<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

会話、なのかな?

少しずつ落ち着いた生活が戻ってきて、毎日とは行かないけれど、ピアノもぼちぼち弾ける様になりました。
この1週間は、空いた時間に、インベンション・シンフォニアの本を開いて、シンフォニア7番とインベンション6番をさらいなおしているところです。

バッハとは、漠然とピアノや音楽が好きだった少女時代に出会い、ハートのど真ん中を射抜かれたあの感覚を今でも覚えています。レッスンの帰り道、いつもは帰ったら何しよっかな~~なんて考えながら自転車をこいでいた小学生の私でしたが、初めてインベンションのレッスンを受けた日の帰り道は、「ああ、世の中にこんなのがあったのか!知らなかったぞ!!すごいぞ!!!なんかすごいところに足を踏み入れたぞ!!!」と青空を仰ぎながらワクワクしたのをはっきり覚えています。

あれから40年近くが経過し、今もやっぱり、バッハは特別な存在であることを、時として感じることがあり、今もそうだったりします。

たまに会って、お互い顔を合わせてゆっくり話をする友人がいます。
一度も会ったことがないけれど、メールのやり取りをさせてもらっている友人もいます。
若い頃同じ職場で働いた仲間で、もう会うことはないだろうけれど、フェイスブックでやり取りしている元同僚がいます。
その他、実家の母であったり、となり町に住んでいる姉であったり、声や文字を使って会話をする相手、というのは様々です。

会話のファクターとは何か・・・と考えると、言葉のチョイスであったり、その組み合わせであったり、それを乗せる声であったり、表情であったり、文であれば句読点であったり、記号であったり。もっと突き詰めると、その人のバックグラウンドであったり、価値観であったり、想像力であったり、思いやりであったり、愛情であったり・・・・。

会話をしていて、「楽しい」場合。「癒される」場合。「共感できる」場合。「つまらない」場合。「虚しい」場合等等、色々ありますが、これらは、自分と相手の、上に挙げたファクターの組み合わせの相性によって変わるのかな・・・と思います。同じ相手でも、自分か相手の条件が変わると、会話の色合いも変わっていくのだろうと思うのです。

さて、何が言いたかったかというと・・・・
ピアノを弾くことは、もしかすると、作曲家と演奏者の会話ではないか、と。私が、バッハを弾く時のあの気持ち。下手くそでもどうして臆することなく没頭して楽しめるのか。バッハの音楽が、自分にとって、最高の話し相手だからではないか・・・と感じ始めたのです。自分は言葉足らずで、会話の質を下げているとは思うけれど、バッハが投げかけてくれる言葉はどれもこれも心にしみるし、さりげなくて美しいし、シリアスな話も、ワクワクする話も、騒ぎ立てずに静かに伝えてくれる。私もそれが好きなんだよ、こうしたかったんだ、ああ落ち着くね、空が晴れたね~、と、話しかけてしまう。私の声は小さくて、滑舌もよくなくて、伝わりにくいとは思うけど、きっと意図していることは汲んでくれている、伝わっている、会話が成立している!!そう信じたいところです。

長い付き合いの、最高の話し相手とたっぷり話をして元気とチャレンジ精神を取り戻し、さて、今度は誰と話そうかな~?と本棚を眺める週末です。実は私は、ショパンと、超長くて重い話がしたかったりするのです・・・・笑

[PR]
by ina-kibi | 2017-09-16 09:06 | ピアノ | Comments(2)

娘の人生

8月に不調なのは、ピアノばかりではなく、掃除機も・・・。
去年も8月に、使用中にスイッチが切れてしまい、イライラしながら「もう買い替えかな~~」とあれこれ物色していた時期があった。だけど、涼しくなった頃、少しずつ稼働している時間が延びていき、気がついたら切れなくなっていた。そして現在にいたる。というわけで、掃除機もまだまだ様子見。そして最近ちょっと調子がよかったりする^^


今年の8月は、娘の進路問題で頭の中がいっぱいになっていた。長女には幸いにも大学で学べる分野の中に好きなものがあり、そこに向って全力投球(したのはホントに試験直前だったけど・・・汗)出来たし、おかげで志望校に進学し、今現在、大学生としての生活全般をおそらく楽しんだり苦しんだりしながらよい経験をしていると思われる。

しかし、二女は、これと言って学びたいこともなく(本人談)、かといって今すぐ社会に出る自信もなく(本人談)、進路希望調査のたびに、どこか手の届きそうな大学の、何か無難な学科を、なんとなく書き連ねていた(本人談)。

