<   2014年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ノクターン16番 レッスン1回目


前期中間テストが目前に迫り、日ごろこつこつと勉強をしていない長女に余裕など全くあるはずもなく・・・
なのに「ピアノのレッスンは休まないで行くよ~」などとのたまっており・・・・

しか~し!!
数学の問題集120番までやってノート提出らしく、夕べの段階で長女はまだ10番台までしか終わってなかったようで、「まずいな~、明日レッスン行けるかな~~」と始まったのです。
そこで娘に「明日のレッスン、私の代わりに母がうかがってもよろしいでしょうか?」と先生にメールを送ってもらい、見事「大歓迎です!」のお返事をゲットした私です!!!!
ひゃっほ~~~い♪

そのようななりゆきで、本日8時より、夜の大人のレッスンを受けてまいりました~。
曲目は、ショパン ノクターン16番 まだ、譜読みの段階ですが、思い切って持って行きました。

案の定、いつも家で弾いているようには弾けませんでした。
手が震えるとか、頭が真っ白になるとか、そういうのはないのですが、なんか妙に冷めてしまって、音楽に乗れない、入り込めない・・・・、つまりは歌えないつまらない演奏になってしまいました。
これは想定内でしたけれど・・・笑

それでも、家でちまちま練習しているよりずっとよいです!!
色々と教えていただいて、刺激をいっぱいもらってきました。

まず、出だしからダメダメだったので、「この出だしはどうすればいいんだい?」というところから始まりました。
(メアリーさん、行きますよ~~~~・笑)
先生の妄想です。
まず出だしの、♭シは、「出会ってしまった!!」だそうです。はい、男女の出会いだそうです。
で、二つ目のフレーズで右手2声になりますけれど、そこでもう二人で語りだしたそうな・・・
そして9小節目からのfのところで大いに愛を語る~~~、みたいな~~~!!!!大爆発!!!!
1ページ目に対する先生の妄想は、こんな感じでした。

それを踏まえて、最初の8小節は9小節目からの歌への導入という感じで、この先に何があるんだろうとワクワクさせるような、そしてちんたらちんたら行くのではなく、少し勢いに乗っていった方がよいとのこと。

9小節目からはもうたっぷり歌いましょう、なんですけれど、音色ですね。
フォルテなんですが、上から落とす音じゃなくて下から上げてくる音じゃないかと。
そして、さらさらじゃなくて粘着系。ここはソプラノが女性、内声は男性という設定のようです。
(ちなみに私は、内声は男性にはしたくなくて、今のところマツコデラックスレベルなんですけれど、最終的にはもう少し毒のない物腰のやわらかいオネエ系にしたいと思ってました・笑)
11小節目のアルトの(16分音符)ミファソファ(4分音符)ドーに対するソプラノの(付点16分音符)ソファ(2分音符)レーはたっぷりと歌うと(時間をかけるっていうか?)バランスがいいらしいです。

2ページ目は、まずはPの時のアルペジオの指の運び方の指摘からです。
私は腕やら手首やらのびのびと動かしてまともにアルペジオを弾いていたのですが(弾きやすい体勢で)、ここはあえて指返しをせずに手を瞬間移動させて、第一関節をあまり曲げずに、ちょっと窮屈っぽい感じでひっそりと弾くことを勧められました。
どうも私のアルペジオはのびのびしすぎて暴れ気味なのと、パラパラと統制の取れていない音色だったようです。
ちょっと難しくてまだ両手では出来ないんですが、片手では出来ました。
なるほど、控えめで、デッドな感じ(?)のアルペジオになります。いいかも!
その時の右のメロディーはずっと1声なのですが、1ページ目のフォルテとは対照的な、重さを乗せない音色で、同音のクレッシェンドで少しずつ重みを加えていき、19小節目のpで思惑を裏切る感じにすっと前の音色に戻す。

3ページ目、30小節の後半から、再び右手が2声になるのですが、ここが整理整頓されてないとのことで、整理整頓してもらいました。
まず3連の装飾音はのんびりふんわりせず、すっと次の音に吸い込まれるような感じ?って言ったかな?なんか、感覚的には直線的だなって思ったんですけれどね。
でもって、31小節目最後の2拍(内声のミレ)は、直前のソプラノのソの音につながるのではなく、次の小節のあたまの音♭ソを導く新しいフレーズだということ。転調しながら同じことが何度か繰り返されるので、それもすべて形。
ここの3声地帯のバスですが、何か煽るような感じがするとのこと。
35小節目からのff。目玉です。大いに愛を歌いあう。

