<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

長い長い1週間

先週の土曜日、二女が熱を出しました。頭痛も併発。
風邪かな・・・、インフルエンザじゃなきゃいいな・・・
と思って見守っていたら、熱はあがったり下がったりで、
月曜の朝は微熱。
小児科を受信してインフルエンザの検査を受けましたが陰性。
風邪薬を処方されて帰宅。
微熱と頭痛が続きます。
たま=に熱は8度台になることも。
でも一晩続くことも無く、微熱に戻る・・・。
水曜の朝は平熱で、頭痛も無いとのことで登校!
帰宅後微熱。でも翌朝は平熱。
木曜日も登校。
帰宅後、今度は9度の熱が~~~!!
金曜の朝、再び受診。
インフルエンザの検査、またも陰性。

「2度風邪を引いたのなら問題ないんだけど、週末からずーっと調子が悪いとなると問題だな~」と先生。
血液検査。結果、良くない・・・。
もっと細かい血液検査。尿検査。結果、特に問題なし。
薬がうまく効いてないのかも・・・とのことで、薬を変えて一晩様子を見ることに。
薬が効き始めたのか、夜には平熱に。
夕べは早めに就寝。
今朝、受診のためたたき起こし検温。平熱!
受診し、血液検査。結果、昨日よりは白血球の数値がよくなった!とのこと。
しかし、炎症反応(?)はそれほど変わらず。
でもまあ、ようやく風邪と体が互角に戦えるようになったということでしょうかね!?
夕べから良く眠るんですよ。今も昼寝中。
戦っているんだと信じよう・・・笑

月曜日、もう一度受診してゴーサインが出れば登校できます。
ふ~~、長い長い一週間でした。

その間、長女は、冬休み明けの小テストの再試地獄に落ちてました。
再再試、とかも・・・汗
でも何とか乗り越えて、今日は朝から模試だそうです。お気の毒・・・。
そんな中でしたが、ピアノには2度通い、みっちりしごかれている様子。
最近は、娘が学校帰りに直行し、私はレッスン終わる時間に迎えに行くのでレッスンの様子がわかりませんが、ソルフェージュのレッスンのおしまいをほんのちょっと垣間見れた日がありました。
聴音も初見も、それをやるだけではなく、和声の把握までを目標にしているようです。
何調の何度、というように・・・。
これがなかなか難しいようで、先生もお好きでないらしく、切れかかりながら(笑)二人でがんばってました。
「あなた、早くこういうのすいすい出てくるようにがんばりなさいよ!そしたら先生教えなくて済むじゃない?」と・・・爆
最近の長女の変化は、言われなくても練習しているということ(小学生かい・・・笑)。
あと、和声や楽典の本も時間を見つけて読んでいるし。
興味の扉が少しずつ開いていく様子が、見ていて楽しいです。
なぜかこのタイミングで訪れる、来週2泊3日のスキー研修。
帰ってきたら、またもとのグーたらに戻っていませんように祈るばかりです。
そして二女も来週は元気に過ごせますように・・・。

[PR]
by ina-kibi | 2015-01-31 13:30 | その他 | Comments(0)

大荷物抱えてレッスンへ・・・

昨日は忙しい朝でした。
というのも、長女の学校があるスポーツのインターハイの当番校で、吹奏楽部がその開会式の音楽を担当!
というわけで、市の中央部にある市民ホールに朝集合だったんですよ。
前日に雪が降り、路面凍結で朝の渋滞に巻き込まれながらようやくホールまで送り届け、折り返し自宅へ向かったその瞬間、携帯がジーージーーーっと。
いやな予感しましたよ。何せ発信元は長女ですから。
「ローファー忘れた、どうしよう;;」ですと。
アイスバーンを緊張してもう一往復しました。
私の朝の優雅な時間が丸つぶれでした。

そして娘は夕方からピアノのレッスン。
私も夫も仕事で送迎できませんので、ホールからバスで先生のところへ向かいます。
仕事帰りに娘を迎えに行ったらば、なんとなんとホルンも自分で持ち帰りだったようで・・・
吹奏楽のユニフォーム着て(学校は制服無いので・・・)、ピアノの道具持って(ベトソナ、ラヴェルなど、本が分厚い~~)、ローファーも持って、バスでの移動、大変だったでしょうね。

私が着いたときにちょうどレッスンは終わったところでした。
先生が私に「春のステップに出るって言ってますけど、いいですよね?」と。
「この人、追い詰められないと練習しないから、ちょうどいいのよ!!」ですって・・・・爆

