<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

選曲、選曲♪♪

娘のピアノの課題を私も譜読みしよう!って思ってたんですが、実際取り掛かってみるとツェルニー以外あまり燃えなくてですね・・・汗
ラヴェルは曲には燃えるんだけど、弾けるとは思えないので早々に白旗揚げようかな、って感じなんですけど・・・涙
プレリュードやめていきなりメヌエットから始めるというのもありかなぁ・・・。
とか考えながらも、とりかからずにおります。
バッハも21番時間をかけて譜読みするなら、13番をもっとちゃんと弾けるようにしたいかな・・・と思い始め、でも取り掛かっておらず・・・。
そんなわけで今日はツェルニーだけちびちび弾きながら、あれこれ引っ張り出してきて選曲をし始めてしまいました!

今日弾いてみたのがグリーグの叙情小曲集2。
楽譜をぱらぱらとめくっていてなんとなくタイトルが目に留まった曲を弾いていったのですが・・・
まずは「フランス風セレナーデ」という曲。
初見で通した感じで、好きかも!!と思ったのですが、実際はどんな曲なんでしょうね・・・(実際・・・って・爆)。
そしてその次の曲を流れで弾いてみたんです、曲名は「小川」です。
こちらはちょっと厄介な部分をすっ飛ばしながら最後まで行ってみたのですが和声が面白そうな、そうでもなさそうな?
う~~~ん。どっちなんだ!?
それから、一度弾いてみたいな~と思いつつも手をつけたことがなかった「トロルドハウゲンの婚礼の日」も弾いてみました!
楽しい!!だけど、この曲が秘めているエネルギーのようなものが、今の自分にはないような・・・。
もう少しおとなしい曲が弾きたい気分。こういう気分は今日限定だったりして?
どうする自分・・・?
フォーレなんてどうだろう?でも本を持っていないんでした・・・涙

まずは明日また別の本を弾き散らかして見ましょうか。
早く決めないと、年末年始の休暇が始まってしまいます~~~~汗汗


[PR]
by ina-kibi | 2014-12-24 00:26 | ピアノ | Comments(4)

ようやく年末の気配・・・・

週末、娘のピアノ教室の発表会が無事終わりました!
これでようやく、年賀状やらクリスマスやら年越しやらに気持ちが向けられる~~・笑

実は、前日先生の前で1回通して弾くために教室に行った様なのですが、そのときに珍しくハイドンは褒められ、逆にフォーレが崩壊したとのこと・・・。
私は仕事だったのでその様子は見ていないのですが、その夜も家で練習しているのを聞いていてもフォーレがまったくだめ・・・・><
この曲の肝ともいえる出だしから続く旋律で右から左に受け渡すところでことごとくミス。
さすがにかける言葉もなく、ピアノの話題すら避けてしまう雰囲気。
当日朝も弾けども弾けどもうまくいかない様子。
もうしょうがない、なるようになる!というか、なるようにしかならないさ!!
という声すらもかけられず、心の中で開き直る母でした・笑

本番。まずは連弾の出番が先でしたが、こちらは落ち着いてまずまずの演奏。
かなりの間があって、ソロの順番が近づいてきました。
娘の前が中学生のお嬢さんなのですが、このお嬢さんが恐ろしく緊張してらっしゃる!!
客席からも手の震えがみてとれるほど・涙
「ファイト!ファイト!!!」と心の中で叫び続けましたよ。
やはり、体が硬くなってしまっているようで、おと抜けも目立ち、思うように音楽を作れなかった様子。
リハーサルのときはのびのびととっても美しい演奏でしたのに、緊張のかべは高かったようです。
そんな様子をみてしまった私。
次は娘です。心臓が止まりそうですよもう~~・涙

ハイドン、犯罪でも犯したのかい?というくらい、あわてて走りぬけた印象・爆
途中、意外なところで音をはずしたりもありましたが、それでも、音楽をとめずに走りきったのには、何か気合が感じられました・笑

次、フォーレ。もう、冒頭がスランプ真っ只中ですからね・・・。
ところがところが!!!すいすいと進みました。よれったり抜けたりはそりゃあありましたけれど(威張ってどうする)、こちらも崩壊せずに最後までたどり着きました・・・・???
と思った、最後の最後のアルペジオで、なんと、余計な音を引っ掛け、妙な不協和音が会場内にぼわ~~んと・・・。
きっと、ほっとしたんじゃないでしょうかね・爆爆

やろうと思っていたことが何にもできなかった演奏かもしれません。
硬かったかもしれない。落ち着きがなかったかもしれない。
ミスもあった。終わりよければすべてよしの、終わりが悪かったかもしれない。
でも、すべて含めてとてもよかったです!!
自分の娘ですもの。満足ですとも!!!
 