と、ここで時間切れ。
来週は後半を・・・とのことでした。


「ノクターンは、左手が難しいよね~。」
ということで、せんせいあの有名な浅田真央のノクターン(何番だっけ?)の出だしを弾いてくださいました。
これがまた、お見事!!!!
なんだろう、この凄さ・・・。

そしてこの16番については「なんだかバラードっぽいじゃない?」と。
「小さなバラードだと思って練習するのも面白いね。」とも。

だけど、先生、ノク16は初めてだったようで、音が取れなくて(アルペジオ)苦戦してました。
「来週まで勉強しておくからね!」とおっしゃってくださいました。

本日のレッスンを自分なりに噛み砕いて、練習してみようと思います。
来週も娘は中間試験の真っ最中なので、私がレッスンに来ます宣言してきました!!
何とかこの2回のレッスンである程度たたき台が出来たらいいな~と思っています。

レコーダー持って行ったのですが、上手く作動せず・・・涙
とりあえず忘れないうちに・・・・。
だらだらと失礼しました~。
[PR]
by ina-kibi | 2014-05-26 22:36 | ピアノ | Comments(6)

3日目にして

さて、我が家の愛犬、3日目にして自分の小屋に愛着をもったようです!
初日、二日目は、小屋の奥にご飯を入れて小屋の中に入るよう導いたのですが、3日目の今日はご飯の時間じゃなくても自ら小屋の中に入り、入り口から前足と頭だけちょこっと出して伏せをしている様子を結構な頻度で見かけました!
そんなわけで、夕方のご飯は小屋の外に置いてみたのですが、食べ終わったらまたちゃんと小屋に入っていきました。
すばらしい・笑!!!
お散歩のあとも、「家に連れってってよ~~」って猛アピールするのかな~と思ったら、それほどでもなくあっさり小屋に入りましたし。
自分の小屋にいることが落ち着くなら、なによりです!
ああよかった~。

ひとまず一件落着。
で、次は、雪が降る季節が近づいてきた頃にまたひと悩みです。
それまでは、平和な日々が続きますように・・・
[PR]
by ina-kibi | 2014-05-20 22:05 | その他 | Comments(2)

シンフォニア10番 レッスン

今週も見学してまいりました、娘のレッスン!

まず、ツェルニー11番は、左手の音が取れてなくて・・・汗
その原因を先生は「目が左手の音譜を追うのが遅すぎるんだよ」とおっしゃってました。
出た~~~、長女の譜読み力に関する~~~ご指摘~~~!!!

今、ソルフェージュのレッスンでも初見を見てくださっているようで、以前よりはずっとましになってきたと先生はおっしゃってくださるのですが、まだまだ人並みには届いていない様子。
で、この件に関しては、帰り際の雑談でも盛り上がったので後ほど改めまして・・・。

弾けてないところの攻略を先生と一緒に・・・。
そして、何とか通るようになり、「来週までテンポアップ!!」という指示が出てこの曲は次週へ持ち越し。
そしてできたら12番も譜読みしてくるように・・・とのこと。
12番、楽譜見てないんですが、ユニゾンらしく、練習法を教えてくれました。
ユニゾンを両手一緒に練習すると、普通はどう聞こえる?との質問に
娘「右手の音が大きくなります!」と自信満々で応え、
先生「え~~~??低い方が弦太いから大きくなるしょ~~!!!」
娘「あ、そうですそうです」汗汗

というのを踏まえ、バランスを考えて音を出すための練習
音譜ひとつ音をずらして、右左右左という感じで、大きくしたい方の音を先に出すんだそうです。
次に来る音は控えめに・・・。
逆に左の音を際立たせたいのなら、左から・・・ということのようです。
でもね、先生。来週はテスト前で死んでるので、12番はきっと楽譜すら開きませんよこの人・・・汗