娘が好きなピアノのある市内のホールではなく、なぜか隣の市のホールでの参加になるとのことで(先生がそこのステーションを運営しているらしい)、娘は帰りの車で「せっかく出るなら市のホールがよかったのに~~~」と本音をポロリ。
参加区分?発展なんちゃらで、持ち時間8分だそうで、娘は平均律を弾くと宣言したらしく(先生、笑ってました)、「平均律と、この間発表会で弾いたフォーレでいいんじゃない?時間オーバーしたらそこで切られるけど、それでもいいじゃない?」とおっしゃっていて、それも実はおおいに不満だったようです。
確かに、せっかくステージで弾くのに、途中できられるって言うのは悲しいですよね。
まだ先のことだから、熱意を持って練習していればいくらでも娘の意見は取り入れてくださるはず!!
というわけで、夕べは久しぶりに熱心にラヴェルを練習してました。
平均律とクープランの墓のプレリュードなら、おそらく8分に収まるはずなんですって・・・笑
良い目標ができてよかったです!

平均律21番、あと3ヶ月もかけてじっくり教われるのなら、私も譜読みをしておけばよかった~~~><
今からでも間に合うかしら??

[PR]
by ina-kibi | 2015-01-22 08:03 | Comments(0)

ベートーベン、ソナタ6番

食わず嫌いはもったいない!
ついに着手しました、ベートーベンピアノソナタ第6番第1楽章。
昨日、娘は朝から部活で留守だったので、ピアノは弾き放題でした。
娘こそ、ベートーベンに恐ろしいほどの苦手意識を持っていて、
この曲が課題になってから1週間になるのにほとんど弾いていないんですが・・・。
手をつけてみると、意外と読みやすい曲だな~という印象。
ラヴェルの譜読みをしていたから余計にそう感じたのかもしれません。
そして、弾いてみるとじわじわと「いい曲だ~!!!」という実感もわいてきました。
sleepingさんがおっしゃっていた、「海」「船出」というキーワードが頭の中で輝き始めました!

ただ、1番のときに感じたのと同様、音は取れても形にならない感は漂っています・涙
曲に合ったテンポで弾くのも相当きつそう~~・涙
結局挫折しそうな予感ですが・・・それはそれでいいとして、チャレンジあるのみです!
まず、出だしが形になりません。スタッカートに、ペダル??
動画など参考にしてみましたが、どうやら音価は保つような・・・?
娘はハイドン同様、出だしで苦労しそうな予感。
まずは一日も早く譜読みをして、レッスンに持っていってもらいたい!!

少しずつ、ピアノを弾く時間も長くなってきて、うれしい今日この頃です!


[PR]
by ina-kibi | 2015-01-19 10:37 | Comments(2)

ソルフェージュレッスン、見学!

年末のお話。
発表会が終わって数日後、先生に親子そろって呼び出しを食らいました・・・笑
いろいろ話を伺って、結果、年明けからソルフェージュのレッスンを、
「お友達と一緒」⇒「一人で」
「週1回」⇒「複数回」
に変更しましょう、ということになったのでした。

でも、先生のことですから、年が明けたら忘れてらっしゃるかもね・・・と娘と話していたんです。
そのときは、黙っていようか・・・なんて・笑

ところが!!!先生、覚えてらっしゃいました(感涙)!!!
そんなわけで、本日、ソルフェ単独のレッスンでして、新年の挨拶がてら送っていき、娘一人のレッスンでもあったので「見学してもかまいませんか?」と先生に伺ったら「どうぞどうぞ~~!!」と言っていただけたので、見学してまいりました♪

まずは聴音

和音、って言うのかな、和声?っていうの??
バス、テナー、アルト、ソプラノの4音の和音です。
調性を告げられ、2/2拍子で2分音符の和音を8小節、ノートに書き取ります。
1問につき、4回弾いてくれたかな?
これを3問

聞いていて思ったこと
・先生、和音弾くの上手すぎ~~~(キュンキュン)
 ソプラノだけピンと張ったなんともいえない響き
 コード進行に合わせて強弱や音色も微妙に変えて、とてもストーリー性があり、美しい!
・娘、よく音取れるね~、すげ~~~

次は2声
右手も左手も、旋律ですね。バッハみたい!
1問目は、拍子、調整、小節数(全部8小節でしたが・・・)を告げられ 、
まずは1回通して、次に前半のみ何回(2,3回かな?)、また1回通して、今度は後半のみ何回か、最後に1回通し、それを聞きながらノートに書き取ります。
2問目からは、拍子と調整とは告げられず、「聞きながら自分で考えろ」とのこと・・・
全部で3問でした。

聞いてて思ったこと
・先生、結構間違えますよ!だって、これ、初見できっちり弾くの難しそうです~~><
・でも、これなら何とか、私でも半分くらいは聞き取れそう!!

