4声

おそらく9月から、ぼちぼち弾き始めている、Miyoshi ピアノ・メソード 7の練習曲。
全曲を弾こうとか、テクニックを身につけようとか、本当はそういう明確な目標を持って取り組んだ方がよいのでしょう。
しかし、私の場合、漠然と、「この曲も美しい!ああ、次の曲もなんといえない!!」と、三善晃ワールドに魅了され、ただただ弾いていると言う・・・・。

どなたかの「主治医に教えてもらったのですが、病的な不安にとりつかれた時は、2つの作業を同時にやると、脳の処理が追いつけず不安な考えを除去できるので、その後気持ちの切り替えを行うと良いらしい。」という発言を受けて
「不安なときはバッハを弾けばいいのか」と、ピアノ友達さんがつぶやいておられたのです。

Miyoshiメソードの練習曲はポリフォニーばかり。
弾いている時はそれほど感じませんが、たとえば出先で、ふと頭の中で歌っていることがあり、そんな時気づくんですよね、忙しいな~って。二つ、三つのメロディーをそれぞれ語ると言うのが。でも、それが面白くてやめられないわけですが・・・。

動機はさておき、このメソードを細々と弾くことは、今の自分の状況に必要なことだったのか・・・と、うなずいてしまったわけです。

それにしても、3声までは、頭の中で同時に鳴らすことが何とかできるんですが、今弾いている曲2曲は4声なんです。これが、いきなりハードルがポーーンと高くなった気がしてなりません。
まずは右手2声を、左右両手で練習し、その響きに習って右手一本で2声を弾く練習。
左の2声も同様に。
この時点ですでに問題が・・・・
右は、ソプラノが主役っぽいのですが、
左は誰が主役??
メロディー本位で考えるとテノールなんでしょうが、4声の全体像を考えると、もしやバス?
そんな迷いが湧いてくる。
でも、そんな迷いは必要ないとばかりに、まず左一本で2声がきれいに並ばないんですけど・・・orz

それでも、1日5分の、片手練習を数日続けていると、たまに間がさして
両手で弾いてみたりするんですけど、これがまたこれがまたこれがまた・・・orz orz orz

そんなこんなで、自分の経験が3声を拙く弾くところで止まっていたと言うことなのか
はたまた、3声と4声の間には、深くて長い川が流れているのか
いずれにしても、いつになったら自己満足(すぐ満足するタイプだというのに・・・涙)の域に忍び込めるかな~と遠い目になる今日この頃です。




[PR]
# by ina-kibi | 2016-10-05 17:51 | ピアノ | Comments(2)

初めて聞いた夜からずっと欲しかった!!!

b0141377_1861850.jpg


夕べ、夢のような楽譜を発見!!

「左手のためのピアノ小品集: 母に捧げる子守唄」

今朝、密林で予約しました!!

6月に館野さんがコンサートのアンコールで弾いてくれた、あのめちゃめちゃいかしたアレンジの「赤とんぼ」が入っているんです~。

さて、どんな楽譜なんだろう??

早く届くといいな~~!

9月も半分きましたね~。
実り多き秋になりますように・・・。
きっとこの楽譜が、私の暮らしにたくさんの色を添えてくれるはず!!!
[PR]
# by ina-kibi | 2016-09-15 18:11 | ピアノ | Comments(4)

子供の夢

b0141377_1351688.jpg


私が始めてコメントを寄せたブログは、娘さんお二人のピアノのご様子をお父様とお母様が温かく書き綴っていたブログでした。
そのブログは形を変え、今でもたま~に更新され、ご様子をうかがうのがとても楽しみなんです!

そのブログ主様からの情報で、このCDの存在を知り、迷わず購入したのが何年前なんだろう??
もう、かなり経ちました。

収録されている曲は、ブルグミュラー、カバレフスキー、ラヴェル、ショパン、リスト、などなど、全21曲で、タイトルどおりまさに[子供の夢]そのものでした。

現に私は(娘も?)このCDの中の曲を何曲も弾いてみました!

書き出してみると・・・・

ラヴェル :ハイドンの名によるメヌエット 
        プレリュード
 
スクリアビン:左手のためのプレリュード

シベリウス:ポプラ
        もみの木

フォーレ:月の光

ショパン:新エチュード 変イ長調

グリーグ:アリエッタ

バッハ:平均律1巻1番プレリュード 

まだまだ、弾いてみたい曲は、たくさん残っています。

しかし、最近、このCDを聞いていませんでした・・・・。


先日、ネットで、ピアノ友達さんと、子供のころレッスンを受けた曲集の話しをしてまして、
そのお友達が紹介してくれた本を、私はネットで購入しました。
一度も弾いたことがない、日本の作曲家の楽譜です。
昨日本が届きました。
片っ端から弾いていくと・・・・・
えっ??  これは!!!
「子供の夢」に収録されている、中田喜直作曲の、「夕方のうた」と「わらべうた」の楽譜に
こうしてめぐり合ったのです!!


確かにこの2曲、印象には残っていました。
何度も聞いてきたCDですから、歌えるほど覚えてます。

だけど、是非弾きたいから楽譜を買おう!とは、思わなかったから、今まで楽譜を探すこともしていなかったのだと思うんです。

それが、夕べ、そして今朝と、この2曲を何度か弾いてみると、うおぉぉぉ~~~っと、胸に迫りくるものがあるんです。
不思議だな~・・・ 
ほんとうに・・・
最近毎朝、起き抜けにピアノを弾いていて、完成度度外視で自分のスマホで録画してるんです。
成長を期待して・笑
今朝は、録画ボタンを押す前に、夕方のうたを弾いているときに、なんともいえない気持ちがおなかのそこから湧いてきて、気がついたらううっ、ううっ、と、泣いていました。
もちろん、自分の演奏に感動したわけじゃないですよ?笑
子供のころからずっとピアノを弾いてきた、そして今も弾いている、そう思ったら、なんともいえない気持ちになりました。

このCDは子供の夢じゃなくて、私の夢。
まだまだ残っている弾きたい曲を、1曲ずつ大切に弾いていけたら、そんな幸せはないな~と思います。

CDを紹介してくれたブログ主様、そして、本を紹介してくれたピアノ友達様、
そのほかたくさんのご縁に、感謝せずにいられません。
ありがとうございます
[PR]
# by ina-kibi | 2016-09-11 13:34 | ピアノ | Comments(2)

ピアノの先生の話をしていて、ふと思ったことがあります。 
人それぞれ、どんな先生に教わりたい、という理想は違うと思います。

なかなか丸をくれない先生はやだな・・・
甘い先生はちょっとね・・・
イメージを求められすぎるのは苦手・・・
先生のイメージを共有するように言われるのは苦痛かも・・・
先生の演奏自体があまり好みじゃない人に習うのはいやだな~
などなど、きりがないのですが、いろいろありますよね~

ピアノの先生って、生徒が家の中から音楽という広い世界を見渡すための窓なんじゃないか、って思いました。

小さくても、きれいに磨かれた窓で、美しい景色を見せてくれる。
大きな大きな窓で、広々とした景色が一望できる。
窓自体に凝った装飾が施されとても価値がありそうだけど、曇りガラスで向こうが見えない。

などなど・・・。

とにかく、先生の演奏が好きに越したことはありませんが、先生が私の演奏に施すものが、どのように私を成長させるかが、一番大事だと、私は思っています。
先生のどこを信頼するかと言うと、先生が作る音楽です。
それは、自分であり、ほかの生徒の演奏に現れるんです。
もちろん、一人一人、技量も個性も好みも違います、演奏している曲も違います。
でも、見えるんです、先生の作る音楽の方向性、その誠実さ。

私は、輝く朝露も、暗闇の嵐も、さわやかな秋風も、先生の窓を通して眺めてこれたと思っています。
これからも、先生の向こうに何が見えてくるのか楽しみにしています。

こっぱずかしくて、一生言えませんが・・・・爆




[PR]
# by ina-kibi | 2016-09-10 17:16 | Comments(0)

知りませんがな~~~

高3の娘のレッスンにて・・

しっかりやらせてください!!と先生にしかられる私って・・・・
面倒だから、はいはいと言ってきましたが、
はっきり言って、私の人生じゃないし、しりません!!
やるもやらないも、すべて娘の責任だし、娘に返っていくことだし。

もう、小言も言いませんよ。
やめないと言うから、レッスン続けさせている、それだけであまるほどの愛情だと思っていますので(笑)

痛い目にあわなきゃ分からない人は、人生の早い段階で痛い目にあうべきだと、私は本気で思っています。
何でそんなに失敗させちゃダメなの?
人生、長いんですから~~。

もちろん、いちばん腹が立つのは娘に対してですけれど・・・・爆
「あなたは私ではないので、コントロールしようとも思わないし、こうなってくれなきゃ困る、とも思わない。自分がそれでいいならいつまでもぬるま湯につかっていればいい。それだけ。」これが本音。
おそらく私は、指導者には向いていないでしょうね~・笑

45分レッスンだったので、送迎えのついでに先生のお顔を拝見しにレッスン室に入ったのが間違いでした><
今朝のシャワーで、シャンプーとリンス、間違えてつかっちゃった~~~・汗
こういう余波って、体に悪いです・・・・


[PR]
# by ina-kibi | 2016-09-07 08:12 | ピアノ | Comments(4)

モーツァルト ソナタ イ短調

先日、ピアノの調律をしてもらいました。
もっとまめに除湿器を回さないとな~~~と反省・・・orz
相変わらず調律後のピアノはとても弾きやすいし、音がとてもきれいで、ついつい時間を忘れて弾いてしまいます。
音そのものがきれいだし、とにかくハーモニーが美しい!!
モーツァルトのアダージョを思わずひきたくなりました。
ヘタだけど、そんなことはどうでもいいと思えるほど、美しい曲と美しいピアノの音に癒される~~~!!