で次、先生が「ベートーベン」って言う前に「バッハやりたいです!ずっとやってなかったから!!」と先手を打った長女。
ま、どっちも弾けてないのでしょうが、ベトベンの弾けてなさというのは恐ろしく顕著に分かるので、よい選択だったと思います。

家を出る前にあわてて弾いていたのがバッハだったのですが、あまりにどたばた弾くので、小さい頃、先生が『~~ちゃんの音は細くて清潔感がありみんなに好かれる音だけど、訴えかけてくるものがないから、何を弾いてもBGMみたいになっちゃうよね。まあ、邪魔にならないってことなんだけど。それって、何も残らないってことでもあるんだよ』とよくおっしゃっていたのをふと思い出しました。
その、良くも悪くも邪魔にならないと言われていた娘の持ち音である細くて清潔感のある音はいったいどこに行ったのか、と思ったわけですよ。
何でこんな力づよくどたばたとバッハを弾いているんだろう・・・・と。

そんなこともあり、バッハのレッスンは楽しみでした・笑
曲はシンフォニア10番です。

まず通して。う~ん、思っていたよりも弾けてました(どんなの想像してたかお分かりでしょうか・・・爆)笑
先生「自分ではどう思う?どこが出来ていないとか、そういうこと。」
娘「音がバタバタしていてうるさいです。」
先生「あとは?」
娘「3声に聞こえません。」

(私の心の声「あら、わかっていたのね・・・」)

まあ、お決まりですが、2声ずつ弾いてみたり、テーマとそれに絡んでいる声部を弾いてみたりしつつ、先生こんな発言を・・・
「やっぱり基礎は2声なんです。インベンションにアルトが入ってきたってことですから」
あったりまえのことおっしゃってるのですが、実はこの言葉、ひそかに目からうろこでした。
早く家に帰ってピアノを弾いてみたい!って思いましたよ。
2声にアルトが挟まってきたと思って弾いてみたいって!

で、先生、「シンフォニアに行き詰ったら、インベンションを弾いてみるといいよ」というご提案をくださいました。
しっかり2声の音楽を構築するところに立ち返って、さて、そこにアルトをどう加えるか、と考えると、意外と先行きが見えてくるということのようです。

がですね、きっと、娘は家に帰ってもインベンションは弾かないでしょうね。愚か者よ・・・

それは置いておいて・・・。
もうひとつこれは使える!と思ったアドバイスが、「バロックを弾く時は、5線からはみ出す高い音は少しギラギラさせるとバロックらしくなるよ。」とのこと。

そこで「教会行ったことある?」に始まり、ヨーロッパの教会の話をあれこれ。
そこから今度は「展覧会の絵」の話になりまして、最近先生この曲を生で聞かれたんだそうです。
「上手い人が弾くと、この曲は本当にギンギラギンの音なんだよ!」とおっしゃるのですよ。
昔の展覧会というと、回廊を通って見て歩いたんだそうです。
長い回廊をとおり、絵を見る、そしてまた回廊を進み、また別の絵を見る。
その回廊も、というか、建物自体、絢爛豪華なんでしょうね。そして絵画もなんでしょうか!
とにかく、ギンギラギンなんですって、「展覧会の絵」は・・・。
生でお聞きになった演奏はとてもすばらしくて、まるでご自身が回廊を歩いて、絵の前に立っているかのようだった、とおっしゃってました。

話は戻りまして、先生のイメージでは・・・
ソプラノ(特に5線を越える音)は天上、ステンドグラスやらなにやらでキラキラなんです。
そして5線の中の音は調度品?これは人が使うでしょ?使うことを目的に作られたものたちですよね。
そして、バス、低い音は床です。毛足の長いどっしりとした絨毯なのか、大理石なのか・・・。

なんとも不思議なイメージでした。
特に調度品って言うのが、ちょっとピンと来なくて・汗
でも、使うことを目的に・・・っていうのはちょっと分かるような・・・?
落ち着いた感じ、実用性ってことなんでしょうかね・汗?