さて、これに燃え尽きることなく、つ今日からまたスタートです!
(おそらくしばらくピアノを触らないのでは・・・という悪い予感がするのは私だけ?)

応援してくださったブロ友の皆様、ありがとうございました♪

[PR]
by ina-kibi | 2014-12-22 11:34 | Comments(4)

ピアノ熱、少々上昇

今週の娘のレッスンで、発表会後の曲を決めました。
先生からの注文で、バッハは平均律1巻21番を。それと古典1曲(未定)。
続けているツェルニー40番の続き。
そして本人の希望で、ラヴェルのクープランの墓。
クープランは「いいわね~、やりましょう!!」と、珍しくあっさり受け入れられました・笑
私はクープランの中でもメヌエットが大好き!!ぜひメヌエットも弾いてほしいな~~♪

この秋は、ピアノに没頭する感じではなく、通りすがりにちょっと弾いてみる、程度で終わってしまったので、年末年始休みからまたじっくり弾き始められたらいいな~と思っています。
娘の新曲も決まり、あれこれ譜読みをしてみたくなってきましたし。
平均律21番は弾いたことがないので、私も取り組んでみようかな~と。
即挫折しそうですが・・・苦笑

こんな感じで、少し自分のピアノ熱が上がってきている今日この頃です。
体調見ながら、ぼちぼち始めま~す♪

[PR]
by ina-kibi | 2014-12-19 08:04 | Comments(5)

嵐の夜に・・・

昨日は大荒れの天気予報で、小中学校は臨時休校。
高校は通常通りで、私の仕事も通常通り。
でもやっぱり、午後からだんだん荒れてきて、夕方にはものすごい暴風雨になりました。
夜になってもおさまらず、外にいる犬が心配になり、半年振りに家に入れることになりました!
せっかくだからお風呂で体をきれいに洗って、室内で飼っていたときに使っていたサークルを組み立てて、その中で過ごしてもらうことにしました。

借りてきた猫?のように、とってもおとなしいんですよ・笑
まったく吠えないし・・・
サークルの横を通る度に家族になでてもらって、満足げです。

今朝は夕べの大荒れがうそのように、晴れ渡る青空!!
今日は小中、そして高校も休校です。
娘たちも家にいるし、お利口な犬にはもうしばらく室内でのんびりしてもらいましょうか♪

[PR]
by ina-kibi | 2014-12-17 10:12 | Comments(0)

楽しんでる?

発表会目前の娘のレッスン。
今週も見学してきました。

教室には2台のグランドピアノがあり、生徒は黒いYAMAHAのグランドを弾き、
先生は隣のKAWAIの木目のピアノ(こちらのほうが大きい!)を弾いてらっしゃるのですが、
なんとこの日のレッスン冒頭、「今日は大きいピアノで弾いて下さい。本番だと思って2曲続けて。」と・・・
私も娘も、先生のピアノは弾いたことがなかったのですが、いつも聞いていて「素敵な音!!」と思っていたのです。
さて、どんな風になるのかな~~??
 
結果・・・・大撃沈↓↓↓
ぱりっとつやと張りのある音は、ピアノの特徴ではなく、先生の技だったのですね・・・・涙
娘が弾くと、角のないまろやかな印象で、特にハイドンは古典らしい響きを引き出せないまま終わってしまいました。
はじめましてのピアノと、その場で仲良くなるのは難しい・・・
耳と頭を駆使して弾かないと・・・
そういうことを学べたのではないでしょうか。
発表会の会場のピアノは、教室で弾いているピアノに似ていて、
とくべつ特徴があるわけではないのですが(私も弾いたことがあるんです!)
でもやっぱり、戸惑いはあるはずですからね。
何事も、心構えというのは大事です!!

