<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

自分のピアノ

娘が、連弾をやっていると、ついついそちらに気持ちが向いて、自分のピアノはさっぱり…な今日この頃。
そのこと以外にも、いろいろとありまして、なかなか落ち着いた一日を過ごせずにおります。

そんな折、今日は突然仕事が休みになり、雨の中母と庭に花の苗を植えて(雨の日が一番いいんですって・・・笑)、気温も低いので風邪をひきそうで、お昼頃布団にもぐって昼寝をしてしまいました。
あ~あ、せっかくたくさんの時間があったのにな~。
でも、おかげで体もぽかぽかで、少しは「行動しよう!」という気持ちになり、
先ほど食料買い出しと、銀行回りをしてまいりました。

何かとお金がかかるんですよね~。
ボーナスが出るのを待って、かなり遅れて自動車税をようやく払うことができました。
そのほか、娘の修学旅行の費用や、二女も電子辞書もほしいっていうし(姉と共用させてたんだけど、無理ですよね…汗)、長女の自転車は壊れてるし・・・・
娘たちの学資も積み立てなければならないし・・・
夫がせっせと働いて運んできてくれたボーナスは、右から左へと消えていきます・涙

そうして、自分のことを考えると、やっぱり二人の娘が独立するまで、ピアノのレッスンは難しいのかな~と。
いやいや、月1でもいいじゃない?できないことはないのでは?
そんなことを考える前に、まずはピアノを弾きましょうよ!
などなど、心の中のいろんな声がワーワーうるさくてですね・・・・笑

私が四半世紀ぶりにレッスンを再開したのが、今の娘の先生のところでなんです。
小5の長女に連弾を勧めてくださって、「レッスン料がいっぱいいっぱいなので…」と正直にお話したら、「じゃあお母さんのレッスンを少し休んで娘さんに投資なさったら?」ときっぱり言われ、娘は2年間、ソロとデュオのレッスンを受けました。
中学に入ると、ソロのレッスンですら行けたり行けなかったりで、デュオはやめたのですが、その時期には子供にあれこれお金がかかるので自分のレッスンを再開という運びにはならなくて。
現在に至るわけです。

ですが、あの時の先生の「娘に投資」という発想は、もしかしたら正解だったのかも、と思います。
たら、れば、でいくと、私だってずっと習っていたらもう7,8年になるはずなので、今よりは指も動き、気持ちよく弾けるようになっていたかもしれませんが、根が真面目じゃないから、途中でやめてたかもしれませんしね。
娘は連弾があったから、今でもピアノを弾いているのかもしれません。

とはいえ・・・やっぱり自分もレッスン受けたいな~と思うんですよね~。(振出しに戻る)
仮に、また始めるとして、誰に習おうか?と考えると、これまた悩むんですよね~。
娘の先生の作る音楽は好きですが、もっと穏やかでのんびりなレッスンもいいな~とか。
まあ、いつ始められるか見当もつかないという状況下なので、気が済むまで悩んでいればいいのですけどね・・・笑

突然のお休み、雨降りの一日、こんなことを延々と考えて過ごしています・笑
明日から7月ですね~♪
[PR]
by ina-kibi | 2015-06-30 15:37 | ピアノ | Comments(0)

やっぱり、緊張しました。

先日、長女たちの連弾の本番を迎えました。
本人たちの希望で、きっと最後の(?)コンクールに参加することになったのです。
来年は受験生。
部活・学校祭ともに3年生としてのしめくくりで忙しくしているであろうこの時期。
今年、2年生だからこそ挑戦できる最後のチャンス、といえば、そうなのかも・・・と、
説得されて、参加を許可しました・笑
(私、コンクールって、苦手なので・・・・)