でももう、現実は3年の夏休みまで進んできてしまい、休み明けにはセンター試験の申し込み。まさに、休み中に進路の絞込みをしなければ、本当になんとなく進学してしまうことになってしまうんだけど、どうよ???と、私があせってきた。その気持ちを二女に話してみたら、もちろん本人も「そうなんだよね~~」とやはり考えていた。

二女には、動機は浅はかだけど漠然と思い描いている将来の図があった。そこにたどり着くためにはどう進んでいくのがよいのか。そして、その理想が手に入ったとして、その生活が実は自分に合っていないということになったら、さてどうする?だって、やってみなきゃわからないもの。人生は、自分が歩いた一本の道にしかならないけれど、枝道や回り道は自分で用意しておける場合もあるわけで・・・。そんなこんなをいっぱい考えた末、本人がようやくひとつの目標を持ったのが先月のことだった。決して早くはない、むしろかなり遅い、でも、まだ十分間に合う!!と私は思った。

そこに、夫の猛反対の矢が次から次へと飛んでくる。「そんなにわかな思い付きみたいな軽い気持ちで進めるような道じゃない」「何年も前から目指してきた人に失礼だ!!」また、「大学入試から逃げたいだけじゃないのか」(←娘が専門学校進学希望したので)わかるよ。私はどっちの気持ちもよく分かるんだよ。でも、誰の人生よ?最後に責任取るのは誰なの?娘は、私達が死んだ後も、娘の人生を歩いていくんだよ?「信じられない。出来るはずない。」なんて言葉じゃなくて、「信じてるよ。精一杯頑張れ!」という言葉をかけてあげようよ。自分で決めたことが、後から失敗だったと思うなら、それは正しい後悔。乗り越えて、きっと糧になる。でも、自分で決められなかったことに対する後悔は、消化するのが大変なのでは?

結局、私の説得により(笑)、夫も折れて、無事志望校がきまったのだが、このひと月、それはそれは大変だった・・・・orz

そんな中でもうれしいこともあって・・・・
「ねえ、お母さんって、余計なこと言ったのかな、って思うことがあるんだ。ずっと黙っていたらよかったのかな。」と娘に問うとこう応えてくれた。
「きっとあのまま興味のない学部に進学していたであろう自分と、今の自分を比べたら、断然今の自分のほうがイケてるんだ。色々考えるきっかけをくれて、うれしかった。」と。まあ、例によって軽いですけど・・・爆
限られた進学資金とチャンスを最大限に生かして、自分の人生をつかんでくれたまえ!!
親がしてやれるのは、本当にここまでだから。

ようやく、最終進路調査の用紙も提出し、担任の先生も「よく決めたね~、〇〇ならきっとやっていけるよ!頑張って!!」と背中を押してくれたというし(涙)、センター試験の申し込みもしっかりとした意思で見送って、娘の将来に関して山ほどの心配は相変わらずだけど(これは一生もんだ・・・笑)、私の心も少し晴れやかなのであった。

[PR]
by ina-kibi | 2017-09-08 09:59 | その他 | Comments(2)

8月は・・・・

なんと、8月はブログを一度も更新していなかった・・・・。
ここ1ヶ月、ピアノのふたも開けていなかった><
去年も8月はほぼピアノを弾けず。
2年連続とは。何の因果か8月とは相性がよくないみたい。

つきも変わり、いろんなことが落ち着いてきて、
夕飯の煮物をことことと温めながら、
久しぶりにピアノを弾いてみた。
まずはショパンエチュードの25-1から。
暗譜していたんだけど、きっと抜けてるだろうな・・・と思いきや、音は覚えていた!!
次に10-1を。
こちらも音はしっかりと覚えていた!!けれど、覚えている音がちゃんと並んで出ているかというとそこは・・・・汗
やはり10-1は、むっずかしいんだな~と、再認識。
でも、やっぱりピアノは楽しい楽しい♪

弾いていない間も、CDなどは聞いていて、
シベリウスの木の組み曲など、また弾いてみたいな~と思ったり。
娘に貸し出していた三善とラヴェルの楽譜も手元に戻ってきて、これらもじっくり弾いてみたい。

急に涼しくなったし、秋はたっぷりピアノを弾こう!!

[PR]
by ina-kibi | 2017-09-07 18:09 | ピアノ | Comments(2)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る