最後は旋律聴音?だったかな?
単旋律でしたね。こちらも調整、拍子、告げられず、考えろ・・・と。
・これはまったくのお手上げです。
 拍子すらわかりませんでした。いったい自分の音楽力って・・・・滝汗
・娘、なんでできるの?なんで?

次に、調性の勉強
関係調をさくさく言えないとだめなようですね・・・
そして、娘は「変イ長調!」などと答えていたのですが、「今週からドイツ音名で!」と指摘されてました。
調性の勉強の流れでピアノの前へ・・・
スケールを弾くことになり、黒鍵始まりのスケールの娘の指使いに先生フリーズ・爆
そうです!娘はいまだ、基本の指使いで弾ける調しか弾けないんです!!
これはまずいことになりました・・・・。
短調の旋律的、和声的音階もしっかり弾き分けられるように。

最後に初見演奏
これは、娘の不得意中の不得意!
英語とどっちが苦手?いい勝負?笑
しかも、難しいですね~~~、何調なのそれ?転調転調で先が読めない・・・涙
案の定、演奏はズタボロでした。
ここで、先生が鋭いご指摘を・・・
「あなたは楽譜を見てすぐに指でその音を押さえるというのはきっと苦手なんでしょう?
でも、耳がいいから、頭の中で音を鳴らすことはできるでしょ?
初見演奏のときも、まずそれをやればいいのよ!」と。
「来週から、そういう考え方で挑戦してごらん!」ですって~。
そこを上手く変換できる回路を開通させるまでが大変そうですね・・・汗
でも回路が出来れば、道が開けるかもですね!

・初見演奏だけは、娘に勝つ自信あります!!!爆

見学してよかったな~と思いました。
なぜなら、娘を見直したからです!
数学も、英語も苦手で、「どうしてこれがわかんないかな~~~」と親として思うこと数え切れず・・・
だったのですけれど、本日、娘にしてみれば私に対して「どうしてこれがわかんないかな~~~」という状況だったわけですよね。
なんか、目からうろこでした。
娘を尊敬しました。でも、何で?いつから?どうして?できるようになったの?
(もっと素朴な疑問、こんなすごい耳もってるのに、どうして自分の演奏には無頓着なんだろう・・・爆)

様子がわかったので、次の見学は半年後くらいでいいかな・・・笑

ところで、ピアノ演奏の練習
ソルフェージュ力のない私の方はといいますと、体調も徐々に回復方向へ向かっている兆しで、今日も出勤前にピアノが弾けました!
ラブェルのクープランの墓のプレリュードの譜読みをしていますが、どれくらいかかるのかな?と今日通して弾いて計ってみたらば6分10秒。
早速 you tubeでプロの演奏時間を調べてみると、なんと3分5秒とか3分10秒!
あら~、もうすでに2倍のところまで来ているの~??と小躍りしていましたところ、
私、リピートを省略しておりましたことが判明いたしました。
まだまだ、ってことですorz
耳のいい娘は、週明けから学校が始まるというのに宿題が片付いておらず、毎日部活の帰りに友達と宿題つぶしにいそしんで、集中力体力使い果たして帰ってくるため、ここ2,3日ほとんどピアノを触っておりません。
おい、こら~~~~・怒!


[PR]
by ina-kibi | 2015-01-16 22:22 | Comments(0)

効率重視?時にはダイナミックに?

昨日はピアノを弾きました!
ピアノを弾く=家事がほぼ片付いている&心と体に少しは余裕がある
というわけで、ピアノが弾けること自体うれしいですが、その状況がまた、やっぱりうれしいのでした。

指慣らしに、ハノンやツェルニーをやればいいのでしょうが、それだけで終わってしまうのも悲しいので、
限られた時間と体力、集中力から逆算し、平均律とクープランのプレリュードに絞って練習しました。