すそ野の広いこのコンクールは、やっぱり小学生の参加がダントツ多くて
連弾もその例にもれず、娘たちが挑戦したカテゴリーの出場者はあまり多くありませんでした。
「普通に事故なく弾ければ通過できるから、とにかく落ち着いて、いつも通りに!」と、先生。
なのに本人たちは「1位通過目指す!!」と、変に力んでいて親の心配を煽ってくれましたが・・・・
無事、思い通りの演奏ができたようで、結果、予選通過できました。

この季節、数ある課題曲の中からクリスマスソングを選ぶペアなんて、娘たち以外にいるのかな~
と思っていたら、なんと、ほかにもいらっしゃいましたよ・・・爆
いろんなテンポ、いろんな風合いの演奏がありましたが、どれもとてもよく考えられていて、1曲の演奏を通して一貫した何かが感じられる見事な演奏ばかりでした。
ああ、いろんなところで、いろんな組み合わせで(高校生のお兄さんと妹さんペアとか、ほほえましかった!)ピアノを楽しんでるんだな~と思うと、ピアノ好きとしては本当にうれしい思いがしました。

本人たちはあまり緊張しなかったと言ってますが、演奏を見守るこちら側はやっぱり心臓が止まるほどの緊張感に包まれてしまいました。
そんな中でも、私の席からは前の方の客席に座っている先生の後頭部が見えていたのですが、それが娘たちの演奏のリズムに合わせて大きく円を描いて揺れていて、ありがたい気持ちでいっぱいになりました。
先生、いつも本番の生徒の演奏を聴きながら、演奏者と同じ位置でブレスをなさいます。
一心同体みたいで、ジーンときます。
娘たちは、なかなかうまく乗れない時に、先生がレッスン室で歌いながら乗せてくれるものだから「先生本番も歌ってください!」なんて冗談言っていたんですが、まさに、先生の歌が聞こえてくるような、ノリノリの演奏でしたね~。
先生、幽体離脱して娘たちの隣に行って歌ってたのかもです・・・・爆

演奏が終わった瞬間、先生はくるりと振り向いて、ニッコリ笑顔で私に「OKサイン」を送ってくださいました。
ですが、演奏を終えた娘たちの顔を見て最初に口にされたのは
「厚みがたりない。ペダル濁ってた!!」という二つのダメだしだったようです・・・・爆

長いことピアノを習ってきた娘を金銭面で支え(爆)、横で見守ってきて、いろんな思いを抱えてきましたけれど、この年齢になって、先生とこのような心のつながりをもっていて、一緒に何かに挑戦する仲間にも恵まれて、こうしてステージのピアノで緊張感を味わいながらのびのびと演奏ができる今に、すべてつながっていたんだな・・・、と思うと、感慨深いものがありました。

とはいっても、まだ予選が終わっただけなんですけど・・・
決戦は1か月後。
今度は、実力以上の難曲に挑戦するため、本当の意味での自分達との戦いになると思います。
どのように自分に厳しく立ち向かっていくのか(いけるのかい?)、楽しみに見守ろうと思います。
[PR]
by ina-kibi | 2015-06-29 10:31 | ピアノ | Comments(2)

譜読み

頭の中に、もやもやと霧がかかっているときは、ピアノの譜読みをするに限ります。
練習中の曲をさらに深める練習をしようとしても、集中できないので成果が上がらないからです。
自分の場合、譜読みは意識が飛んでいてもできるので(本当はそういう譜読みはダメなんでしょうけど・・・汗)
目はひたすら楽譜を追って、指は鍵盤を探って、頭の中ではあれこれ考え事する、というスタイルなので、長時間取り組めます。
譜読みなので、それなりの成果はあります。

この週末、お尻が痛くなるほどピアノの前に座って譜読みしていたのが、シューベルト即興曲 Op.90-2
いつか弾いてみたいな~と思っていた曲です。
成果は・・・、ゆっくり、つっかえながら最後まで・・・という程度ですが、
もやもやした時間をやり過ごすことにはとても有効でした!