まあ、そんな話をあれやこれや伺って、もう一度弾いてみると、横で先生が
「ほら、5線越えた音だよ」とか「5線の中に戻ってきたよ」とか言ってくれるんですけど、
なるほど、ソプラノが5線の中に戻ってくると、落ち着くんですね。
そんな風に捕らえたことが一度もなかったので、面白いな~と感じました。

あれよあれよと時間が過ぎ、レッスン終了。
「バッハ、面白いね~!来週もバッハやろうね!来週はベトベンもやろう、バランスよく」と先生。

そして帰り際
なぜか英語の話になりまして。
娘が「英語が苦手」というと、先生「英語が出来ないとどこにもいけないじゃん。おそらく進学するならどの分野に進むとしても入試に英語はつきものじゃないの?」と。
で、どうして英語が苦手なのか・・・というのを突き詰めていくと、譜読みが苦手なのととてもよく状況が似ているんですよね。
英語はまずある程度の単語を覚えていないと読み進めることが出来ません。
知らない単語がいっぱい入っている文章は意味が分からないですよね。
譜読みも、ぱっと見て音型が瞬時に頭に入ると音などで出しの1音だけ読めば済むのです。
和音にしても、その和音を形として知っていれば、音など読まなくてもぱっと手が行きますよね。
小さな単位ですけれど、それをどれだけ知識(経験)として持っているか。
もちろん、たくさん持っているほうがスムーズに先に進めるというわけけです。
その上で、決まりごとを理解していけば、だいたいの困難には立ち向かえるんだと思います。

じゃあ、譜読みも英語も苦手な長女には、何が足りないんだろう・・・という話になり。
「覚悟じゃないの?」ということになりました。
「苦手だから~~~」と諦めたり、逃げたり・・・
そうではなくて、なんとしても克服してやるぞ!という覚悟を持って、ある程度の数をこなす覚悟が必要なんだと思います。

「譜読みを克服したらさ、きっと英語も克服できるよ!!まずはピアノからがんばってみたら?爆」と先生。
「じゃあ、楽譜に英単語も書き込んで、一緒に覚えたら?」と私・爆

うだうだと長話をして別れ際先生が「こんなこと長々と話してる時間あったらピアノを弾けって話だよね」と言って、みんなで大笑いしました。

案の定、帰ってきてもピアノを弾かない長女。
私はさっき、シンフォニアを弾いてみたのですが、5線を超えた音をギラギラにするというのは、なかなか難しいものでした。でも、5線上に戻った時に「戻ってきたな~」って思えるようになりまして、そのゾーンの響を味わえるようにはなった気がします。

バッハ、楽しいです!!
[PR]
by ina-kibi | 2014-05-20 01:11 | ピアノ | Comments(5)

二夜明けて・・・

さてさて、外に出してから36時間くらい経ったのでしょうが・・・・爆
2晩目の昨夜は、夕食後の散歩のあと小屋の中に入れて戸を閉めました。
今朝4時半くらいに窓からそーっと偵察したら、小屋の中で眠ってました!
私も安心して二度寝に突入。
朝6時に起床して、私の部屋のカーテンを開けたら気づかれて「だしてくれ~~!!」と・・・。
小屋の戸をあけて外に出しました。
つながれているので遠くにはいけませんが、あちこち探索しておりました!

今朝はとてもよいお天気で、気温もそこそこあるので快適なのでしょうか。
とても落ち着いて見えますし、慣れてきた感が見えてきました・笑
この調子できっと外での暮らしに適応するだろうな~と、家族そろって胸をなでおろした朝でした。

家の中は、今までリビングのソファーのすぐ横に犬のサークルを置いていたので、先ほどそれを撤去しました!広々してすっきり!!
家事をしながらいつも犬に色々語りかけていたので、寂しいんですけれど、その分外でタンポポやスギナとかと格闘しながらまた犬に話を聞いてもらいます!
それほど人通りの多いとおりではないのですが、それでもペットをつれて散歩する方や、ベビーカーを押して散歩する方、バス停へ急ぐ学生さん、そして宅急便の大きな車や乗用車も通りますから、それらを不思議そうに眺めて小首をかしげている様子は、とてもほほえましいです。

最初はネギの上にばかり座っていたのですが(笑)、もうネギには座らなくなり、物置や自分の小屋の横で手足を伸ばして寝そべったりしています。
少しずつ、居心地のよい場所をみつけていくんですね~。 
ネギはなんだったんだろう・・・・爆