そんなこともあり、モーツァルトづいております。
まじめに(?)練習を始めたのが、ソナタイ短調。
以前何度もかじってるんですが、すぐにあきらめて退散しております。
今回もきっと・・・・汗
でも、いつになく、頑張ってます!

一番弾けないところから手を付けようと思って、再現部から練習を始めました。
それがちょうど先週末でした。
この1週間、再現部中心に弾きつつ、たまに通して弾いてみて思ったのが
やはり、出だしって大事だな~ということです。
そこで、今日から提示部に取り掛かりました。

左手の和音の同音連打、右手の同音連打、あと、音価、そして強弱、む、難しい・・・・・
これは、やはり、最初から出だしからの練習をすべきでした。
そんなわけで、この週末は、提示部を中心に、まじめに(←強調!)練習をしようと思います。

以前かじった時よりも、和声を感じられるようになっているような気がするのが、ちょっとうれしい変化です♪
[PR]
# by ina-kibi | 2016-07-29 23:43 | ピアノ | Comments(0)

野球部と吹奏楽部

定期演奏会が終わって1週間経ちました。
3年生は実質引退、というこの時期。
1年前は、野球部が思わぬ(?)活躍ぶりで、南北海道大会に進出しまして、吹奏楽部は応援に行っておりました。
吹奏楽コンクール直前。
そして、娘はデュオでコンクールに出場していたため、本選目前。
連日、炎天下の中で楽器演奏&応援。バスで札幌往復。行ったはいいけど雨天中止で即撤退…。
そんな日々だったな~。
最後に戦った相手がその後も勝ち進み、甲子園へ!!
それはそれで、なんだか誇らしかったり・・・・。
1年前の今頃は、そんな感じでした。

今年の野球部は、地区予選の段階で、めっちゃ強豪校と当たるという不運。
その試合は、学校祭の翌日、片付けの日に行われました。
高校が、市営球場のすぐそばにあるということもあり、片付けを一時中断し、なんと、全校応援!!
おそらくこれが引退試合になるであろう3年生。全員で見守って、応援しようじゃないか!!!
そういうことなんだろうと、思います。
なかなかの戦いぶりで「もしや勝つのでは?」と思ったりもしたようなのですが、最後に大逆転されて、やはり、引退試合となってしまったようです。

先週の定期演奏会のステージで、2年生が3年生数名にインタビューするという場面があり
「一番思い出に残っていることは?」と聞かれた3年生が
「何度も野球部の応援へへ行ったことです!」と応えていました~。

定演終えて帰宅した娘が
「お母さん、野球部から大きな花が届いたんだよ~!!」と教えてくれました。
じーーーーーーん(感涙)。
慣習ではないようです。
誰が呼びかけて、そうしてくれたんだろう・・・。
校内の、こういうつながりって、ほんと、いいな~って思いました。
3年間それぞれの分野で頑張って、最後に「お疲れ様!」て声を掛け合えるって、ほんと、いいな~って。

こうやって、各部が少しずつ引退を迎え・・・・
学年全体が「受験モード」に入っていくのかな~。
乗り遅れないようにしてほしいものです・笑
[PR]
# by ina-kibi | 2016-07-23 10:41 | その他 | Comments(0)

ひとつずつ・・・

人生、あっという間に半世紀・・・という私ですが、
そんな私の娘も、一つ一つ、人生の歩みを重ねているところです。

音楽との出会いは、どんなだっただろう?
小さいころから、きんきんとした高い声で、いつも歌を歌っている子でした。
幼稚園に入り、お友達が音楽教室に通っている様子を見て「私もピアも習いたい!」と・・・・。
小4の終わりに、今の先生の教室に移りました。
中学に入学し、「何か部活に入った方が楽しいんじゃない?」という親のアドバイスを聞いたのかきかなかったのか??唯一の文化部である吹奏楽部に入部。迷わずパーカッションを志望しうまく滑り込みました。
同じ学年の仲間が4人しかいなかったこともあり、柄にもなく部長に・・・。
3年間、毎年顧問が変るなか、部長として過ごした時間の中で一番長く一緒に過ごした顧問の先生が、吹奏楽未経験&顧問をやりたくなくてしょうがないという先生だったため、かなり苦労したと思いますが、それも今となっては貴重な社会経験。
4人の仲間は、見事全員バラバラの高校へ進学。

高校に入学し、「高校では部活やらずにのんびりしようかな~?」と言ってはいたものの、先輩からの誘いを断りきれずつい部活見学へ…。そのままずるずると入部。第一志望のコントラバスは、経験者がいたため入れず、その時点でパーカッションも経験者の入部が確定していて定員いっぱい。ご縁があってホルンパートへ・・・。
音楽をやりたいのに、音そのものが出せないという娘にとっては緊急事態。
「音色が、とか、フレーズが、とか、それ以前に音が出ないって、こんなストレス生れて初めて!!」と言っとりましたね・・・・。いや、最近でも言ってるか…・笑
2年の時は、吹奏楽とピアノデュオ掛け持ちで忙しい一年でしたが、好きなものを抱え込んで離さない!!という姿勢に、ちょっと感動。

そして、気が付くと3年生。吹奏楽部、というものの中に身を置いて、6年目の夏です。
3年になったら学校が「受験受験」とはやし立て、プレッシャーをかけてくる中、わき目も振れず部活に精をだし、その集大成ともいえる定期演奏会が、昨日無事、終了しました。

会館の外に並んでいると、「もうすぐ開場しますので、4列に並んでお待ちください!」と声をかけて回る素敵なお姉さんたちは、みなさんOGです。
入口でチケットを切りプログラムを渡してくれたのも、OG,OBの皆さんです。
差し入れを受け取って、仕分けして整理してくれているのも、OG,OBの皆さん。
アナウンスも、聞き覚えのあるOGです・涙

もう、本当に、あっという間の2時間半でした。
盛りだくさんのプログラムの中に、恒例の3年生によるダンスがあったり、3年生だけでの演奏があったり。
毎年、その3年生のものすごいパワーに圧倒されるのですが、今年の3年はなんだかほのぼのしていて、いつもと趣が違ってました・笑 カラーって、あるんですね~。
初心者の多い学年と聞いていましたが、さすが3年毎日のように練習をしてきた成果が表れてますね!プログラムを通して、あちらこちらで見せてくれる3年生のソロ演奏では、みなさんとてもきれいな音で観客の心に話しかけてくれました。

終演後、ロビーでお客さんを見送る3年生たち。
やりきったすがすがしい笑顔や、引退に直面した涙顔や、これまたグッとくる景色でした。

帰宅した娘は、冷静を装ってはいましたが、明らかに気持ちが高揚しており、理解不能の行動を繰り返しておりました・笑
たくさんいただいた差し入れを、一つ一つ開けてみながら「〇〇ちゃん、ありがと~~!!」「うわ~~、〇〇せんぱいも、やさし~~~!!」と声を上げ続けておりました。
中学吹部の仲間もみんな見に来てくれたようで、受け取ったメッセージに読み入ってました。

パーカッションをやっていた中学のころは、ステージでの演奏を見ていても、娘の動きと音が一致するため見ごたえがあったのですが、ホルンになるとそうはいかず・・・。でも、いつも感じるんですが、娘の演奏する姿は、実に楽しそうなんですよね~~。その姿に見合う音が出ているとは思えないんですけど(笑)。
だけど、その様子は、音楽の楽しさ、音楽が好きだという思い、そういう幸せが素直に表れているようで、うれしいんです、見ていて。
よかったね、たくさんの仲間と、音楽できて!!

ここで引退を迎える3年生と、2週間後のコンクールまで続ける3年生がいるんですが、娘は後者です。
今日も練習に出かけて行きました。

こうして、一歩一歩、歩みを進めていくのですね。
いろんな楽しみを分けてくれる娘に、感謝しなくては、ですね~。
[PR]
# by ina-kibi | 2016-07-17 14:15 | その他 | Comments(0)

ちょっと、バカンスへ…

この夏、2,3週間の検査入院の予定が入りました!