そして昨日、その霧が晴れました♪
長いこと悩んでいたことがあるのですが、よい進展がありました。
あきらめない、投げ出さない、そしてじっくりその時を待つ、大事なんだな・・・と改めてかみしめています。
そして、過去と今はつながっている。(当たり前ですが)
今回は過去の自分にも助けられた気がします。

さあ、霧も晴れたし、今日からなに弾こう・笑??
[PR]
by ina-kibi | 2015-06-23 06:21 | ピアノ | Comments(2)

ホールのピアノ

ホールでピアノを弾くのは格別の楽しみ。
ですが、その楽しさは通常、これまた格別の緊張との戦いと抱き合わせだったりします。
私が最後にソロでステージに立ったのは、今の長女と同じ年齢の高2の時でした。
あああ~~~あれから月日がどんどん過ぎ、娘がその年齢になるなんて、想像すらしなかったです。

最後のステージは市の〇化会館でした。
ピアノの感触は何一つ覚えていません。
ただ、一瞬ブラックホールに吸い込まれ、会場の空気を凍らせ、舞台袖の先生の心臓も一瞬止めてしまったかもしれません。
先生は、その一瞬に、手元の楽譜を持ってステージの私のところに行こうか行くまいかものすごい葛藤だったとのこと・・・。
そして、先生が決断する前に、再び流れ始めたんですが。
まあ、撃沈演奏が、ラスト演奏だったということだけは、しっかり覚えています。
記念すべきこの時の曲は、シューベルト即興曲Op.90-3です。
大好きな曲だけど、その後一度も本気で練習したことがないのは、トラウマのせいでしょうかね・・・。

先日、この会館のステージでピアノの練習ができるという企画に応募しました。
土日で、一人1時間の枠で料金は2000円。
申し込んできました!
こちらのピアノはヤマハのフルコンで、かな~~り古いんですね。
だからおそらく、私が高校生のころに弾いたものと同じなんだろうと思います。
娘はこのホールのピアノが大好きだといいます。
ちょっと高音の伸びが悪いけど・・・・(笑)。

この1時間、どう使おうか~?まあ、いろいろあるから後で考えようか、と、まず申し込んだわけですが、ちょうどそのホールの練習日の1週間後に本番を迎える連弾の練習に使いたいというので、今回は娘たちに譲ることにしました。

そして、もう一つ、〇民会館の大ホールでピアノが弾けるという企画があって、明日から申し込み受け付けが始まります。
こちらは、ステージに2台ピアノが並べてあって、どちらを弾いてもいいという企画です。
ヤマハとスタインウェイです。
2年前に、長女と一緒に夜な夜な弾きに行ったことがありますが、意外と響かなくて苦戦した記憶があります。
もし枠がとれたら、1時間のうち15分でもいいから私も弾きたいな~!と思っています。
できれば2台ピアノの曲を弾きたいんです。
2台のピアノが並んでおいてあるなんて言う状況、なかなかないですもん!
↓の記事にある、シューマン=ドビュッシーの曲を弾いてみたいな~。
多忙の娘に、私に付き合って譜読みしてくれる心の余裕とやさしさがあるだろうか・・・。
いや、もし無理なら、娘と連弾仲間ちゃんと二人で片手ずつ第1ピアノを弾いてくれてもいいや!!
何とかして、実現できたらいいな~と思います。
ささやかな、15分間の夢です。
[PR]
by ina-kibi | 2015-06-14 09:28 | ピアノ | Comments(2)

娘たちを振り切って

テスト期間は、夜遅くまで(朝早くまで?)一夜漬けの毎日で、朝はなかなか起きられない娘たち。
いつもは晴れていたら自転車で、雨ならお父さんの出勤の車の便乗して登校するのですが、こうなるとお父さんの車には間に合わず・・・
自転車で行くと、家に帰ってきたら疲れ果てて寝てしまう→勉強できない→赤点となってしまうから、自転車はやだ~と・・・。
で、バスは混むし、結構いいお値段で、二人で往復となると・・・・ね・汗
それで、特別「お母さんが送ってあげる!」と、ここ二日送っていったのです。
が、さすがに今日は、朝の往復40分が惜しくなって、「お父さんの車に間に合うように起きなさい!お母さんは今日は用事があるから送っていけないよ~」と大声で起こして、無事夫の車で登校できました。