というわけで、最近の傾向は、フォーレはうなぎのぼり、ハイドンは下降の一路・・・。
本人曰く、ハイドンはあれこれ考えすぎて、慎重になりすぎるとのこと。
確実に・・・と思うあまり、テンポも慎重になり、軽快さを失いつつあります。
聞いていて思うのが「この人、この曲を弾いていて楽しいのかな?」ということ。
私は娘よりぜんぜん指が回りませんが、いんちきでも弾いていてめっちゃたのしんでるんですけど~~~・爆

すると先生がこんなことをおっしゃいました。
「フォーレは、好きで弾いてるな~、いい曲だな~って思ってくれているのが音を通して伝わってくるよ。そりゃあまだまだ改善の余地はあるけれど、でも、そういう思いの伝わる演奏は、ひとつの到達点だと思う。ハイドンはそれがないよね。間違ってないし、正しいよ。ちゃんとしているよ。でもなんにもない。そんな感じ。ステップでたくさんの人の演奏を聞くけれど(先生はアドバイザーされてます)上手だけど何にもない演奏と、つたないけれど何か思いの伝わる演奏とあって、どちらも立派だと思うけれど、私は何かが伝わってくる演奏が好きだな~~。きっと○○ちゃんもおなじでしょ?」と・・・。
こういうお話は、小さい頃から何度も聞かせてくださっています。
でもね~、楽しめといわれて楽しめるものではないのかも・・・ですね・・・笑
後数日ですが、何かをあきらめ、変わりに生き生きした何かを手に入れるのか、それともすべてを克服して自信を持って生き生き演奏するのか、今のままなのか・・・・、努力と時の運でしょうかね。

まずは、最大限の努力を、惜しまずに・・・・
それを成し遂げられることを、期待してみましょう!




[PR]
by ina-kibi | 2014-12-17 10:06 | Comments(0)

眠るのが怖い・・・

一日の中で一番幸せを感じる瞬間は、清潔な寝床に入った瞬間。
1,2分のうちに眠りに落ちて、朝までぐっすり・・・。
ずっとそんな生活が続いていました。
ここ2週間ほどで、あれよあれよと、両腕、両足、首と皮膚に炎症ができてしまい、
日々かゆみとの戦い。
仕事をしているときが一番かゆみを忘れられるのですが、それでもふと両手があいたときなど、
無意識のうちに腕をさすっていたり、足をつねっていたり・・・。
家に帰ってくるとほっとするのか、急激に全身がかゆくなります。

掻き崩すと、皮膚に傷がつくし、かゆみが痛みになってしまうし、
治りが遅くなるだろうし、いいことないのはわかるので、
なるべく触らないようにしようと思っているのですが、
衝動を制御できないときも、たまにあり・・・涙
その一番ひどい瞬間が、寝付いてから2時間ほど経ったころ。
おそらく、寝汗をかくんでしょうね。
その汗でかゆみが湧き上がり、目覚めてしまいます。
冷静に我慢しつつ、冷凍庫から保冷剤を出してきて、
かゆいところを冷やしたり、タオルを巻いて上からさすってみたり。
何とか直接つめを立てないように努力するのですが、
それがうまくいかない夜もあります。

そんなわけで、最近では眠るのが怖くなってきました。
また、幸せな気分で布団にもぐって朝までぐっすりの日々が戻ってくるといいな~♪

そんな、生きているだけで精一杯の日々の中、本日は娘の発表会のリハーサルでした。
納めるお金やら、提出するコメントやらあるものですから、重い気持ちを引きずりつつ同行しました。

ソロ、連弾と、順番がかなり離れていたため、結局1時から5時まで会場にいる羽目に・・・。
私は何も弾いてないのに、とっても疲れました・苦笑

娘は・・・というと、「緊張した~~~、弾いてるとき途中でやめて帰りたくなった~~」と・・・爆

連弾は、1週間しか練習してませんが、間違えずに弾けるようになってました・爆
さすがに高校生、たった1度や2度の合わせ練習しかしてないのに、ちゃんと形になってます。
高校生に見合ったテクニックが身についているかといわれると、ぜんぜん!!な娘ですが、こういう風に音楽を作ることができるようになっているのは見ていてとてもうれしかったですね~。

ソロのハイドンは、出だしの流れがちょっと悪いかな~という感じ。
ワンフレーズ終わる頃にはノッてくるのですがね・・・。
それが目下の最大の課題のようです。
36分音符やトリルも怪しいところたくさんありましたけどね・・・笑

フォーレは途中1,2回弾きなおしてしまったのが残念でしたが、
よくもまあ人前で(帰りたくはなったようだけど・笑)弾けるところまで持ってきたな~と。
これは、偶然の選曲ではありましたが、なかなかよい選曲だったのかもです。
もともとフランスものが大好きな娘にとって、歌いやすいのかもしれません。
先生、「最後がものたりないな~。もっといろいろできるじゃない?」と・・・。
そりゃそうですよ先生。最後までレッスンしてもらってないんですから・・・爆
というわけで、今週のレッスンでは最後の2ページをじっくり見てもらわなくてはです!!!