初めての雨が降るとまた心配ですが、とりあえず今日はいい天気!
安心して仕事にいけそうで、よかったです~♪
[PR]
by ina-kibi | 2014-05-19 08:28 | その他 | Comments(0)

一夜明けて・・・

夕べはそわそわと落ち着かずなかなか眠れず、今朝も4時くらいから起きて外を偵察しておりました。

愛犬はついに夕べは小屋に入らず・・・・
物置の横に座ったり寝そべったり、ネギの上に座ったり伏せしたり、少し歩き回ったり。
それでも、「家に入れてくれ~!」と吠えたりせずに、おとなしくしていたのには感心しました。
おかげで私達人間も情負けせず、見守ることが出来ました。

早朝窓越しにそおっと様子を見てみると、伏せの格好でうとうとしていましたが、気配に気づいてこちらを見てく~んく~んと・涙
朝ごはんは小屋の中に入れて、入り口と反対側の窓(?)から肉気なものをちょっとずつ入れてやると、小屋の中に入り餌を食べ始めました。
夕べもこうしてあげればよかったね・・・、気が回らなかったわ~・涙
 
その後夫が食パンで釣って小屋の中に入れて、入り口のドアを閉めて、しばらく小屋の中で過ごしたようです。先ほどまたドアを開けてやって、今は庭に出てお座りしています。

こんな感じで、少しずつ小屋にもなれて、自分から入れるようになるといいな~と思います。

この記事を「ああそういえば、最初はそうだったな~」なんて懐かしく読める日が来るといいな~と思っています・笑

がんばれ、わんこ!!
[PR]
by ina-kibi | 2014-05-18 13:40 | その他 | Comments(0)

タンポポと格闘

本日は7時半から勤務でした・涙
早起きして、強風の中でしたが強引に洗濯物を外に干して仕事に出かけました。
帰ってきて洗濯物がどこかへ旅立っていたらどうしよう・・・と心配だったのですが、皆竿に居てくれました!

そして、午後からは犬小屋作りと芝生のタンポポ抜きを頑張りました!
と言っても、犬小屋のほうは夫がほぼ一人で・・・・
その周りでタンポポを抜きまくっていたのが私でした。

タンポポの根ってどうしてあんなに深いんでしょう・・・・嘆
そして、同じくスギナも地下深くまで根を伸ばす・・・嘆嘆
途中で根が切れてしまったものがほとんどだけど、頑張って抜きました!!
続きはまた明日です・涙

そして、我が家の愛犬がついに外へ!!!
新築の小屋の中には、今まで愛犬が家の中で使っていた愛着たっぷりのクッションを入れて、その上に大好きな食パンの耳を置いておきました。
すると、恐る恐る小屋に入り食パン食べてすぐ出てきました・爆
その後もずーーーっと小屋の外に居ます。
畑のネギに腰を下ろするものだから、ネギがあらかた倒れてしまいました。
餌を小屋に入れてきたけど、食べません!!!
外はもう暗くなりましたが、まだ小屋の外でお座りしています。
さて、このあとどういう展開になるのやら・・・。

そんなこんなで暮れて行く一日でした。
[PR]
by ina-kibi | 2014-05-17 19:20 | その他 | Comments(0)

ベトソナ レッスン

連休中お休みだったので、2週間ぶりの娘のレッスンでした。
今日は10分遅れで見学開始!でした。
でもって、ボイスレコーダーを持ち込んでレッスンを録音してきました。
家に帰って娘に「これ聞いて練習したらいいよ。」と言って渡しました。

さて、私が入室した時、ツェルニー9番を弾いていました。
「ずいぶん楽譜を見ながら弾けるようになったね~!」と・・・
そうです、視覚より聴覚頼りで音を覚え、覚えて弾く、という恐ろしいタイプだったのです。
小さい頃はそれでもよかったのですが、だんだん曲が複雑になり、長くなり・・・・
とてもじゃないけど覚えて弾くなんて無理無理・・・ってなって、
「このままでは大変なことになる><」と、娘も先生も青くなったのでした。
あまり練習も出来ず、楽譜ガン見で演奏しているだけなのに、褒められてしまいました・爆