家族や職場とも相談し、子供たちの夏休み中がいいな~ということに・・・。
二人の娘達、特に部活を引退して貴重な夏を迎える受験生の娘を放置していくのは非常に心配なのですが(汗)

そんなことはさておき・・・・

仕事や家事から解放されるというのは、やはりうれしいかも、です!!
病院ではきっと、自由な時間がたくさんあると思うんですよね。
どこかとても具合が悪くて・・・・という入院ではないので、変な話ですが「元気」だし・・・笑

ピアノが弾けないのはつらいけど、まあ、そんなときもありますよね。
私はテレビはあまり好きじゃないので、テレビカードはいらないな~。
本を、どっさり持ち込んで読もうと思います。
PCも持ち込めたら、動画サイトでいろんな音楽を聴きたいな~~!!
DVDをたくさんレンタルして、映画を見るのもいいかも♪
楽譜を持ち込んで、アナリーゼするのも面白そう!!
DSでマリオを極めるのも楽しそう♪

というわけで、あとひと月、うだうだと休暇の楽しみ方を考えようと思います・・・・。
[PR]
# by ina-kibi | 2016-06-30 17:43 | その他 | Comments(0)

まばたき、一回

楽しみにしていた、館野泉さんのコンサートが、明日に迫っています。
いつも通り仕事を終えてから、駅に急ぎ、特急で札幌へ・・・
改札を抜けたところで、友人が待っていてくれるとのこと!
そこから二人でタクシーに乗り、会場へ…。
開演10分前にはつけるかな??という、ほんとにギリギリなんですけど・・・
それでも友人は「いいよ、遅れたって!会えればいいんだから!!」と言ってくれてます。
くーーーーっ、沁みるーーーーー!!

人の一生なんて、ほんの1回のまばたきくらいのものじゃないか、って、よく思うんです。
それとか、砂浜の砂一粒くらいとか・・・

そんな、まばたき一回の、砂一粒の私の人生にも、
寄り添ってくれる人が、何人もいて、いろんなことを共感できて、ああ、幸せだな・・・。

館野泉さんのピアノの音は、本当に美しい。
舞台袖から姿が見えた瞬間から、音楽が始まっているように感じます。
今回で、お目にかかるのは3度目になります。
まだ、私も弾いてます。これからも、弾いていきます。
心の中で、そうつぶやきながら、次から次へとあふれ出てくる音におぼれてこようと思います。

そして、友人とゆっくり話して、エネルギーをたくさん蓄えてこようと思います!

その前に、家事を片付けないと~~~~・汗
[PR]
# by ina-kibi | 2016-06-27 18:28 | | Comments(4)

あれもこれも、の日々

2週連続でレッスンを受け、さらに、娘のレッスンに同行し、選曲会議に参加し・・・・
少々、自分のペースが乱れました・・・笑

定期的にレッスンの通われているネットでのお友達はたくさんいらっしゃるんですが、本当にたくましいな~と尊敬します。
自分がレッスン受けるとなると、朝は仕事に行く前にどうしても弾いておきたいので家事を端折り、帰ってきてからもレッスン前に弾いておきたいので夕食も作らずピアノを弾いて、そそくさとレッスンに行き、帰ってきて、あら?何食べる~~?と慌てるという・・・・。
今週なんぞは、親子一緒にレッスンに行ったので、帰りにバイト上がりの二女を拾って、そろそろ仕事から帰るであろう夫にもLINEで「ご飯の用意してないからうどん屋さんに集合!」と呼びかけ、外で済ませてしまった・・・汗

で、さらにの数日後、選曲するからよかったお母さんも顔出して・・・とのお声掛けにホイホイとついていき、これまた帰宅途中に夕食ゲット・・・・大汗

そうやって、家事も滞り、体力も消耗し、やっとたどり着いた週末です。
ほんとうは、友達とお茶の約束があったけど、明日に延期してもらい、今日は午前中に床の上に散らばっている(ほとんど娘らのものですが・怒)ものたちを選別してソファーの上にまとめたり〈解決はしてないという・・・)、台所も人並み程度まで片づけたりして掃除機一歩手前で力尽き、昼寝してしまいました。
先ほど、再び家事に向き合い、掃除機完了!!

あとは、ピアノ部屋も楽譜が散乱しているけれど、これは持ち越すことにします。
調律の日にちが決まるまで、荒れたままでもいいや・・・・笑

ピアノの方も、レッスンの魔法は数日後に消えてしまうので、翌日、翌々日辺りはよく弾きました!!
でも、週の後半は集中できず、あれこれ弾き散らかすのみ。

ピアの娘がもらってきた曲やら、子どもたちが小さいころに弾いていた曲やら、気になる曲があって買ったけど、他の曲は見てもいなかったという本を1ページ目から弾いてみたり、とにかく、次々音を出しておりました。

そんな中、二女の楽譜を見ていたら、こんなすごい大きな花丸発見!!

b0141377_16472965.jpg


曲は覚えているけど、どんな風に弾いていたかは思い出せない・・・・
でもきっと、よく弾けてたんだろうな~~~、おっきなおっきなはなまるですもん♪♪

この曲は、ルモアーヌというフランスの作曲家による練習曲集のなかの1曲なんですが、この曲集を自分もこつこつやってみようかな~と思ったりして。

先生からレッスンでいただいてきたペダルプレリュードの楽譜はこれ。

b0141377_16544525.jpg


これも、1ページの短いものが全5曲あるので、じっくり取り組んでいきたいんですけどね~。

そんなこんなで、この先、どのようにピアノを弾いていこうか、なかなかイメージが固まらないのですが、しばらくあれこれ模索してみようかと思っています。
読みかけの曲や、練習中の曲は、忘れない程度に触りつづけないとな~~・汗
[PR]
# by ina-kibi | 2016-06-11 16:57 | ピアノ | Comments(0)

レッスン、再び・・・

先週の代打レッスンの際に、「来週もおいで!」と声をかけていただき、厚かましくもまたまた行ってまいりました!!

今回は、娘と一緒にレッスンへ・・・
娘は、私が見ていただいている間、何やらプリントなどをやらされておりました・・・
娘にガチで聞かれるのも緊張するな~と思っていたので、ちょうどよかったです。

さて、前回は、精神安定のために一番最初にシンフォニア1番を見ていただきました。
が、今回はバッハをはずし、1曲目にシャミナード、2曲目にショパンのエチュード25-2を見ていただこうと思い、用意していきました。

シャミナード。前回の注意は「ペダル」と「拍感」。
あとは、メトロノームに追われているような時間の使い方ではなく、もう少しゆったりと、時間をかけて表現した方がいいというアドバイス。
そして、4度出てくるメインテーマは、全部表情を変えるくらいのつもりでプランを立てて・・・というものありました。
で、たった一つだけ褒められたのは「内声の捨て方が上手!」ということ。それだけ・・・笑

今回のレッスンでは
まず、ペダルはやっぱりダメ~~~
「踏み込み過ぎるし、上げ過ぎる。大体、ペダルの音が聞こえるっていうのはもう、ダメだよ」とおしかりを…涙
でもって、先生、ごそごそと出してきて、「これあげる!」と渡してくれたのが「ペダルプレリュード」という、ペダルのための?短い練習曲のような楽譜です。いろいろ研究してみてね!とのことでした・・・汗
単なる言い訳ですけど、レッスンで使うピアノは、ちょっとペダルが難しいんですよ・・・
娘に「あのピアノで、ハーフとかできるの?」と聞いたら、「なれればできるよ!」とのこと。
9年も通えばできるのかもしれないけどさーーー・涙

2拍子の拍感は、左手がリードしないと、なかなか難しいということで、連弾の例えがでてきました。
理想の連弾の演奏は、プリモが自由に歌い、セカンドが要所要所締める、という・・・・
それを、一人でやるんだから、やっぱり、左手が肝心とのこと。
2音フレーズをうまく使ったり、小節線を越えた、大きな拍感に乗ったりと、まだまだ改善の余地はアリアそうなので、頑張ってみようと思いました。

4度出てくるテーマに関しては、それぞれアーティキュレートが違う部分があるので、そこを意識して弾いていったつもりでしたが、それくらいじゃ全部同じに聞こえるそうで・・・
先生のアイディアを頂戴しつつ、最初はとにかく右手メロディーを際立たせて美しく。2度目はそれにバスのラインも重ねて少し厚みをつけて。3度目はとにかく静かにスーーーっと。そして最後は、余韻を味わうように、大事に、愛おしく・・・・、というイメージに固まりました。
こんな風に、はっきりとしたプランが立つと、とても弾きやすくなります。
さすが先生だ~~~~!!