そして、ハイドンは年明けにもう一度弾くチャンスがあるようなないような・・・、
参加締め切りが迫っていて本人悩んでいたようなのですが、
今日のリハーサルを終えて、きっぱり「発表会で終わりにする!もっとほかの曲をどんどん弾いてみたいから。」と決断したようです。
うん、同感同感!!
さ~て、次は何を弾くのかな~~?
まだ発表会も終わってないのに、それが楽しみでならないのでした。

発表会まで、かゆみがなくなってるといいな~~。
そして、残り2週間充実した練習をして、ステージを楽しんでくれたらいいな~~と思います♪



[PR]
by ina-kibi | 2014-12-08 01:00 | Comments(4)

誕プレ

寒い寒い・・・、連日真冬の寒さです。
朝起きると、まずは犬の生存確認。
北海道犬の末えいであろうと獣医さんに言われた犬だけあって、寒さの中でも元気元気!!
雪の降っているときは、小屋の中でまあるくなっていますが、雪がやむと外に出てきて、鼻で雪を寄せ集めて遊んだりしています♪

中3の、テストの嵐も一段落。
残すは3学期早々の学年末と、入試本番のみとなりました。
部活もとっくに引退しているし、毎日結構な自由時間を持っている二女。
先日、お友達の誕生日プレゼントをせっせと作っていました。
ネットで、安い無地Tシャツとアイロンプリント用の用紙を仕入れ、なんと自作のオリジナルTシャツを作ったんです。
プリントされたキャラクターは、それぞれプレゼントするお友達が日ごろノートの隅などに落書きしているお友達オリジナルキャラ♪
それがとってもかわいいんですよ~。

そういえば小さいころから、折り紙やフェルト手芸など、もの作りに興味を持ってこつこつと楽しめる子でした~。
お友達の反応を二女に聞いてみると「喜んでくれた~♪」と、これまたうれしいですね~。

さて、そろそろ受験勉強、始めませんか??笑

[PR]
by ina-kibi | 2014-12-03 07:56 | Comments(0)

毒を吐きつつ・・・、ついて参ります

テストもようやく終わり、ピアノを弾き始めた娘。
週末は[特訓]という名の呼び出しを食らい、レッスン室へ・・・。
発表会の曲の進度がおくれてる生徒が呼び出され、個人レッスン(お月謝とは別料金)と伺っていたのですが、娘の携帯にLINE で送られてきた予定表を見るとなんだか年齢ごとにまとめられグループレッスン的な予感・・・。
行ってみると、予感的中。
1時間程度のわくに二、三人詰め込まれ、弾き合いのような?
レッスン自体はなく・・・。(ワンポイント的なのでお終いでした) 
30分どちらか1曲でも集中してみていただきたいと願っていた娘は落胆の様子。
娘も、フォーレはまだ1度しかレッスン受けてないという異例の事態ですが、なんともう一人の生徒さんはソロ曲のほうはまだ譜読みの途中のようで、「え~~、今弾くんですか?」とたじろいでらっしゃいました。
こちらの生徒さんはつい最近教室移ってこられた方で、発表会に出ることもきっとつい最近決まったのでしょうね。
譜読み状態の曲を人前で弾くっていうのはいやだったろうな・・・・。
きっと本番は素敵に弾かれるんだろうな~と想像させてくれるような演奏でしたけど、何もこの段階で弾き合いする必要はないと思いました。
娘にしたって、まだまだ人に聞いていただくということよりも、先生に教えていただくことがたっくさんあるので(だって1回しかレッスン受けてないし・笑)、それぞれ個別のレッスンのほうが有意義だったはず。
そして終わりころ次の生徒さんがみえて、こちらはぴかぴか演奏をしなければならない括りの生徒さんですが、桁違いの難曲を桁違いの完成度でババ~~ンと演奏!
その後に娘に「聞かせてもらったんだからあなたも弾かなきゃね」と振ってくる先生。おそろしや~~~・涙
娘は「もっと練習してから、また今度・・・」と逃げ切りましたけどね・笑
そして先生が「じゃ、連弾やりましょう!」と・・・。
それこそかな~り前に、これを二人に発表会で弾いてほしいと先生が楽譜を出してきて、初見の練習がてら弾いた曲があったんです。
学校のテストと自分のソロの曲にいっぱいいっぱいの状態で、娘は「これ、家で譜読みしてくるんですか?」とおろおろと質問をしてましたっけ。
すると先生「大丈夫。これはソルフェージュの時間に練習して本番に弾けるようにするから家ではやらなくていいから、ここにきたときには真剣にやって頂戴ね。」とおっしゃってましたっけ。
それ以来、ソルフェージュの時間にこの楽譜が出てきたことは一度もなく・・・・汗汗
それどころか、それ以降のソルフェージュは、平均律の譜読みをやったり、内容がぶっ飛んでいたようなんですけど。
そして本日いきなりその連弾登場です。
「え?やってないの?なんで???」って・・・・爆
「もうプログラムにも載ってるよ?ちゃんとやってきてよ~~~・怒」です・・・・涙
しかも、ソルフェを含む娘のレッスンは翌日です。
テスト明けで、必死にソロの曲も練習しているところですのに、お気の毒に・・・