そして夜、娘が限られた時間(1時間半しかない!)をどのように使って練習するかと眺めていると・・・
ピアノ部屋に入ったかと思うとすぐに出てきて、PCを立ち上げる・・・
「ベートーベン6番ってどんな曲だか聞いてみる!」と始まった・・・。
「1時間半しかないんだから、まずは弾ける曲からとっとと練習してしまったら?」といらぬことを言ってしまった><
珍しく素直に「そうだね!」と戻っていき、スケールを終わらせるとまた出てきて、「ツェルニーも新曲だし、弾ける曲なかった~~爆」だそうです、はい・爆
結局その後、ツェルニーをよたよた弾いて、バッハはまじめに練習していたようですが、ベートーベンに入る前にタイムアップ。
実はベートーベンだけに1時間半使ってもよかったのかも・・・ですよね。
もう余計な口を挟むのは辞めよう、と思いました、反省反省。

先ほど、洗濯物を干していて、ふと思ったのですが・・・
我が家は室内の物干しに、さおが4本ついていて、そのほかに突っ張り棒が1本あって、それでもたりない時用に、高校生から愛用している(古っ・・・)折りたたみの物干しが一台あるんですよ。
これらに、いかに効率よく干していくかというのが日々の私の挑戦であり、その成果は達成感であり・・・笑
ピアノの練習も、似ているな~と、思ったのでした!
大物だけを長い竿にドカンドカンと干している姿も、実は好きなのでした♪

今日から中学校は3学期がスタートし、久しぶりにこの時間一人でいるのがとっても新鮮、リフレッシュ!!!
受験生がコタツに入って参考書にらんでる姿を見ているだけで、なんだか無言の圧力を感じてしまっていたのかもです。
夫も子供も、元気で留守が一番ですね(これ内緒!)笑


[PR]
by ina-kibi | 2015-01-14 10:02 | ピアノ | Comments(2)

お年賀を持たせて初レッスン

娘の今年初めてのレッスンも、無事終わりました。
体調不良のため、送迎はお父さん。
娘にお年賀のお菓子を持たせて「今年もよろしくお願いします」ってちゃんとご挨拶しなさいよ!!と送り出しましたが、果たしてきっちりご挨拶できたのかしら・・・汗

発表会が終わってからはや3週間以上が経過しているはず。
発表会終わりということもあり、冬休みということもあり、新曲の譜読みばかりでしがた、
進みはいかほどだったかと問えば・・・

「ツェルニー40-29は、『もっと拍感を出して、ハイもう1回』ってもう1回弾いて、『左手だけ私と一緒に』って、先生と一緒に左だけ弾いて、『じゃ、仕上げ!』って、いつものようにありえないテンポでカウントされて、奇跡的にそのテンポで弾けたのでまるもらった~~!!」
というわけで、次は40-30かな?アルペジオのようです。

平均律については語りもせず・・・
まだスタートラインに立っていないと見た!

「先生『ラヴェルやるんだっけ?』って言い出して、『やってもいいけど、古典もやろう!』って、ベートーベンの本持たされた~~。月光とどっちがいいって聞かれたからこっちって言って、6番やることになった!」ですと・・・
出たぞ出たぞ、新年早々、先生の危ないワールド・・・・汗
昨年も、何曲か手をつけたけど、どれ一つとして弾けるようにならず、レッスンも立ち消えに・・・涙
でもまあ、何でも必死に譜読みをすることはとてもいいこと!読むだけ読みたまえ~!!笑

「ツェルニーがんばって終わらせたら、ショパンのエチュードに入ろうって言われた~。『弾けなくてもいいからやるよ』って。」とも・・・

ちいさいころから、先生は娘たちに(一人早期に脱落してますが・・・笑)よくおっしゃってましたもん。
『バッハは平均律、エチュードはショパンを弾けるくらいまでがんばろう。それが目標!』って。
春になると高校2年生。
平均律はようやく噛り付いたところ。
何とか、先生と生徒の目標であるショパンのエチュード、手が届くといいな~♪♪






[PR]
by ina-kibi | 2015-01-12 22:16 | ピアノ | Comments(0)

気長に気長に・・・

辛い辛いかゆみとの戦いは続いていて・・・
12月から現在までに、二つの大きな山を越えた感じです。
今は二つ目の大きな山の下り坂をゆっくり下りている感じ。
でもきっともうすぐまた登るんだろうな・・・3つ目の山に・涙

数日前、炎症の2度目のピークで、夜中目が覚めて寝付けず・・・
そんなときは再びシャワーを浴びたりして、クールダウンし、仕切りなおして布団に入るのですが、
ようやく寝入った・・・と思ったらもう起きる時間だったりでがっかりなんです。