今日はお菓子は作らない!と決めていて(笑)、早々に洗濯を済ませ、掃除機をかけ、水回りの掃除も済ませ、すっきりしたところでピアノを練習しました。

パルティータ、弾けば弾くほど難しさを感じると同時に、少しずつ見えてくるものがあって、ようやく「おもしろい!」という気持ちが芽生えてきました。
もう少し辛抱強く練習してみようと思います。

そして、夕食後、片付けも済ませて、またピアノを弾いておりました。
こちらは、ネットで楽譜をダウンロードし、譜読み!!

シューマン Op.56 カノン形式による6つの練習曲



以下、曲の解説コピーです。

「 シューマンの作品からの二台ピアノ用編曲。この曲が作曲される契機となった「ペダル・ピアノ」という楽器はピアノにオルガンのような足鍵盤を付けたもので、当時シューマンが教えていたライプチッヒ音楽院にオルガンの学生のために置かれていた。彼はこの楽器に強い興味をかきたてられ、1845年に自分のピアノにもペダル鍵盤を借りて備えつけた。若い頃からバッハの音楽に傾倒し、フーガや対位法の研究に熱心に取り組んでいた彼は、この新しい楽器のために、2つの声が終始語り合い紡ぎ合わされていくロマンティックで美しいカノンを作曲した。そして、その後1891年にこの曲を2台のピアノに割り振り、対話と調和の美しさを薫り高く表現したのが、巨匠ドビュッシーである。バッハを彷彿させる1番、やや愁いを帯びた陰影の彩が美しい2番、歌曲のような優美な旋律をもつ3番、ロマンティックな情感と心の動揺のコントラストをうまく表現した4番、メンデルスゾーンが非常に気に入っていたと言われる何処か物悲しいスケルツァンドの5番、4声のフーガをはさみ深く穏やかな情緒、敬虔さと慈愛に満ちた6番、の全6曲からなる。」

この、1曲目の楽譜をダウンロードし、第1ピアノ、第2ピアノ、どちらも弾いてみました!
ああ、これ、本当に2台のピアノで誰かと一緒に弾きたいよ~~~~、って、弾きながらずーっと思いました。
とりあえず、どっちも弾けるようにしておいて、何かの機会に先生にお相手してもらえたらいいな~と。
レッスン室は、グランド2台並んでいるので、可能です!!

お菓子ばっかり作ってないで、ピアノもいっぱい弾こう♪♪と思った夜でした・笑

〈追記〉第1、第2弾いてみて感じたこと
    私は、選べるのなら第2を弾きたいな~と思いました。
    カノン形式なので、追いかけっこなのですが、
    ピアノも(「も」って・笑)追われるより追う方が好きみたい・・・爆
    
[PR]
by ina-kibi | 2015-06-04 21:36 | ピアノ | Comments(2)

抑制ができない

本日も、出勤前にお菓子作りに精を出してしまいました・・・
掃除機かける時間なかった~~~汗

b0141377_22344510.jpg


抹茶シフォンケーキと、リベンジプリン!
数日前に蒸して作るプリンを作ってみたのですが、結果、伊達巻みたいな感じになっちゃって評判悪かったんですよね・・・
反省を踏まえて、今度はゼラチンで固めるタイプを作ってみました。
触感も滑らかで今度は美味しくできました♪