ソルフェについても思うことが多々あり、しばらく中止してもらおうかと娘とも話していたのですが、連弾をその時間にやるとなると、この時期に申し出ることもできないかな・・・

さてと。

今年の発表会は、娘にとって、短い時間でどれだけできるか、という部分でのチャレンジだと割り切って挑戦してもらいたいし、私も割り切って応援しようと思います。
そしてもしピアノを続けるのならば(おそらく辞めませんね・・・)、発表会が終わったらすぐに、来年の発表会で娘が弾きたい曲を先生にお知らせし、どういうタイミングで進めていくかじっくり相談するように娘に勧めることにします。
発表会に参加できるのは多くてもあと2回ですからね(今年は終わったこととして・爆)。
高校生が挑戦したいと思う曲ですよ。へたくそだけど、幼稚園のころからずっと続けてきたピアノですよ。
数回のレッスンしか受けずにステージに上がるようなことにはならないように、自ら先生を動かさなくては・・・です!!
そして娘は「今後[特訓]に呼ばれても絶対行かない!!」と宣言しております・笑

こうして、週末は体に毒をためてしまい、ここでこんな風に毒を吐き・・・(すっきり!)
週があけてさっそく通常のレッスンを受けてまいりました。
送迎だけしてとっとと帰ってこようかと思っていたのですが、「確認したいことがあるので入ってきてね」とメールをいただいていて、結局いつものように見学してきました。

実は特訓の帰り道、車の中で娘と話していたんですよ。
一時期、娘のハイドン、なかなかよい輝きを放っているな~と思っていたことがあって
それは何でだったんだろう?って。
あれは、勢いで弾いていた時期で、いろんなことが確実にできるようになっているわけではないけど、まぐれ的にできることもあって、たまたま気持ちよく指が動いてうまくいっていたのかな・・・という結論に達したんです。
で、今はあれからもっと練習をしているのにどうしてこんな感じなのかな?と考えると、いろいろな部分において確実にできるように積み重ねてきているものがきっとまだ5合目、6合目程度なんだろうね・・・と。
これをどんどん積み重ねて、ちゃんと頂上まで上っていけば、まぐれではない勢いと輝きが出てくるのかな。
つまりは、練習あるのみ、だということ。

そして本日のレッスン。
ハイドンが、久方ぶりに、ハイドンらしく聞こえ、36分音符の一粒一粒につやのようなものが感じられました!
そうなると、先生も「ずいぶんよくなったわね~!」とまた一歩踏み込んだレッスンを展開されて・・・
まあ、フォーレに関しては実質2回目のレッスンでまだまだこれからなんですが・・・(この週末はリハーサルですけどね・爆)、でもよくまあ、がんばってるよな~と・笑
そんなわけで、充実したレッスンを見学でき、満足でした。

いろいろとストレスも付きまといますが、先生と作る音楽が好きだから、きっと娘は離れられませんよ。
親の私は、心のなかでこっそり毒づきながら、ストレスをためないように見守るのみです。



[PR]
by ina-kibi | 2014-12-01 23:41 | ピアノ | Comments(2)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る