職場でも、体に不調が見つかり、検査入院などで長く休む仲間がいて、
その勤務時間のフォローを頼まれることが多く、いつもよりしんどい・・・
家でもしんどい・・・
八方ふさがり・涙
そんな、どんよりした気分で、いつもなら朝食のあとにはさくさくと家事に手をつけるのですが、
昨日は何にもせず、ぼーーーーっとこたつに入っていたんです。
でも、いつまでもこんな気分でいるのもどうなの??
やることやって、すっきりしよう!と洗濯機のスイッチを入れた瞬間、
そうだ!!と思い立ち、出勤までの時間がぎりぎりかもしれないけれど、
かかりつけのアレルギー科(←クリックで過去記事)へ行くことにしました!!
(今回悪さしている炎症の原因は持病から来ているもので、西洋医学的には別の科なんですよ・・・
でもそこの先生の話はどうも自分の考えと違っていて受け入れがたいのです・・・)

受付でカルテを出してもらって、そのときに「2年ぶりですね~、調子よかったんですね!!」と看護師さん(先生の奥様)に声をかけていただき、なんだかそれだけでこころがほっこり。
先生には1か月前からの様子を聞いていただき、一番炎症のひどい腕を見ていただき、夜が辛いという話も聞いていただき・・・
先生も、いつものようにたくさんたくさんお話をしてくださいました。

まずはぐっすり眠れるようにしよう!とおっしゃっていただいて、そのお薬を処方していただきまいました。
不安があると、眠りも浅くなり、眠りが浅いとかゆみを感じやすくなり、睡眠不足になると消化機能も低下し・・・と、悪循環にハマってしまっているのかも・・・。
そのほかに、かゆみを抑える薬とカサカサや体に熱がこもる体質を改善する漢方も・・・

アドバイスは、3食ほぼ米食だったのですが、そのうち1食をそばかうどんかパンに代えてみること。
お米は出来ればゆきひかりの玄米。麺類やパンも出来れば道産の小麦やそば粉のものを。
特にお米は一口最低30回、出来れば50回よーく噛んで食べること。
カフェインはとらないこと。
あんまり心配しないこと、症状に一喜一憂しない心の余裕を持つこと。
入浴は無理に長くとか短くとか考えないで、自分の体が気持ちのいい時間で切り上げること。
かゆいときは我慢ばかりせず掻いてもよい!掻き崩して出血するようではまずいけど・・・
運動量は以前と変わらないよう、よく動くこと。

薬局に寄って薬をもらって家に帰り、急いで洗濯物を干して、
早速うどんを食べて、何とかぎりぎり出勤時間に間に合いました。
この先生ご夫婦のお顔を拝見しただけで、なんだか半分治ったかの様な気持ちの軽さ・・・
自分でも笑っちゃうくらい、気分が明るくなりました。
でも、そんな簡単によくなるはずはないし、そうそう、気長に気長に・・・です。

昨日の夜は、お風呂に入って、薬を飲んで1時間後に布団に入りました。
久しぶりに朝までぐっすり眠れるのかも・・・と期待して・・・
実際は3時間後に目が覚め、やっぱり少しかゆかったのですが、気がついた次の瞬間はアラーム音が聞こえていたので、いつの間にか再び寝入ってそれから朝まではぐっすりだったようです!
小さな一歩ですがうれしい!
いつもは朝もかゆくて午前中にもシャワーに入るのですが、今朝はそれがいらなかった。
また小さな一歩。

今日は休日でしたが、うれしいことに昨年度一緒にお仕事をしていた仲間が11月に出産し、あかちゃんをつれて遊びに来てくれることになっていたので、お昼おそば作るから一緒に食べよう!とお誘いし、かも南蛮そばのかもを鶏もも肉に変えた温かいつけ汁をこしらえて、冷たいおそばを出しました。
ひじきとレンコンの炒め物、ふきの煮物、蒸しかぼちゃを小鉢にちょっとずつ。
とっても喜んで食べてくれて、これまたしあわせな気分になりました!
赤ちゃんもちっこくて、まだ5キロ!!いつまでも抱っこしていられる、軽い軽い~!
ずっと私の抱っこでねんねしてくれてました・笑

ピアノはなかなかゆっくり弾けないけれど、仕事もまた来週から修羅場だけれど、
でもでも、体と向き合って、丁寧に食事して(噛み噛み)、何とか元に戻りたいと思います♪

半年毎のピアノの調律の連絡が届いたけれど、ちょっと見通しが立たなくて今回は見送りました。
ピアノ自体の調子はいいけど、あの調律したてのピアノを弾く喜びは半年後までお預け・・・というのがちょっと残念。
でもまあ、その時に毎日ピアノを弾いている自分をイメージしつつ、がんばろうっと!
私が体と悪戦苦闘している間、娘のほうはちょっとずつですが毎日練習をしていて、
ツェルニーも平均律もラヴェルも、いつの間にかに通るようになり、いくらか曲らしくなってきました。
少しずつでも弾き続けること。これに尽きますね・・・。
あんな怠け者にビハインドな自分が残念でなりません・・・爆

[PR]
by ina-kibi | 2015-01-10 21:14 | その他 | Comments(4)

今年も弾くぞ~!