今回も、1か所だけ褒められたんですが、それは曲の一番の盛り上がりの、ザ・アパッショネート!!みたいな部分でした。自分でも意外でしたが、先生も「意外とよかった!!」と、意外だったようです・・・爆
ただ、そんな唯一の褒められポイントですら、やはりダメ出し部分も含まれていて、私のアルペジオは、先生のイメージと真逆を行っていたようで、鋭く一気に弾いた方が良いと思われる部分で時間をかけて弾いていて、アルペジオの存在をもっとアピールすべく時間をかけて弾いた方が良いと思われる部分で、超スピードでシャーーっとやっていて、説明を受けて、自分で自分にがっかりしました。
無意識だったのですが、ふたつの弾き方をしていたというのは、褒めてやりたいですけどね・・・笑

最後に・・・・
「なんだかんだ言ったけど、それは私のアイディアであって、採用するもしないも、あなた次第でいいんだよ!だって、あなたのこの曲なんだから。この曲を弾きたいと思ったんでしょ?素晴らしいよね~。何か、惹きつけられるものがあったってことだよね。きっと、この、やわらかくてあたたかい最初のテーマかな。いいな、って感じたその通り、弾けばいいんだと思う。大人のピアノの魅力は、そこにある。自分の世界観を大事にして、堂々と弾いてほしい。」と・・・・・涙

なんだろう、この言葉は、あとになってから、少しずつ心に沁み込んできまして、ふと思い出しては泣きそうになったりするんです。

さて、そんなわけで、丁寧にシャミナードを見ていただいたので、1曲でタイムアップでした。
譜面台の横に置いてあったショパンの本を見て「あら、珍しい、ショパンは何を弾いてきたの?」と聞かれ、恐る恐る25-2と告げると、「また難しいのえらんで・・・・」と・・・・・汗
でもせっかく手を付けたなら、やりましょう!!いつでもいらっしゃいね~~~!!
と、後ろ髪引かれまくりで、レッスンが終わりました。
続く娘のレッスンは上の空で、楽譜に書き込みをしまくっていた私でした。

先週のレッスンで、毎日、日にちと同じ番号のシンフォニアを弾いたら?という提案をされて、なんと、まじめに実行している私!!
でも、あまり好きじゃない曲が今日出てきて、今日は昨日と同じ曲を弾いたんですけど・・・・・
今はどれも死んでますけど、1年くらい続けていたら、まんべんなく息を吹き返す時がくるだろうか??
期待せず、でも楽しみながら、なるべく続けてみたいと思います。

いつも熱いレッスンをしてくださる先生と、私にレッスンを譲ってくれる娘に、感謝でいっぱいの夜でした♪
[PR]
# by ina-kibi | 2016-06-08 17:42 | ピアノ | Comments(2)

つづき

シャミナード 「メロディック」 今回のレッスンの本命曲です。

そういえば、今回、レッスン室のピアノは大屋根が大きくいて開いていて、超、超、響きました。
いつもペダルで苦戦しますが、今回は、苦戦どころか、どうやってたか記憶がないほど・・・・。
最後まで、通して弾かせてくれましたが、何度も迷子になりました。
先生からお借りした楽譜をコピーさせていただいたのに、先生はご自分が楽譜を持っているということをすっかり忘れていたようで、ずーーーっと私の隣に座って、私の楽譜を見てまして、レッスン終わりに、「あ、私楽譜持ってたよね?あれま~~」と。
どれだけ緊張の火に油を注いでくださったことか・・・・


この曲について、レッスンで先生が教えてくださったこと、
それを聞いて自分で気が付いたこと。

全体を通して・・・・
もっと動きを持っていいということ。
あたかもどこかでメトロノームが動いていて、それに遅れないように!!とでも思っているみたいになってた部分があって、そうじゃなく、もっと時間をかけていいのかな、ということです。
場面の切り替わりの部分や、音が跳躍する部分など、何もあわてなくていいんだな。
そういう音楽の動きを理解しなくてはと思いました。

音色。
先生は、この曲はショパンポジションの曲とおっしゃってました。
指を伸ばして楽な状態で弾ける曲ということかな?
で、そのように私も弾いていたのですが、それ一辺倒だと、ほしい音が出てこないということ。
時には指を立て、時には手前に引っ張るように、時には奥に押すように・・・・
求める音色のイメージをしっかり持って、ではどういうタッチで?と、そこまで考えて弾かなければだめなんですね・・・
ものすごく情熱的な部分が出てくるのですが、そこはどうも叩きつけてしまっているように思っていたのですが、そここそ指を立てて、硬くて響く音を求めるべきでした。

ペダル
ペダルは全然ダメ。まず、踏み込み過ぎでした。家ではある程度コントロールしているつもりでいますが、レッスンでは撃沈。
入りが、音色を作るのがとても難しいので、ソフトペダルを少し踏んで入ったらいいのでは?というアドバイスをいただきました。
これが、なかなかスーッとはできるようにならないのですが、研究したいところです。
ペダルで響きのコントロールをするために、練習方法を教わりました。
とにかく、耳をよく使って、ポイントを押さえたぺだリングを身につけなければ!!

そして、曲の構成
最初に出てくる、柔らかくて美しいメロディーは、全部で4回も繰り返されます。
なぜ、同じメロディを何回も弾かせるか。
それは、出てくるたびに、異なった歌い方をしてほしいから。
なるほど・・・・

まだまだ、教わったことはあるように思います。
が、今、心に残っているのはこんな感じでしょうか。

レッスン翌日、あわただしい中ではありましたが、出勤前にこの曲を弾いてみました。
ものすごく、楽しく弾けるんです!
よくなったとか、そういうのとは違うんですけど、視点を持てたきがするんです。
そして、「こうしなくては」ではなくて「どうしていこうかな?」という、そういう発想が持てているように思えて、自由を感じます。

来週の娘のレッスンは、テスト明けであまり練習してないだろうという想定で、前半私、後半娘のソルフェージュだそうです♪
娘は「え~~~~っ --#」って怒ってましたけど。

週末に、じっくり練習できたらいいな~と思います。

本当に楽しいレッスンでした。
[PR]
# by ina-kibi | 2016-05-31 18:24 | ピアノ | Comments(0)

幸せな、音楽の時間

先日、娘の代わりにピアノレッスンを受けてまいりました!

1曲目 バッハ シンフォニア1番
まずまず落ち着いて弾けたと思います。

曲の構成から考えて・・・

・この曲のコンセプトは、スケール。インベンション1番は5度の小さなスケールだったけど、今度はオクターブの大きなスケール。ハ長調という屈託なく明るい調性で、まっすぐ天に昇っていくイメージが大事。

・全体的に、「順進行」にかなりこだわって作られている。だからこそ、音が一つ飛んだり、たくさん飛んだりする部分は、もっともっと「飛ぶよ!」と思ってうれしそうに!

・とても美しく短調に変わるけど、実はその前にちょっとした伏線があり、その部分をスルーせずに聞き手にも気配を感じさせるように。(あと、短調の部分を単調に弾くな、と・、おやじギャグもいただきました!爆)

私の個人の演奏についてのダメ出し

「のっべりしているのはどうしてだと思う?」
「う~~~ん、拍感、ですか?」
「わかってるんなら何とかしなさい!!」

ということで、先生は、一つの例として「音価」の話をしてくれました。
たとえば、冒頭、ソプラノが16分音符でテーマを歌う部分、左手は八分音符なのですが、それが、同じ重さに聞こえてしまうから、立体感がないのでは、と。
もう一つの例として、拍感とは、1小節ごとに、強・弱・中強・弱、みたいに刻むことではなく、もっと大きな枠で、おおらかに円を描くように感じるものだということ。バッハのかわいいメヌエットなどを例に実践して教えてくれました。
どこまで行く?そこまで行くのにどう拍を感じる?そういうことを、考えて弾かなきゃ、だめなようです。

それから、テーマが出てきたら、その声部を強調しましょう!というような弾き方はしなくてもいいのでは?と。
まあ、それぞれの登場シーンはスポットを当ててもいいかもだけど、それ以後は、テーマだから前に出る!という考えを捨ててもいいと思う、と。
何を捨て、何を拾うか・・。そのセンスが大事じゃないかと・・・。

あとは、バロックに対する「きっちり弾こう」みたいな考え方を捨ててほしい・・・という話。
バロックは、もっと自由でいいんだよ。バッハは、もっとエモーショナルに弾くものだよ!と。

というわけで、先生はこんなご提案を・・・・

毎日、シンフォニアを弾けばいいんだよ。
たとえば今日は5日だから5番。13日には13番。16日からはまた1番から・・・。
がっつり練習しなくても、軽いエチュードのつもりで・・・。
バッハが私のエチュードとか、かっこいいよね~~~!!ぜひやって!!ですって・・・・笑
ちょっとやってみたくなりました。続く気はしませんけど・・・・

それはさておき・・・・
バッハをレッスンで見ていただいたのは、正解でした。
どの曲を弾く時にも、基本となるたくさんことを思い出させていただく、貴重なレッスンとなりました!!

シャミナードについては、また後程・・・・
[PR]
# by ina-kibi | 2016-05-31 17:23 | ピアノ | Comments(2)

両親

学校の定期試験の1週間前から、部活は活動停止。二女もアルバイトの休みを取ります。
そんなわけで、先週は娘たちが早い時間から家にいて、ちょっとにぎやか!
で、昨日、学校の帰りに二人そろって私の実家に行ったようで・・・
夕方おそくになって「今日は泊まっていくから!合宿する!!」と連絡が入りました。

先ほど、先に帰ってきた二女がいろいろ話を聞かせてくれました。
ばあちゃんと3人でショッピングモールに行って、いろんなものを買ってもらったこと。
そのあと、実家の近くのイタリアンのお店に3人で行っておいしいものをたくさん食べたこと。
朝食はチーズの入った豆腐ハンバーグだったこと。
じいちゃんは、2か月に1度だけ病院に通っているけれど、前回の結果が良くなくて、今回は1か月後に再検査、その結果もよくなければ入院、と言われているから、外食はせず・・・。
「じいちゃん、ちょっと痩せてた!ダイエットしたんじゃない?えらいね~」と二女。
検査にパスできるよう、摂生したのかな?だとしたら、ほんと、えらい!!