夜こそゆっくりピアノの練習を・・・と、眠気をこらえてピアノの前に。
バッハ弾きながら、本棚の一番下の段に目をやっていたら(集中力ゼロ)、
目に入ってしまったんですね、独身時代によく使っていたパン作りの本が・・・・・(危険すぎ!)
はい、それ引っ張り出して読みましたとも。
そのあと、台所に行ってパンを作りましたとも・爆!
夜なので簡単にできる発酵いらずのパンということで、

b0141377_2242066.jpg


オニオンベーコンブレッド~
かたちは悪いけど、手作りのものって愛せますね・笑
明日の朝まで娘たちが食べずにいてくれたら、朝食になります!
が、何せテスト期間中。夜食となって消えてしまうかもです><
ついでに、リング型でみかん缶入り牛乳寒天(ゼラチンですけどね・笑)も仕込んでおきました。

ほんと、やりだすと止まらなくて、小麦粉とたまご、牛乳の消費量が半端ないです・・・
明日は掃除とピアノをがんばらなくては~~~emoticon-0165-muscle.gif

それにしても、どうして写真がこんなにでかくなっちゃうんだろう~~・爆爆
[PR]
by ina-kibi | 2015-06-03 22:47 | その他 | Comments(0)

ハイフィンガーって・・・・?

ついに中間試験が始まった娘たち。
二女は試験期間中はバイトはお休みで、試験最終日から6日連続勤務だそう(今度はほかの高校の試験だとかで・・・、助け合いですね♪)。
長女は何を思ったか、前日のピアノレッスンはソルフェージュだけ受けてきて、試験初日の昨日はデュオのレッスンまで行ってきましたよ~・怖
で、45分のレッスンなので、月曜日は娘を下ろしたらドラッグストアとスーパーでちょこちょこ買いものしてちょうど45分ってところ。
レッスン終わって車に乗り込んだ娘は、「先生、ソルフェージュの講習会に行ってきたみたいで、今日のレッスンはすごく面白かったよ!来てよかった!!」とちょっと興奮気味でした。
それは何よりでした・・・・笑
先生、ベテランの域に達しても勉強熱心で尊敬します。

昨日はもう買うものもないし(笑)、送って行ってそのままデュオのレッスンを見学してきました!
まず、試験中の高校2年生2名は顔色も悪く(爆)「まじやばい」「終わった」など、後ろ向き発言ばかりでどんより度半端ない・・・。
先生「試験のことは忘れて、ピアノピアノ!!」とはっぱをかけるも、最初に弾いた演奏は、あちゃ~~~~~~・涙
なんだかんだと手直しされて、最後にはまずまずの精度に戻ってましたけど、先生「今日は早く終わろう!この次のレッスン延長しよう。はやくうち帰って勉強しなさい!!先生、勉強は教えてあげられないから自分たちで頑張って赤点とらないで来週からまたピアノがんばろう!今日は二人ともここに来ただけで偉いよ!」って・・・・・笑
ほんとにやさしいわ~~~、親より優しい・・・・涙

さて、帰りがけ「昨日、〇〇ちゃん(←私)レッスンに来ればよかったのに~~。パルティータ弾いてるんでしょ?聞きたかったわ~~。」って・・・・先生。
娘は何でも先生に話すんですね・・・・汗
でも、ほんと、行けばよかったな~~と後悔してたんですよ~~~・涙
でもって「パルティータは全然弾けるようになる気がしないんですよ。私にはまだ無理なのでは・・・と」と弱音を吐くと「ハイフィンガーで弾くと、感じが出るよね。」とアドバイス。
ハイフィンガーって??
夕べ、少し弾いてみましたが、なんとなくイメージはできても、結局よくわかりませんからね・・・汗
これからまた、試行錯誤の長い旅の始まりです。
来週の娘のレッスンも、試験直後でどうせ練習してないだろうから私が来ようかな?と先生の前で提案したら娘がすかさず「来週はデュオ見てもらうからダメ~~!」と・涙
次なるチャンスは期末試験かな~~~。
今度こそ逃さないようにしなくちゃ!!
[PR]
by ina-kibi | 2015-06-03 09:23 | ピアノ | Comments(0)

