜったい大丈夫だから!!!」と・・・
レッスンでいつも言われていた言葉です(笑)
「落ち着き」と「丁寧さ」に欠ける長女。
皆さんそこを心配してくださります。
入試直後もお友達のお母さん達がそれぞれお子さんに
「○○ちゃん(うちの娘)の生存確認して!心配でしょうがない!!」と言って、
うちの娘の様子を気にしてくださっていたそうな・・・・(汗)
どんだけ心配を振りまいていたか、我が娘よ・・・・
本人には自覚がなく、「え、何でそんなに??」という感じのようで、そのギャップがまた怖いんですけど・・・

そんな長女のピアノがまた始まるのか、どうなのか、それは分かりませんが、
我が家に、自分以外のピアノの音が響くのはとても幸せです♪

そして、私自身のピアノですが・・・
新しい楽譜にうつつを抜かしておりまして・・・(汗)
それに、娘の入試も重なりで、あんまりピアノ弾いてないかも・・・><でした。
最近は晩御飯食べたら恐ろしい睡魔に襲われ、早々に寝てしまうことも多く。
でもって、午前中は歯医者だったり、銀行だったり、出かけることも多かったので。
と、言い訳オンパレードですが、今日は久しぶりに落ち着いで出勤前の時間を過ごしました。
久方ぶりにノク8を弾いてみたのですが、前進も(当たり前)、後退もしていなかった・・・(爆)
まだ、譜読みの途中の状態ですね。
アヴェマリアは、初日に比べると音覚えてきましたよ~。
気持ちよく音を並べるには、あと1ヶ月はかかるかな・・・といった感じがしますけれど、飽きずに弾き続けるのみすね。

長女を連れてピアノの先生のところを訪れる予定が出来たので、「お母さんは何弾いてたの?弾いてみて?」なんて突然の無茶振りに備え、ノクはこれから慎重に練習しようと思います(爆)。
[PR]
by ina-kibi | 2014-03-11 08:38 | Comments(6)

親って・・・

「子どものためなら死んでもいい」と思うような出来事もなかったけれど、
いつもそういう気持ちで生きているというほど子ども思いでもない。
結婚をして子どもを持つ、そういう幸せに特別あこがれていたわけでもない。
子育てが私の生きがい、そう思ったこともない。
子どもの将来のためにいろいろ考えて道を用意してあげたことなど一度もない。
「この子たちが立派な大人になるまで、死ぬわけには行かない!!」とも思わない。
そうなったらそうなったで、子ども達は私の居ない暮らしの中でたくましく成長していく。
私がいなくなったからこそ、手に入れるものもあるかもしれない。
そんなことを思う、親としての私。
冷たいかもしれない、自分でもそう思う(笑)

子どもも一人の人間、私も一人の人間。
それに尽きる。

だけど・・・・

初めてのバドの試合で、コートに立って、全然レシーブが決まらずにあっという間に負けてしまった娘に、先輩や同級の仲間が大きな大きな声で「○○、お疲れ~~!!!」と声をかけてくれていた。

部長としてステージに立った定期演奏会のDVD、番外編として3年生一人一人のメッセージが入っていて、娘が「ありがとう、ほんとにありがとう」と何度も繰り返していた。

数日前の公立入試。
いつもそっけない二女が、出かける長女に「頑張ってね」と声をかけた。

長女、もうすぐ中学卒業・・・。
「携帯持ってる友達の方が多い中、よく3年間我慢したね。えらかったね。」と声をかけると、「いい友達ばかりだから携帯持ってなくても寂しい思いしなくてすんだよ。」と返ってきた。

こういう場面に出会うと、涙が出そうになる。

たくさんのやさしい人の中で育っていることに感謝。
親はそれを見守るだけで、いいんだよね。
[PR]
by ina-kibi | 2014-03-07 09:40 | その他 | Comments(2)

楽譜を買いました!

b0141377_22254314.jpg

久しぶりに、楽譜を買いました。
アレンジ曲は苦手中の苦手だったのをすっかり忘れて・・・・(大汗)

一番弾きたいのが、カッチーニのアヴェ・マリアなのですが、ちょいと弾いてみて、ちょっとやそっとで弾ける気がしません。
で、楽譜が届いてから初めてこの曲が入っていることを知りびっくりしたのですが、ラヴェルの『フォーレの名による子守唄』
これもいつか弾いてみたいです。
ラヴェルの『ハイドンの名によるメヌエット』は大好きな曲で、フォーレをモチーフに繰り広げられる子守唄って??と興味津々!!
ほかにもあれこれ弾いてみたい曲がいっぱい!!
しかも、弾きながら歌える曲がいっぱいで、胸がいっぱいになります(感涙)。

でもでも何せ今日は月曜日(苦笑)
週末が待ち遠しいです~。
[PR]
by ina-kibi | 2014-03-03 22:33 | ピアノ | Comments(4)

棚ぼた・・・

この週末は、土曜が仕事だったので、ちょいと短め。
それでもって、なぜか右足と両腕が筋肉痛なので、あまり無理できず・・・
といっても、ピアノを弾かずにはいられませんよ(爆)。

土曜日、職場にて、20代のRちゃんとの会話・・・
Rちゃん「○○さんは土曜日家に帰ったらいつも何するんですか?」
私   「まず、洗濯機回して~、そのあと家族に『自分の使った食器や調理器具は自分で洗って片付けろ~~~(怒)!!!!!といいながらめっちゃイライラて台所の洗い物する・・・」
Rcyann 「え~。そうなんですか~~(笑)」

これは嘘ではない。
けど、土曜の午後はピアノをたくさん弾きます♪
自分のこういう部分は、秘密です。

この間、自分の携帯(ガラけー)でノクターンの演奏をビデオ撮影してみたところ、音が割れて割れて・・・
いつも使っているICレコーダーの調子が悪く、その代用品を模索中
ビデオカメラ出すのも面倒だし・・・
そんな折、二女が去年お年玉で買ったi-podの使い方ルールを破っていることが発覚!!
これで2度目なんですけど・・・・・033.gif
お気の毒ですが、その場で没収させてもらいました。
反省して二女が早々に寝たあと、ふとひらめき、i-podで動画を撮影してみたら、これがなかなかおもしろくて(笑)
音もICレコーダーよりいいくらいです。
しばらく使わせてもらおうと思います。
棚からぼたもち(笑)




[PR]
by ina-kibi | 2014-03-02 16:10 | ピアノ | Comments(2)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る