いつもは、バイトに疲れていてちょっと不機嫌な二女。
こちらも、様子を見ながら話しかけたり、なかなか難しい人。
だけど、こうやってのんびり過ごせていると、にこにこ笑顔でたくさん話をしてくれる。
そうだよね~~。社会って、疲れるんだもんね~~。
テストのこと、成績のこと、進路のこと。
「二女というのは、長女の後ろ姿を見て、ああはならないぞと学んでいくものだよ!」と教えておきました・笑

そんな長女は、ばあちゃんちから友達と合流し、今もまだどこかでテスト勉強中。
家にいると、誘惑が多くて(マンガとかマンガとかマンガとか・・・・)勉強できないから、のようです。

そうそう、二女が「ばあちゃんとじいちゃんの家は、ほんと、居心地が良くて落ち着くんだよね~」って言ってました。
自分の育った家を、娘にそんな風に言ってもらえるのはすごくうれしいし、両親の存在にも感謝でいっぱい。
いつも娘たちの好きなものをたくさん用意して待っていてくれて、ほしいものを買ってくれて、おいしいものを食べさせてくれて、小言も言わず・・・・。
私も、そんな風に育てられたんだな…・。ありがたいです。

両親をいつか失うことを考えると、もうそれは胸がぎゅーーーっと苦しくなります。
でも最近、いつか娘たちも、私たちの死を想像して、胸が締め付けられる思いを味わうのかと思うと、また更に胸がぎゅーーーーっと苦しくて…。

いつもありがとう。いつまでも、元気でいてほしい!!
いつもその思いでいっぱいです。
[PR]
# by ina-kibi | 2016-05-28 19:54 | | Comments(0)

自分のことは棚に上げて…

人のことって、目につくし、耳につく・・・・

娘が、ノベレッテの練習をしている。
まだまだ、音がきれいに並んでいない、そんな時期。
だけど、それにしても、その弾き方は、はぁ~~~?だよ・・・・

学校から疲れて帰ってきて、日ごろ練習していないから慌てて練習しているわけですが、
それにしても、弾けないなら弾けないなりの練習というのがあるだろう…と

私が一番ダメ!と思ったのが、拍子感。
3拍子だけど、それが音を拾う都合なのか、テクニックの都合なのか、なんなのか、気持ち悪く揺れ動く。
意図していないということはわかります。

部屋からフラッと出てきた娘に
「私も弾けないのにアドバイスとかおこがましいとは思うんですけど・・・・」と丁重に前置きをしてから
「素直な三拍子で弾いてみたら?この先、いろいろ変化していく(レッスン受けていろいろと)かもしれないけど、今の段階では、1,2,3,1,2,3って、きれいに音を並べて弾いたらいいんじゃない?ゆっくり弾けばいいじゃん!(←どの口が言う・・・爆)」

「メトロノームに合わせて弾いてみる!」と言って、娘は部屋に引っ込んでいきました。

自分の口から出た言葉に、自分で驚くんですけど~~~~。
ゆっくり練習は、辛抱が必要。なかなかできるもんじゃない。
でもやっぱり、絶対必要なんだ!わかってる。きっと、みんなわかってるんだ!

バイト娘をバイト先に送り届けて帰宅し、玄関入って聞こえてきたノベレッテは、さっきよりテンポが落ちていて、少し整っていました♪

練習って、難しい。
まさに、自分をコントロールしなければならない。

だけど、きれいな演奏を目指すなら、そこを乗り越えなければ・・・・・
と、自分に言い聞かせているのでした。
娘をレッスンに送って行ったら、練習しようっと!!
[PR]
# by ina-kibi | 2016-05-23 17:25 | Comments(6)

ノベレッテ1番

娘のピアノ、相変わらず細く続いてまして・・・。
2,3週間前から弾いているのが、プーランクのノベレッテ1番です。

先日、ステップで3曲演奏させていただいたのですが、
そのときの選曲は、先生が2曲、娘が1曲。
で、ステージでの演奏を聞いた先生が
「好きで弾いている曲は、聞いていても伝わる!」といってくださって、
「よし!次は弾きたい曲を何でもいいから持っておいで!」という流れに・・・・。
それで、娘が弾き始めたのがこの曲でした。

なんとな~~く聞いたことはあって好印象を持っていた曲ですが、じっくり聞いたこともありませんでした。
そして、今日、譜面台に置きっぱなしになっていた娘の楽譜を見ながら、何の気なしに音を出してみました。
何層もになっていて、初見でスーッとはいきません。
では・・・、メロディーだけを拾って弾いてみよう!
メロディーはいたってシンプル。
古典的な公園の遊具を思い出してしまいました。
シーソー、ブランコ、滑り台。
だけど、それがほんとうに楽しくて楽しくて、いつまでも帰りたくない!!
ずっと公園にいたい!!!
そんなシンプルな組み合わせですが、さまざまな展開もあり、なんだかとてもやさしい音のつながりに、いつしかホロっと涙が・・・・

私は今は取り組み中の曲があって、あれもこれもとはなかなか行かないのですが、すこーしずつこの曲の譜読みも進めてていこうと思いました。
この曲がなにを語ってくるのか、じっくり聞いてみたいです。

やはり、聞いているのと、弾いてみるのとでは、伝わってくるものが違いますね~~

[PR]
# by ina-kibi | 2016-05-21 14:18 | ピアノ | Comments(0)

なぜそんなに急ぐんですか?



たとえば、シャミナードのメロディク。
いくつかに区分けして、それぞれ練習すると、以前より流れよく弾けるようになって来ている、と思っているのですが(それが間違いだったりして!?)、とおして弾くと、ぼろぼろになる、というか、どんどん弾けなくなっていく。
え~~~??なんで~~???ここも、ここも、もうできるようになったじゃん!!!???
で、ふと夕べ、メトロノームとともに弾いてみましたところ・・・・
出だしは、自分でコントロールできるテンポで(ゆっくりということ)入るのですが、あれよあれよとテンポが上がっていくんですね~~~。
知らなかったわ~~~~^^;
それは、弾けませんよ、無理無理。

だけど、どうしてそんなに急ぐんでしょうね??
それには、ちゃんとわけがありました。
いくつも、上昇気流がやってくるんです。
そのたびに、前のめりに突き進んでしまうようです。
つまりは、その部分は、そのテンポで弾きたいってことなんですよね。
ということは、相当練習して、全体をそのテンポで弾ききれるようにしなければ、気持ちよくこの曲を弾くことができないということなんでしょうね・・・。

弾き始めておよそ1ヶ月。
さて、ここから何ヶ月頑張れるかな~~~。
レッスンも受けられそうですし、あきらめずに、じっくり取り組む自分を、久しぶりに見てみたいものです!

[PR]
# by ina-kibi | 2016-05-14 11:03 | ピアノ | Comments(0)

キーマンは誰だ?

ピアノの練習とは、本当に難しいものです・・・
ただ今、3曲を平行して練習しているつもりなのですが、
毎日この3曲をみっちり弾くことは時間的に到底無理で><
昨日はエチュード25-1をゆっくりゆっくり弾いていたら、
ようやく全体的に音の把握ができてきたな~と進歩が感じられました。
そして、メロディクは全体をABACAとすると、Aにあたる部分の練習をしたんですが、
すると今日はBやCが以前より弾けなくなっていて・・・
で、25-1は弾けなかったので、おそらく明日は25-1が後退してるんだろうな・・・と。
ところで、25-2はほぼ暗譜ができたことで、ちょっとした隙間に弾いてみるだけになってしまって、一向に深まらないし。

もぐらたたきゲームみたいです。

だけど、毎日弾けなくても、こうやって平行してあれやこれや弾いていると、きっといつか、ここまで来たか!!という景色が見られるはず!!