で、肝心の9番の演奏は・・・・
一応音間違えもなく、突っかかることもなく、そこそこの強弱をつけて・・・
という感じの、特によくもなく、かと言ってそんなに悪くもなく、という感じの演奏でしたが(苦笑)、4ページ体力は持ったようです。
「この曲はこれでいいです!」と言うわけで、次行くそうです。
マジか・・・・汗

次は11番だそうで・・・
前に先生「10番」やろうとしてたのに、今度はあえて「10」を飛ばすのですね。
ほんとにおもしろすぎです。
今度は2ページですね。
1週間でサックリ譜読みできるといいな~(そこか)♪

で、今週はバッハは声がかからず、「ベートーベン!」とのことで始まりましたベトベン。
娘が家で練習しているのを聞いていて、ヘボヘボなんだけど、自分のよりずっとましだな・・・って思い、落ち込んでいた私でした。
娘のベトソナは「なんにもない」んですが、それよりもよくない私のベトソナは「腰が抜けている」んです。
何にもなくても健康な分、娘に軍配が上がります。

ベトソナ 本日のレッスン

まずは「2拍子の拍感」
娘のは4拍子なんですよね・・・(自分もです・反省)
これは、テンポがもう少し上がらないと2拍子難しいんですが、
それでもちゃんと意図して弾かないとダメですよね。
特に拍子感を出すのが難しい箇所というのがいくつかあって
その部分練習をしてくれました。
キーとなる音をちゃんと聞くことですね。
流さないことです、ほんとに難しいです。
でもこの曲、きっちり2拍子で弾けると、かなり前に進む感がアップします!

次に「新しいものが出てくるまえにお膳立て」
単純な伴奏型ののちに、突然シンコペーションが出てくるとか、
単旋律のメロディーから三声のハーモニーに変わるとか、
そういう変化を効果的に聞かせるための準備というのでしょうか。
言葉にすると、なかなか上手くつたえられませんね・涙

次は「音程差を歌う」
たとえば音程がだんだん下がっていくメロディーがあって、
最初は半音、次は順次進行、その次が3度、という音の並びになっている場合、
それぞれの音程差を、半音は半音らしく、3度は3度らしく歌うこと、だそうで・・・
これもまた、そのことをまず理解していないと、という部分からですが。
でもこれ、とっても効果ありました。
変化が聞いていてわかりました。
私もやってみようっと!
こういうこと、そういえば何度も教わっているはずなんですよね・・・・
どうしてこうも忘れてしまうんでしょう・・・涙

その他、細かいアドバイスも多々ありましたが、
ザックリこんな感じでした。
前回までに比べると、いくらかレッスンらしくなり、
見ていても面白くなってきました。
どうか先生がこの曲に飽きませんように・・・・・爆

来週はシンフォニア、是非見てもらって欲しいな~。
私もこの曲(10番)練習しています。
アルトの音を最後まで聞きながら弾くことができるように、というのが今の私の目標です。
バッハはしばらく弾いていなかったのですが、そうすると耳がなかなか3声に対応できなくてズタズタでした。
譜読みを始めたノクターン16は右手のメロディーが2声で掛け合いになっているところが多いので、シンフォニアの解凍が何かよいヒントになればな~という思いもあります。
あと1週間、地道に頑張ってみます。

と言うわけで、ベトソナは娘に任せて・・・(私、挫折間近。でも明日は弾いてみよう!)

来週のレッスンも楽しみです♪
[PR]
by ina-kibi | 2014-05-12 23:04 | ピアノ | Comments(6)

カレー

昨日はかなり長い時間、庭の芝生のタンポポ抜きに精を出しておりました。
タンポポの根って、恐ろしく深くまっすぐ下に伸びてます。
タンポポの花は可愛いけれど、放って置くとあっという間に綿毛が飛び散って、芝生がタンポポ畑になってしまいます。今シーズンは少しまじめに頑張ろうと思って、先手必勝で数の少ない今のうちに、と頑張ったのでした。

すると、夕方疲れが・・・・(嘆)
長女の部活終わりにあわせて迎えに行って、帰ってきたら親子そろって夕方寝を始めてしまいました。
ふと目覚めて時計を見ると、もう5時半過ぎている・・・・、あちゃ~~・汗
夕食の支度・・・と思ってリビングに行くと、あら?なんかいいにおい??
なんとなんと、二女がカレーを作ってくれたんだそうです!!
もう、炊飯器のスイッチも入っているみたいで、ご飯の炊けるにおいもします!
どうもどうもありがとう!