懐かし風味のクッション

昨日は思いがけず仕事が急に休みになりました(たしか先週も一日お休みがあった!)。
夏みたいに気温も高く、雲一つない晴天だったので、寝具をじゃんじゃん洗濯して、
布団を干して・・・と、大忙し!
その傍ら、両親に来てもらって、物置に自転車を入れるスロープを作ってもらったり、
一緒に庭の草を抜いたり肥料を入れたり・・・。
お昼にと、うどんをこしらえていたら、母が急に思い出したようで「生協の宅配が来るから、帰らなきゃ~」と言って、帰ってしまいました・笑
本当は、午後から一緒に花の苗を買いに行って植えたり、娘の部屋のカーテン生地を見に行って作り方を教えてもらおうかと思っていたので、残念でした><

そこで空いた時間に、またもやお菓子作り。
昨日はバナナケーキと杏仁豆腐を作りました。
まずまずの出来♪
そして、今度は娘たちが小さいころ使っていた低反発チップ入りの枕をサイズダウンし小さめのクッションサイズにして、これまた幼稚園くらいの時に着ていたお気に入りのスカートでクッションカバーをこしらえてみました!

b0141377_904575.jpg


もう着られない服だけど、なんだか捨てられずにとってあったんです。
生地の風合いも好きだし、色も好き!
作ってから気が付いたこと・・・、それはスカートのサイズが違うということ・笑
そりゃそうなんですが、二女のものはワンサイズ小さいのに気付かず、クッションは同じ大きさで作ってしまったので、パンパンになってしまいました・笑

帰宅した娘たちも気に入ってくれて、私も、いつもそばに小さな娘たちがいるようでうれしいです!!
こういう洋服、まだ何枚かあるので、また何かに変身させてみたいな~と思いました。
[PR]
by ina-kibi | 2015-06-02 09:10 | その他 | Comments(2)

門前払い・・・的な


さて、週が明け、気が付くと6月です。
娘たちは明日から高校の前期中間試験emoticon-0106-crying.gif
二女は、高校の洗礼を受けることでしょう・・・・・(お気の毒)。

そして今日月曜日は、長女のピアノレッスンの日。
な~~んにも弾いてないし、明日から試験だけど、今日はレッスンに行くのかい?
と聞いてみたら「行くよ!45分だけやってもらうことになってる。(いつもはピアノ45、ソルフェージュ45の90分)」と。
「え?何か弾けるのあるの?」と聞くと、「ああ、ないわ…。ソルフェージュにしてもらう。」ですって・・・。

こんなことなら、今日の45分、私がもらってパルティータを見てもらえばよかった・・・と、今ものすごく後悔しているところです。

昨日、久しぶりに少し真面目に(?)練習してみたんです。
なにが一番よくないって、左手8分音符一つ弾く間に、右手36分音符4つ弾く、そのバランスが最悪なんですね・・・。
左手を16分音符にして、同じ音2回ずつ鳴らすと、まあそこそこ整うんですけど。
頭の中や、体のどこかで、そのようにカウントし続けたら何とかなるのでしょうが、それをしながら音楽を進めていくことができないんです・・・。
結局のところ、曲の流れに乗って弾こうとすると、36分音符が整わず、整えようとすると曲が進んでいかないという、もうダメダメな感じです。

おまけに、以前動画をとった時の冒頭、悩みながらも自分なりに見通しを持って弾いていたんですが、当時なに考えてどう弾いていたんだか思い出せず(おい)、今は本当にまとまりも意思もなく、これじゃ始まらないよ?という状態。
後半の怒涛の2声は、もちろんろれつが回らないし。

この曲、本当に、門前払い・・・という感じがしております。
早く娘がまともな(これ大事!)レッスン受をけて、ヒントをもらいたいものです。
[PR]
by ina-kibi | 2015-06-01 08:41 | ピアノ | Comments(0)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る