明日はメロディクの内声をメロディーの音符といっしょに和音にして練習してみようと思います。
めんどくさいんだけど(おい)、和声の特徴を捉え、どの音をどう出したらその特徴がよく伝わるか、把握しなくては、と思い立ちました。
内声は、ただ小さく弾けばいいだけじゃないはず!
必ずどこかにキーマンが隠れていて、それを探してきらりと光らせることで、曲が生きてくるのでは?という狙いです。
あるところでよいヒントをいただいてきたので、何とか自分で組み立ててみたいと思います♪

それにしても、有り余る時間をピアノに注いでみたいな~~~。

[PR]
# by ina-kibi | 2016-05-11 23:07 | ピアノ | Comments(2)

大型連休終了

途切れ途切れの大きな連休が今日で終わりますね。
友達と会ったり、家族と買い物に出かけたり、実家に行ったり・・・
あとは普通に娘たちのお弁当作ったり、送り迎えしたり・・・
お天気のいい日には大物を洗濯したり、たまには犬の散歩に付き合ったり・・・
そうこうしているうちに、今日になってしまいました。

もっともっとピアノを弾こうと思っていたけど、思っていた3分の1も弾けなかったです。
とは言うものの、毎日ちょこちょこ弾いてはいたので、多少の進歩はあったはず!!
シャミナードの譜読みは、苦手箇所が絞られてきて、今まで適当にごまかしていたようなところに、
ようやくスポットライトが当たるようになってきました。
次の段階は、内声をもっともっと抑えて、メロディーを生き生きと弾くことと、
和声の変化をしっかり感じて、聞いている人にもその変化が伝わるように弾くこと、かな~。
自分だけ「ここ、いいな~~!」って思っていても、表現としては何にもしていなくて、
サーーーーっと通り過ぎてしまいがちなので、もっと味わわなくては!!と思っています。

拍感なのか、リズムなのか、どうも乗り切れていないような気がしてならないわけですが、
まずは自信を持って弾き始められるよう、しっかり曲を理解していかなくては・・・と思っとります。

この曲にかかると、ほかの曲には手が回らず・・・・
たまに、食事の支度をしながら、ショパンのエチュードの音を確認してみるくらいで・・・
昨日は久しぶりにシューマンの森の情景を最初から5曲目くらいまで弾いて見ました。
初めて音を拾うような苦労はなくちょっとほっとしましたが、曲になるには程遠い道のりを感じました><

明日から平常運転。
また、元のリズムに戻って、ぼちぼち弾いていけたらいいな~♪と思います。

[PR]
# by ina-kibi | 2016-05-08 18:34 | ピアノ | Comments(0)

リズムをつかむ

こうやって、連休があると、生活のリズムが狂ってしまい、いつもよりもピアノが弾けない・・・という・・・orz

先の3連休は、初日がステップ(娘)、二日目が友人とお茶、と、一日のなかに何か予定が入ってくると、どうもダメで。
3日目は晴れたので、今度は洗濯に精を出しすぎたし・・・。

一日平日を挟んで仕切りなおしのこの3連休。
二女は毎日バイト、長女は部活が休み。
家にいるであろう長女のここ最近の様子と、受験生であることを考えて、
長女がピアノを弾いている時間と、勉強をしている時間は、
私は掃除など家のことをしよう!
そして、長女が寝ている間、テレビ見たりうだうだしている時間は、
私はピアノを弾こう!
そう決めました!!

おかげさまで、今朝は洗濯と食事だけ済ませて、ピアノ三昧。
午前の部は起きてこなかったので楽勝でした♪

さて、午後の部。どうなることやら・・・?
でもおそらく、今日一日で、私は上手になるでしょう・・・・笑
どんだけ時間取れるんだか・・・、それはそれで恐ろしいかも。
となると、新しい曲が弾きたくなるのが人の常・・・。
でも、あれもこれも中途半端をいっぱい抱えているので、躊躇するなぁ。
ああ、どうしよう~。
悩みつつ、またピアノの前に戻るのでした!幸せ~~!!

[PR]
# by ina-kibi | 2016-05-03 11:06 | ピアノ | Comments(2)

発芽!

娘のピアノには、課題がいっぱいありました。
高校受験を終えて再びレッスンに通い始めたときに、
「高校生になってもピアノを続けるんだから、ベートーベンのソナタをちゃんと勉強しよう!」と先生がおっしゃいました。
課題を与えても、なかなか形ならない娘に、先生のほうがこらえしょうがなくて、
いつの間にか違う曲に変わってる・・・・の繰り返し。
結局、まともに1曲も勉強していないというありさま。

それからこちらは根深い問題なのですが・・・
娘は小さいころから耳で音楽を覚えてしまって、楽譜をあまり見なかったんです。
レッスン中の楽譜には、あちらこちらに先生の目玉のマークがしるされていて
「ここで楽譜を見る!!」と指導されてましたけど、なかなか定着せず・・・
譜読みは大嫌い!!
すぐにyou tubeで音源捜して聞いてしまうので、「you tube 禁止令」も出ました。
いらいらしながら譜読みをする。見ながら弾く習慣はなかなかつかず、
なるべく早く暗譜してしまおうとする・・・。

それでも、飽きっぽい先生がこのことだけはこだわり続けてくれまして。
長い休みには、1冊本を持たせて、「一日○曲ずつ初見!!」と宿題を出してくれたり、
長い曲を、レッスンに行くたびに初見で1,2ページずつ弾かせてくれて、
その曲をレッスン曲にしてくれたり。
そして先日、久々にレッスンについていったときに、先生が隠し持っている楽譜を出してきて見せてくれました。
それは、三善晃の「音の栞」という楽譜で、何冊かありました。
その曲集に載っている曲を、初見ですーっと弾ける、というのが先生の、娘に対する目標なんだそうです。
今はまだ使えないから、大事にしまってあるのよ、と・・・。

昨日の夜、バッハの曲集を譜面台に載せ、3声のフーガを2曲弾いてみたんだそうです。
そうしたら、以前みたいなものすごい苦労は感じなかったようで、「意外と弾ける!!」って喜んでました。
ようやく、高3の春にして、発芽しましたか!?
まだまだ小さな小さな芽ですけれど・・・・笑
先生のおかげですね~。これからも、丁寧にこの芽を育てていかなくては、ですね。

[PR]
# by ina-kibi | 2016-05-01 17:08 | ピアノ | Comments(2)

音楽に、感謝

友達の、合唱の演奏会があり、行ってきました!

65歳まで仕事を続け、去年引退し、さっそく入団したようです。
彼女は、私が新卒で勤めた会社の先輩だったのですが、部署が違って、一度もいっしょに働いたことはないんです。
毎日電話でのやり取りはありましたが、顔も知らず・・・・
入社1年目の忘年会でじっくり話をして、歳の差もぶっ飛んで意気投合し、
「うちに泊まっていきなよ!」と強引に自宅に連れ帰り(私、当時実家に住んでました、はい)
家族に紹介し、そのまま部屋に連れ込んで一晩語り明かしました・笑

そこから私たちは、時には太く、時には細く、長~~い付き合いをしてきました。
そんな彼女の晴れ舞台。行かないわけには行きません!!

彼女の住んでいるところは、車で2時間ほど離れた海沿いの町。
演奏会のあと、ゆっくり話ができるわけでもないようなので(片づけやら打ち上げやらありますし)
今回は、母を誘って行くことにしました。
母は「いいね~いいね~」と即OK !

途中、道の駅に寄りたいというので、早めに家を出て、あちらこちら寄りながら現地入り。
会場である公民館の駐車場についたのは、開演1時間以上前でしたが、すでに駐車場はびっちりでした。

演奏会は、とてもよかったです!
友達は足が丈夫じゃないので、いすに座っての参加でした。
ほかにも、いすに座っている団員の方がいらっしゃいました。
女性17人くらいでしたかね?皆さん「シニア」のようです。
とてもやわらかくて温かい歌声でした。

ピアノには歌詞がついていないけれど、合唱には歌詞があって、音楽のほかに言葉が訴えかけてくるのですね・・・。
当たり前のことですが、そのことを再認識いたしました。
人として、女性として、少し先をずっと歩いてきた彼女たちの奏でる歌声、歌詞を通して伝わってくるものが、ものすごくありました。
もう、泣いちゃいそうでした><
日本語って、日本の歌って、いいな~って思いました。

そして、もうひとつ楽しみにしていたのが、合唱の合間に設けられた「ピアノコーナー」です!
この合唱団の伴奏者は、どうやらピアニストさんらしく・・・。
伴奏の演奏を聴いていても、本当に美しいし、歌を引き立てるのもおちろんお上手だし、音楽全体をうまく調和させていて、お見事だな~~と心の中で絶賛しておりました。
が、ピアノコーナーではソロで2曲演奏され、大感激!!
スクリャービンの前奏曲第1番と、リストの愛の夢第3番でした。
スクリャービンの前奏曲は1曲しか音出したことがないのですが、大好きな曲集だったので、これまた感激!!!
1番、よかったです~~~。時間があれば、今すぐにでも譜読みをしたいほど、気に入ってしまいました。
愛の夢も、もちろん素晴らしかったです!
「この曲はもともとは歌曲で・・・・」と、トークでも語られていて、「歌っているように聞こえたら幸いです」といってから弾き始められたのですが、もう、まさにまさに、ピアノが歌ってましたね~。

そんなこんなで、来年も、ピアノコーナー含め、今から楽しみでなりません!!