年末年始は予想以上に自分の時間がなくて、
お休みはうれしいけれど、これなら平日のほうがのんびりできるかも・・・と実感。

年が明けて2日3日くらいになって、ようやくピアノを弾く余裕が出てきました。
昨年は前半はよくピアノを弾いて楽しんでいたのですが、
後半は体調のことだったり、娘が切羽詰って練習していたりで、
なかなか自分のピアノは充実せず・涙
気がつくと、指もかなり鈍くなり、耳も・・・・

そんなわけで、まずは娘の課題でもあるツェルニー40-29を譜読みしていきました。
この曲、なんてことのない2ページの曲のようなのですが、なんでしょう・・・、微妙に予想を裏切る音の並びがあったりして、なかなか覚えられないんですよね。
娘も同じような感想を漏らしておりました。
数日弾いて、ようやくつかめてきた感じ?
これだけでもうおなかいっぱいで、もっとテンポを上げようとか、スケールをきれいに弾こうとか、なかなかそういう練習に意欲的になれずに停滞しております。

次に、バッハ平均律。娘は21番だったかな?宿題なのですが、私はちょっとかじった13番のフーガを復活させようと、こちらの練習を始めました。
指の都合で(柔軟性皆無・涙)どうしても旋律がブチっと切れてしまってはがっくりしている段階です。
それでもやはりバッハ!!練習していると、耳がいつもよりいい仕事をしてくれます。
気を抜くと、指だけで弾いている自分に気づくのですが、集中できているときは耳も頭もフル回転で「ああ、ピアノ弾いてるな~」という充実感がありますね~。
なかなかうまくはならないけれど、何かの練習にはなっていると信じよう!

そして、これまた娘が譜読みしているのを聞いていて謎が多い、ラヴェル クープランの墓 プレリュード。
あまりにゆっくりしか弾けないから、「本にこれであってるの??」と本人も謎のよう・爆
どれどれ~~??と私も弾いてみたら、すっかりハマってしまいまして、2日くらいこればかり弾いていたら、何とか最後まで通るようになりました。
でも、いまだに「これであってるの??」という部分は残っているんです。
練習を積んでテンポを上げないと、この???は解決されないのかも。
う~~~ん、速く弾ける気がまったくしないんですけどね・汗
だけど、こういう、自分が好きな憧れ曲を、どんなにゆっくりでも自分の指で音を出すことの楽しみは十分味わえましたね~。
名作ですね!!
次はメヌエットも弾いてみたい!!!

夕べはお正月休み最後の夜だったので、何か作ろう♪と思い立ち、羊毛フェルトでコースターを作りました。
娘たちに好きな色を選んでもらって、それぞれにリバーシブルのコースターを一つずつこしらえましたよ。
そして自分用にも・・・。これが一番うまくいったかも・爆
やっぱり、3個作ると3つ目にはいろいろ学習してうまくなるのですね・笑
そうそう、ピアノの話でした。
この羊毛フェルト細工に精を出している間、you tubeで偶然見つけた1990年のショパンコンクールを取り上げたテレビ番組を見ていました。
見応えがありましたね~。
1時間半くらいだったでしょうか。ずっと流しっぱなしで針をチクチクチクチク・・・。
去年練習したノクターン8番が課題曲の中の1曲だったようで、何度も流れてきて・・・
コースターが完成してから、どうしてもピアノが、ショパンが弾きたくなって、ピアノに向かいました。
ノクターン、今年も挑戦しようかな。
ショパンを弾こうとはまったく考えていなかったけど、やっぱり弾きたい!
そして、今なら、いやいや、今こそ、ショパンを弾こうじゃないの♪と、そういう気持ちが沸いてきました。

うまく弾けるようにならなくってもいいさ。
どんどん音符を自分の指で音楽にしてみたいと思います。

今年の冬もピアノ、たくさん弾こう!!



[PR]
by ina-kibi | 2015-01-05 09:46 | ピアノ | Comments(2)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る