<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

初めて聞いた夜からずっと欲しかった!!!

b0141377_1861850.jpg


夕べ、夢のような楽譜を発見!!

「左手のためのピアノ小品集: 母に捧げる子守唄」

今朝、密林で予約しました!!

6月に館野さんがコンサートのアンコールで弾いてくれた、あのめちゃめちゃいかしたアレンジの「赤とんぼ」が入っているんです~。

さて、どんな楽譜なんだろう??

早く届くといいな~~!

9月も半分きましたね~。
実り多き秋になりますように・・・。
きっとこの楽譜が、私の暮らしにたくさんの色を添えてくれるはず!!!
[PR]
by ina-kibi | 2016-09-15 18:11 | ピアノ | Comments(4)

子供の夢

b0141377_1351688.jpg


私が始めてコメントを寄せたブログは、娘さんお二人のピアノのご様子をお父様とお母様が温かく書き綴っていたブログでした。
そのブログは形を変え、今でもたま~に更新され、ご様子をうかがうのがとても楽しみなんです!

そのブログ主様からの情報で、このCDの存在を知り、迷わず購入したのが何年前なんだろう??
もう、かなり経ちました。

収録されている曲は、ブルグミュラー、カバレフスキー、ラヴェル、ショパン、リスト、などなど、全21曲で、タイトルどおりまさに[子供の夢]そのものでした。

現に私は(娘も?)このCDの中の曲を何曲も弾いてみました!

書き出してみると・・・・

ラヴェル :ハイドンの名によるメヌエット 
        プレリュード
 
スクリアビン:左手のためのプレリュード

シベリウス:ポプラ
        もみの木

フォーレ:月の光

ショパン:新エチュード 変イ長調

グリーグ:アリエッタ

バッハ:平均律1巻1番プレリュード 

まだまだ、弾いてみたい曲は、たくさん残っています。

しかし、最近、このCDを聞いていませんでした・・・・。


先日、ネットで、ピアノ友達さんと、子供のころレッスンを受けた曲集の話しをしてまして、
そのお友達が紹介してくれた本を、私はネットで購入しました。
一度も弾いたことがない、日本の作曲家の楽譜です。
昨日本が届きました。
片っ端から弾いていくと・・・・・
えっ??  これは!!!
「子供の夢」に収録されている、中田喜直作曲の、「夕方のうた」と「わらべうた」の楽譜に
こうしてめぐり合ったのです!!


確かにこの2曲、印象には残っていました。
何度も聞いてきたCDですから、歌えるほど覚えてます。

だけど、是非弾きたいから楽譜を買おう!とは、思わなかったから、今まで楽譜を探すこともしていなかったのだと思うんです。

それが、夕べ、そして今朝と、この2曲を何度か弾いてみると、うおぉぉぉ~~~っと、胸に迫りくるものがあるんです。
不思議だな~・・・ 
ほんとうに・・・
最近毎朝、起き抜けにピアノを弾いていて、完成度度外視で自分のスマホで録画してるんです。
成長を期待して・笑
今朝は、録画ボタンを押す前に、夕方のうたを弾いているときに、なんともいえない気持ちがおなかのそこから湧いてきて、気がついたらううっ、ううっ、と、泣いていました。
もちろん、自分の演奏に感動したわけじゃないですよ?笑
子供のころからずっとピアノを弾いてきた、そして今も弾いている、そう思ったら、なんともいえない気持ちになりました。

このCDは子供の夢じゃなくて、私の夢。
まだまだ残っている弾きたい曲を、1曲ずつ大切に弾いていけたら、そんな幸せはないな~と思います。

CDを紹介してくれたブログ主様、そして、本を紹介してくれたピアノ友達様、
そのほかたくさんのご縁に、感謝せずにいられません。
ありがとうございます
[PR]
by ina-kibi | 2016-09-11 13:34 | ピアノ | Comments(2)

ピアノの先生の話をしていて、ふと思ったことがあります。 
人それぞれ、どんな先生に教わりたい、という理想は違うと思います。

なかなか丸をくれない先生はやだな・・・
甘い先生はちょっとね・・・
イメージを求められすぎるのは苦手・・・
先生のイメージを共有するように言われるのは苦痛かも・・・
先生の演奏自体があまり好みじゃない人に習うのはいやだな~
などなど、きりがないのですが、いろいろありますよね~

ピアノの先生って、生徒が家の中から音楽という広い世界を見渡すための窓なんじゃないか、って思いました。

小さくても、きれいに磨かれた窓で、美しい景色を見せてくれる。
大きな大きな窓で、広々とした景色が一望できる。
窓自体に凝った装飾が施されとても価値がありそうだけど、曇りガラスで向こうが見えない。

などなど・・・。

とにかく、先生の演奏が好きに越したことはありませんが、先生が私の演奏に施すものが、どのように私を成長させるかが、一番大事だと、私は思っています。
先生のどこを信頼するかと言うと、先生が作る音楽です。
それは、自分であり、ほかの生徒の演奏に現れるんです。
もちろん、一人一人、技量も個性も好みも違います、演奏している曲も違います。
でも、見えるんです、先生の作る音楽の方向性、その誠実さ。

私は、輝く朝露も、暗闇の嵐も、さわやかな秋風も、先生の窓を通して眺めてこれたと思っています。
これからも、先生の向こうに何が見えてくるのか楽しみにしています。

こっぱずかしくて、一生言えませんが・・・・爆




[PR]
by ina-kibi | 2016-09-10 17:16 | Comments(0)

知りませんがな~~~

高3の娘のレッスンにて・・

しっかりやらせてください!!と先生にしかられる私って・・・・
面倒だから、はいはいと言ってきましたが、
はっきり言って、私の人生じゃないし、しりません!!
やるもやらないも、すべて娘の責任だし、娘に返っていくことだし。

もう、小言も言いませんよ。
やめないと言うから、レッスン続けさせている、それだけであまるほどの愛情だと思っていますので(笑)

痛い目にあわなきゃ分からない人は、人生の早い段階で痛い目にあうべきだと、私は本気で思っています。
何でそんなに失敗させちゃダメなの?
人生、長いんですから~~。

もちろん、いちばん腹が立つのは娘に対してですけれど・・・・爆
「あなたは私ではないので、コントロールしようとも思わないし、こうなってくれなきゃ困る、とも思わない。自分がそれでいいならいつまでもぬるま湯につかっていればいい。それだけ。」これが本音。
おそらく私は、指導者には向いていないでしょうね~・笑

45分レッスンだったので、送迎えのついでに先生のお顔を拝見しにレッスン室に入ったのが間違いでした><
今朝のシャワーで、シャンプーとリンス、間違えてつかっちゃった~~~・汗
こういう余波って、体に悪いです・・・・


[PR]
by ina-kibi | 2016-09-07 08:12 | ピアノ | Comments(4)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る