演奏会終了後、お見送りに出てきた友人と対面!
そのとき友人と母が「お久しぶりです~~~」と挨拶しているのがおかしくておかしくて・・・笑
二人が会ったのは、あのお泊りの夜1回きりで、それも、ほんの数秒の挨拶のみですからね。
しかも四半世紀以上前・爆
「わざわざこんな遠くまで、ありがとうございました」と友達。
「おかげさまで、娘と楽しいドライブもできましたし、歌もとっても楽しかったです!!ありがとう!!」と母
「来年もまた、母と二人で来るね!」と私。
「生きていたらね」と母・・・笑
そして、紙袋にいっぱいのお土産を、友達から受け取りました。
中華おこわ、胡桃とレーズンの入ったパン、煮豆、あんこ、全部手作り!!
私が友達に渡したお土産はなんと偶然にも「各種豆」でした・笑
「材料です!」と渡しました・笑
演奏会のことで、頭の中も気持ちもいっぱいいっぱいだったと思うのですが、こんなにいろんなものを用意してくれていたことに、号泣してしまいそうになるほど、愛情を感じました。

友人の存在に感謝。
いろんなメッセージ届けてくれた合唱団とピアニストさんに感謝。
いっしょに行ってくれた母に感謝。
そして、音楽に感謝。

そんな素晴らしい、春の一日でした。


[PR]
# by ina-kibi | 2016-04-27 19:06 | その他 | Comments(0)

胸焼け

二女が、美容に目覚め(笑)、最近、アーモンドドリンクにハマッています。
数日前、1Lの紙パックのものを自腹で購入してきて、「飲んでもいいよ!」と言ってくれたので飲んでみたら、ううっ、私は苦手な味でした。
二女も「これはおいしくない!小さいパックのはおいしかったのに~」と、その大きいパックのドリンクは一向に減らず・・・
で、二女はまた、小さなパックをいくつか買ってきて、「これ飲んでみな、おいしいから~」と勧めるので、またまた素直に飲んでみたらおいしい!これなら少しは飲める!!
そこでやめておけばいいものを、「飲み比べて何が違うか考えてみよう!」なんて思いついちゃって、冷蔵庫に眠っていたドリンクを出してきて、ゴクリ・・・。
うううっ、脂っこい~~、しかも、おいしくない~~~><

というわけで、ただ今胸焼け真っ最中。

「この大きいほう、どうする?もったいないけど、捨てようか?犬は飲むかな~?アーモンドは犬の体にいいのかな~」と私がつぶやくと、二女は迷わず「○○○がきっと全部飲むよ!」と、姉の名前を挙げておりました。お気の毒さま・・・

[PR]
# by ina-kibi | 2016-04-23 17:28 | その他 | Comments(0)

寒い寒い土曜日

昨日はとても暖かくて春らしい一日だったのに、今日はうって変わって気温も低く、霧雨まで降っている・・・

そんな中、娘たちをそれぞれの場所へ送迎し、つい今しがた、飼い犬を予防接種に連れて行ってきました!
めて予防接種に連れて行ったとき、夫が一人で連れて行ったのですが、力の限り抵抗して、終いには首輪から頭を抜いて逃亡><
犬はまっすぐ自宅に帰ってきたらしく、玄関でお座りをして待っていました。
帰宅した夫にとっ捕まえられて、再び予防接種へ・・・・
そんなことから、翌年からは首輪のほかに胴輪もして、両方にリードをつなぎ、付添い人も二人体制に!!
今日も夫と二人で行ってきました。
無事終了~。よかったよかった!

明日はいよいよ友人の合唱の発表会です。
終わった後も、片づけやら打ち上げやらで、友人とゆっくり話ができるわけでもないので、今回は母を誘ってみました。
よろこんで「いくいく!!」と・笑
2時間ほどのドライブになります。途中、道の駅に寄って花の苗を買ったり、おいしいお蕎麦屋さんに寄って評判のゴボウ天そばを食べる予定!!温泉に入るのもいいな~~。
でも日曜日だから、疲れを残さない程度にしないと・・・。
今日はその分、のんびり過ごそう!
[PR]
# by ina-kibi | 2016-04-23 10:25 | その他 | Comments(0)

日曜日のピアノ

さて、日曜日です。
お天気はいまひとつぱっとせず。
夕べは犬を玄関に入れたので今朝は私もぐっすり眠れました。
娘のお弁当こしらえて、長女を部活へ送り、二女をバイトに送り、
誰もいないリビングを掃除して、台所を片付けて、ちょっと遅い自分の朝食。

すると、電話が鳴りました。
高校時代の同級生で、今も仲良しで割りと近所に住んでいる友人です。
「突然なんだけど、今日午後から時間ある?お茶しよう!!」と・・・
「うん!いいよ~!」というわけで、午後からは久しぶりに友人と会ってきます。

今日は一日のんびりとピアノを弾こうと思っていたけど、午前中のみになりました。

昨日は朝だけで、そのあとは珍しくピアノを弾く気になれず・・・
そのまま寝ようかと思ったんですが、ちょっと・・・と思って触ったら、そこからけっこう長いこと練習しました!
エチュード25-2の暗譜に取り組んでいます。
これはもう、始まったら最後まで、ぎゅーーーーっと集中して、迷わず弾きたいので、暗譜しかないな・・・と。
大体音は覚えているのですが、テンポによって上手くいったりいかなかったりです。
ゆっくりなら弾ける、ってことではないんだな・・・と。もちろん、速すぎても弾けないんですけど・苦笑
相変わらず3-4-5の連携がへたくそで、きれいなレガートにはなかなかならないのですが、もう少し弾こうと思います。

なので今日は、シャミナードのメロディクという曲の譜読みから始めました。
最初弾いたときは、ところどころたての響きに「本当にこれだけでいいのかい?」の連続でした。
和音に、何か大事な音が抜けているような、そんな感じがしたんです。
エチュードの25-1も平行して音拾い中なので、きっと、その影響もあるかと・・・
とにかく25-1の和声は美しいし、かゆいところに手が届きまくっているので。

ですが、ようやく、止まりながらも最後まで通して弾けるようになってきたという段階で、
初めて、作曲者と会話をしているような気持ちが芽生えてきました。
和声のうつり変わりの瞬間に、ふっと涙が出そうになったり、切なくなったり、
最初の調に戻ったときに我が家に帰ってきたみたいにほっとしたり・・・
「こういうことだったの?」「うんうん、わかるわかる」
ようやくそういうことを感じながら音を並べられるようになってきました。
譜読みの醍醐味のひとつです。

シャミナードの曲は、以前、森の精と水の精をかじったことがありますが、
思うに、これらの曲はくたびれはてた私には向いていなかったのかもしれません。
(それ以前に、テクニック不足というのはもちろんありますけれど・・・^^;)
今弾いている曲は、心情にも体力にも、合っているような気がしております。
長い曲だけど(私にとって8ページはありえない長さ!)、投げ出さずに練習したいなと思います。
シューマンを待たせているので、なるべく早く弾けるようになりたいものです。



[PR]
# by ina-kibi | 2016-04-17 11:09 | ピアノ | Comments(0)

地を耕し、種をまき、水をやり

最近、ってもう、かなりしばらく、日々の暮らしに「魂」がないというかなんというか・・・・

子供たちがどんどん大きくなってきて、それぞれのペースで生活するようになりました。
寝るのも、私よりずっと遅かったり、帰ってくるのも私よりずっと遅かったり・・・
夕食を外で済ませてくることも増えました。
以前は親として干渉していたことにも、だんだん干渉しないように(意図的に)なってきました。

巣立つまで、本当に、あと数年です。
私は、その、心の準備(自分の)、娘たちの準備(生活を教えるということ)を、すっかり怠っているのです。
これは、なんなんだろう?現実逃避??怠慢??

このような、毎日やっつけみたいな日々をいつから送っているのだろう。
いつもそんな私が逃げ込むのは、ピアノの前か布団の中。
そう、自分はピアノを弾いていたら幸せだし、眠っていたら幸せなんです。
実際音楽のことを考えているときはいろいろなことを忘れられる。
ああ、でも眠っていても、夢の中に心配していることが出てくることはありますね・・・

仕事が変わり、あと3ヶ月ほどで1年を迎えます。
楽しくなんて無い。これまた、やっつけです。
長年やってきている人たちのやり方を踏襲し、職場の雰囲気にひたすら溶け込むこと。
これ無駄では?と思うこと、たくさんあります。
それから、これでいいの?と思うこともあります。
が、なにも言いません。そう決めています。

前の仕事は体力が足りなくてやめるしかなかったのですが、デスクワークになったら体は楽になりました。
そして、衰えていくスピードも緩やかになるかと思っていたのですが、それはそうでもなく、順調に衰えていて・・・
結局、ずっとそのことを心配しながら、これまた、今の仕事はいつまで続けられるんだろう、いつまで続けてていいんだろう、と、無意識のうちにいつも頭のどこかで考えている・・・
保育園に通いながら、毎日毎日何年も頭の中にあったこと。
それが、また現れている。

やりすごす、とにかく、「今日」をやりすごす・・・・
その繰り返しで、また今日がやってくる。

最近、朝5時半に、「ワン」と私を呼ぶ(ご飯要求)習慣になってしまった愛犬。
でも夜は玄関に入れて寝かせると、朝は家族が起きるまでおとなしく寝てるんです。
夕べは職場の歓迎会でお父さんの帰りが遅かったため、玄関に入れるタイミングを逃してしまったら、今朝はなんと4時に「わん!」と・・・・
慌てて外に出たんですが・・・
そして今夜こそ玄関に、と連れに行ったら、小屋に入って出てこないんです><
わかるんでしょうかね~。玄関より、自分の小屋で眠りたいのでしょうか~?
かわいいかわいいこの犬とも、もっとじっくり向き合って、お互いよりよい共生の仕方を探っていきたい・・・