思いがけず夕方に余裕が出来たので、一人でスーパーに買出しに!
帰ってきたら今度は二女がフライパンで「ナン」を焼いています!!
そういえば去年の夏、無印のナンミックスを買って、そのままでした・・・。

夕べは、カレー&ナンと、カレー&ライス、両方楽しみました。
おいしかったです~。

そんな二女は明日から修学旅行で関東へ乗り込みます・爆
昨日のよい行いが、楽しい旅行へ導いてくれますように~♪
[PR]
by ina-kibi | 2014-05-12 09:20 | その他 | Comments(0)

木造・平屋・一戸建て

本日も、朝から空が晴れ渡った最高の休日!
早起きして、抹茶のシフォンケーキを1台焼きました。
長女を部活に送って行きがてら、実家の母にケーキを届けてきました。
「あら~、ちょうどよかった!今日はお客さんがみえるのよ。みんなでいただくわ♪」と喜んでくれました。
お客さんもいいんだけど、お父さんにもちゃんと食べさせてあげてよね、と念を押して帰ってきました。
洗濯機を2回まわし、新しい物干し竿に干しまくりました!

そして、我が家の懸案事項である「犬小屋」についてあれこれ考えるのでした。
今は家の中で暮らしている愛犬なのですが、縄張り意識が強く、家族以外には全くなつかない、日本犬(おそらく北海道犬の血が濃い雑種と思われる)なので、なかなか大変なのですよ。

お天気のいい日には日中外につなぐのですが、そうすると来客者にもあまり吠えず、近づく人にはしっぽを振って愛嬌を振りまくことすらあるんです。
外面はそこそこよいのです・爆

そんなこんなで、「この冬が終わって温かくなったら、外で暮らしてもらう方向で・・・」と家族でも話し合っていたのです。
ここ数日で気温もかなり上がってきて、桜も咲いて、犬の引越しにはよい季節?ということで、そろそろ準備を・・・という運びになりました。

犬小屋、手作りする?それとも、既製品を買う?どんな形、大きさがいいんだろう?
と、あれこれ悩み・・・ネットでも色々見ていたら、こんなステキなの発見!!

b0141377_11422426.jpg


おしゃれですよね~。この中にいる犬がまた可愛いこと♪
こういう樽、どこに行ったらあるんだろう~~~・笑

でもって、現実問題として、我が家は犬小屋のキット(?)を買って、家族で組み立てよう!ということになりました。
こんなのです ↓

b0141377_1144417.jpg


さて、来週末は犬小屋作り、そして、愛犬の引越しです。
新築だよ、すごいな~。でもきっと、家から出されてしょんぼりだろうな~・涙
人間の方がしょんぼりかもしれませんけど・・・笑
[PR]
by ina-kibi | 2014-05-11 11:43 | その他 | Comments(2)

洗濯

家事の中で一番好きなのは、おそらく洗濯だと思います。
お天気のいい日に、朝から何度も洗濯機を回して、
外の物干し竿いっぱいに干した洗濯物を見ていると
爽快感が湧いてきます。

でも・・・・
取り込んだ洗濯物をたたんで、分けて、片付ける・・・
という仕事は、嫌いです・・・><
おまけにアイロンがけはもっと嫌いです~

今日は、見事な洗濯日和だったんですよ!

朝食前に洗濯機のスイッチを入れ1回目の洗濯をし、
Tシャツやエプロン、ジャージなどが乾く頃を見計らって2回目の洗濯をして・・・
午後2時くらいにはぜ~んぶからっと乾いて取り込むことが出来ました!

外の物干し竿は2本しかなくて、こうやって時間差で干さなければならないのがちょっと不便だな~と思っていたんです。
そこで、ホームセンターに行って、物干し竿を2本購入!
おまけにミニトマトとシソの苗を買ってきました。

明日もお天気がいいようなので、3本の竿をフルに使って、あれもこれも洗濯をして、
洗濯物が風にたなびくのをうっとり横目に見ながら、野菜の苗を植えようと思います!
[PR]
by ina-kibi | 2014-05-10 20:12 | その他 | Comments(0)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る