どうやって暮らしていても、月日は同じ速度で経過していきます。
生活をしっかり見つめ、耕して、種をまいて、水をやって、育てていかなければ・・・と思う今日この頃。
母親として、主婦として。

今日、用事があって実家に寄ったとき、両親と「よく今まで災害や事故に巻き込まれることも無く、家族みんな平穏に暮らしてこれたよね、幸運だよね。」という話をしました。
感謝して、大切に生きていかなくては・・・・。

たまには心の底の暗闇をアウトプットするのも大事です。

ピアノを弾いたり、音楽のことを考えることは、今の自分が唯一無防備で正直でいられる瞬間かもしれません。
これまた、感謝して向き合っていきたいです。

[PR]
# by ina-kibi | 2016-04-16 21:52 | 弱音 | Comments(2)

こんな4月は久しぶり

5月と名のつく曲を、いつか5月に弾きたいと思うようになり、
何年も弾けずに5月を見送ってきました。
今年こそ!!と、4月に入ってから準備を始めました。
今年は実現しそうなんです。

どうしてこんなに先延ばしになってきてしまったんだろう・・・?
と、ふと考えてみたんですが、
私は、自分が去年まで保育士をしていたということをすっかり忘れていました。
忘れるんだ・・・、そのことにびっくり@@

そうです、保育園の4月はそれはもうえらいこっちゃのてんてこ舞いなんです。
衰えていく体に鞭打って、日々疲労困憊。
ニューフェイスたちが少しずつ新しい環境に慣れてきたところで、
ゴールデンウィーク突入。
そして連休明けにはまた4月当初に逆戻り・・・・。

そうか、そうか、だから私は何年も何年も、
5月に5月の曲を弾けずにいたんだ!!
今年の自分が特別頑張ったわけじゃないんだ~~(笑)。

それでも、長年の目標が叶いそうで幸先がいいので、
今年はもうひとつの夢である、冬に雪と名のつく曲を弾くことも叶えたいと思います!!
こちらは、なかなか入り組んだ曲なので、早めに着手しなくては・・・。

再来週は、長年の友達の合唱デビューのステージを見に行く予定です。
「音楽が大好きで地元の合唱団に入ったけど、いろいろと大変で凹むことも多い。」と彼女は言ってました。
「音を大事に歌うから、聞きに来て!」と、チケットを送ってくれました。
合唱のプログラムの合間に?「ピアノ演奏」というコーナーがあるようです。
伴奏者の独奏でしょうか?ピアノコーナーもとても楽しみです!!

今朝はお天気がとてもよくて、洗濯物を外に干しました!
そのとたん、曇り空になりました。
今も太陽は雲の中で、膝元がスースーするので毛布をかけて、ピアノを弾いてました。
今日は、ショパンのエチュード2曲を練習しました。
午後からもまた、ピアノの前で楽しみたいと思います♪
冬の曲を今から仕込んでおこうかな~(笑)


[PR]
# by ina-kibi | 2016-04-10 12:48 | ピアノ | Comments(4)

ピアノナイト

夕べは、平日、しかもまだ月曜日だというのに、すっかりピアノにはまり、気がつくと午前1時半でした。
こんなことは最近では珍しいです。
夜は10時を回ると眠くなるので。

実はこの週末は、あまりピアノを弾きませんでした。
家で、ただひたすら、だらだらしていたのです。
その反動が来たのでしょうかね?
楽譜を作って、ようやく弾きたい曲の練習ができる!!というのもありました。
あの曲は、弾くととまらなくなる、もう1回、もう1回、とエンドレスに弾いてしまうんです。
それから、それとは対照的な(というとどうなんだろう?)アヴェ・マリアも何度も弾いてみました。
こちらは、弾く度に魂が磨り減るような疲労感と、「思うようにいかない」というストレスが・・・。
なので、この2曲を通して弾くと、とてもバランスがいいと思い、そのセットで何度も。
指さばきの練習、ということで、ショパンの25-2も、ゆっくり、カチカチと型に音をはめていくような感覚で練習。
この曲は、音が並び終わるかどうかという時期が、一番よく弾けていたように思います。
呼吸というか間というかなんというか、流れというか、ふくらみというか、そういうのが当初のほうがずっとよかった。
今は、とても無表情に聞こえてしまうし、それを何とかしようとすると気持ちの悪い演奏になってしまう。
でもこれって実は、最初のころは自分の至らなさが耳に届かず、「なかなかいい!」って思っていたのかも。
だんだん耳が厳しくなってきて、「こんなんじゃダメだ!」と、もっと要求をし始めたのかも。
と思ったり・・・・。実際はどうなんだろう?もう少し鍛錬してから、ビフォー・アフターを比べてみたいと思います。
いずれにしても難しいですね。自分をコントロールするっていうのは。

そういう意味では、今ノリノリで練習している「5月の夢の歌」も、実は今が一番気持ちよく弾ける時期かもです。
練習を重ねて、確実になっていく力もあれば、時の経過とともに減っていくものもあるのかな。
ワクワクする気持ちとか、喜びとか、そういうことなのかな?

ピアノのコンディションというのも影響します。
偶然、今のピアノを買った直後の録音を最近聞いたのですが、音が実に美しくて、ひどい演奏なんだけど音そのものに聞き入ってしまうほど澄んだ音。
夕べのピアノはあの時とはまた違った音なのですが、とても柔らかくてやさしい音で、ずっと聞いていたい(弾いていたい)と思ってしまった。

ピアノを買って、もうすぐ丸8年です。
娘の一人が未だにピアノを弾いていることなど想像もしていなかったけど、弾く人が一人でも多いほうがピアノも喜んでいるかもしれない!
自分は、買った当時は「あと何年ピアノの前に座って楽しめるかな~」と思っていたけど、8年後の今も変わりなく、ピアノの音に癒されているというのは、本当に幸せです。

高2まで習っていたけど、謙遜でもなんでもなく、当時も決して上手いとはいえなかった。
同じ教室の小学生たちのほうがずっと表現力もテクニックもありました。
ピアノは好きだったけど、音楽は好きだったけど、自分の弾くピアノ、自分の作る音楽は、好きじゃなかった。

いつからだろう。
自分の音楽が嫌いじゃなくなりました。
そんなに前のことじゃないから、ここ数年の変化です。
高2の最後の発表会の演奏の録音が、カセットテープで残っています・笑
聞いてみると、今の自分とほんとに変わらないんです、笑えるほど。
ちょっとせっかちで、つたなくて。
それなのに、今の自分の音楽は受け入れられるようになったというのは、心の成長かな、と思います・笑

そんなことを、うだうだ考えながら深夜までピアノを弾いていた夕べは、本当に楽しかった。
おおげさだけど、「生きてる!!」って思いました。

今夜は早めに寝ないと、1週間体が持ちません・・・笑


[PR]
# by ina-kibi | 2016-04-05 18:25 | ピアノ | Comments(0)

楽譜を作る

先週の木曜日、仕事を終えて自宅に戻り、慌てて楽器店に電話をし、ある楽譜の在庫を確認してもらいました。
あれば、すぐにでも買いに行く勢いでしたが、残念ながら取り寄せになるとのこと。
ネットで注文しても、2,3日はかかるから、週末には弾けないんだな・・・と。
それに、この楽譜、けっこういいお値段なんですよ。
そこで、音のとりやすそうな曲だったので、自分で楽譜を作ってみよう!と思い立ちました。
そうは思ったものの、週も後半で、特に先週は職場の同僚が2日間お休みし、先輩もそのうち1日お休みし、なかなかボリュームのある日々だったので、すぐに取り掛かる元気もなくて。
一応、長女に助けを求めたものの、同じくすぐに取り掛かる風でもなく・・・。
時が流れ、昨日の午後。
長女が1ページ分の楽譜を書いてくれたので、残りのメロディーを自分で書き込んで、また放置。
今日の午後、残りの伴奏部分を、長女に音を拾ってもらって楽譜に書き込んでもらい、
夜になり、その、長女が書いた楽譜を、自分で読みやすいように清書し、何とか完成!!
いそいそとピアノの譜面台に置いて通して弾いてみることにしました。
すると、とても残念なことに、途中1小節飛んでいることを発見><
これは、清書の際に自分が飛ばしてしまったんですね~。
でもまあ、なんとなく想像がつく部分ではあるので、そこは流れで弾くことに。

お金を出して買った楽譜は、見やすくて、譜読みも進むけど、自分で書いた楽譜はものすごく読みにくいし、半音ずれていたり、線の上なのか間なのか分かりにくかったり、ほんとに読むだけでも困難が多いです。
だけど、確かに、弾きたいと思ったあの曲の音が、ゆっくりだけどつながっていくのが、いつも以上に感動だったりもします。

一度通してみて、音源を聞いて確認しておかなければいけないなと思った箇所や、単なる書き違いや、いろいろ見つけてしまったので、弾きながらチビチビ修正して行こうと思っています。

そんなわけで、明日からぼちぼち練習したいと思います!
吉松 隆作曲 「春 5月の夢の歌」
結局、ネットで買ったほうが早かったというオチですね・・・笑







[PR]
# by ina-kibi | 2016-04-03 23:13 | ピアノ | Comments(0)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る