大人になるということ

今日は娘のピアノ教室の発表会のリハーサルでした。
本番はちょうど1か月後で、今日が1回目でソロ、再来週が2回目でアンサンブル、と、2度のリハーサルが用意されています。

グループで区切って行い、高校生女子3人と中3の男子1人で1時間でした。
いろいろあって4人全部の演奏は聞けませんでした。
娘の演奏も、ソロは後半少し聞けただけ。
デュオは譜めくりを頼まれていたので間近でみましたが、二人とも全然思うように弾けなていなくて気の毒なほどでした。
いつも何気なくできていることができなくて焦った~~~、と娘。
ソロはまあ、もともとできていないからこんなもんだと思ったようですが、
デュオは本番に向けて不安な気持ちになったようです。

で、先生が「あなたたち、自分と先生以外の人がいるだけで、全然思うように弾けなくなっちゃったでしょ?そうなのよ~~。現実とはそういうものなの。だから本番でほしい完成度の何倍ものものを練習で作っていくしかないのよ。さあ、今日からマキでがんばるよ!!」と・・・・

娘が「緊張してないんだけど、全然指が思い通りに動かなかった…」というと先生がすかさず「あなた、それが緊張してるっていう状態なのよ・怒」と・・・・

本当に、その通りなのでしょうね~。
小さい頃(小学生くらいまで?)は、家ではだらだらさえない演奏をしていても、
人前で弾く時にはなんだかいつもよりとっても上手に弾いていたような・・・・笑
それが、今では、家でそこそこ弾けていても、人前では気持ちよく通すこともできなくなってしまう。
ああ、これが成長ということなのでしょうね。
この緊張とどう付き合っていくか、これはもう一生の課題かもしれません。
ついに大人になっちゃったのね~~~、なんだかさみしいかもです・・・涙
[PR]
# by ina-kibi | 2015-11-14 15:05 | ピアノ | Comments(4)

国際コンクール

結局、子どもたちの勉強部屋という名の物置部屋を片付けていたらお昼になってしまいました・・・・涙
洗濯物を取り込んで、アイロンがけをして、二女をバイトに送って行ったら力尽きて昼寝してしまい、起きたら暗くなってた~~~~・爆

お湯を沸かして紅茶を入れて、一人リビングでyou tubeで、先日の某国際コンクールの2次予選のお気に入りの演奏を探して、何週間ぶりに聞いているところです。

このコンクール、今回初めてじっくり見たのですが、すごいな~と思ったのが、最終審査後に、すべての審査結果が公開されているところ!!
一次予選からすべてです。

しかし、理想とされる型がはっきりと決まっているわけではないものを比較し評価して、その結果を競うというのは、なかなか難しいですよね~。
ファイナリストの中のお一人が
「ショパンの解釈は何通りもある。だからコンクールではなく、フェスティバルかフォーラムのように、世界中からピアニストが集まり、それぞれ違うショパンの捉え方や解釈を持ち寄り、発表しあう場だと感じています」とコメントし多様ですが、その考えはとても素晴らしいと思いました!!

私が好きだな~と思った演奏は、自然で、きれいで、やや個性の主張が少ない演奏のように思います。
ひそかに応援していたピアニストさんは、3次予選にはすすめませんでしたが、今でも繰り返し聞いています。
入賞した方たちの演奏も、それぞれ本当に素晴らしくて、大事に聞いていきたいです!!
[PR]
# by ina-kibi | 2015-11-03 17:46 | ピアノ | Comments(0)

久々の、活力

な~~んか、パッとしない日々が続いてました。
それも、かなり長いこと。
どこか具合悪いわけではないのですが・・・・

日曜日は珍しく二女のバイトも2時に終わり、長女の部活もお昼過ぎに終わり、わがまま二女が「買い物に行きたい!」と言い出して、ものすごく家にいたかったのに家族で出かけまして。
家に帰ってきたのは9時過ぎでした。
京火曜日が祭日だから、と自分に言い聞かせ励まして・・・。

月曜日は何とか生き抜いて(笑)、翌日休みということで娘たちと溜まっていたドラマを見ることに・・・。
産科を舞台にした某ドラマを続けて3話。
それから、キスマイさんたちのバラエティー見て、村上くんとマツコさんのバラエティー見て。
小樽水族館のペンギンショー、最高でした、笑った笑った~~・爆

で、本日。
朝から気持のいい秋晴れで、外も家のなかもぽかぽかと温かくて気持ちがいい!!
本日の家族の動向は、長女が市の吹奏楽祭参加のため朝から部活へ。
二女は午後から4時間だけバイト。
なので、私はいつも通り早起きし、長女のお弁当をこしらえ、送りだして、久々に意欲的に家事に取り掛かり、洗濯物を外に干して、これまた久しぶりに気分爽快!!!

これから何しようかな~~~、と一息ついている今の時刻はまだ10時半前♪
[PR]
# by ina-kibi | 2015-11-03 10:19 | その他 | Comments(0)

十匹十色

我が家の犬は、生後2か月くらいの時に、保健所に保護されて飼い主募集のHPに掲載されていた犬です。
兄弟が何匹もいたのですが、なんとなんと、最後まで保健所に残っていたのが我が家の犬です・爆

その、地元の保健所のHPを今でもたまに覗いて見るのですが、ちょっと気になる犬が出ていて、でもHPから消えたので誰かに引き取ってもらえたんだな~と思っていたら、また掲載されてまして・・・・
写真の横には、下記のような説明が・・・・



『保健所から譲渡した犬でしたが、かみ癖が手に負えないという理由で、1ヶ月ほどで出戻ってきました。
 普段の様子は陽気そのもので、散歩したり、人の膝の上で甘えるのが大好きです。
 しかし、注射、トリミングなど、保定される時に態度が豹変することがあります。また、小さな子供を見ると態度が変わるとのことでした。
 人におびえる様子は無く、物怖じしない性格が人に対する強気な態度につながっているようです。
 改めて新しい飼い主を募集しますが、この犬の癖を十分に理解の上、根気強くしつけをできる方、なおかつ、手に余す場合にはプロのトレーナーに依頼してでも飼育を継続するとお約束いただける方に限り、お譲りしたいと思っています。』


というわけです。
我が家の犬は、日本犬の血が濃いようで、どうも家族以外にはなつかず・・・・
まあ、その家族に対しても譲れない部分があるようで、付き合い方が難しいんです。
上手くしつけられなかった私たちにも問題があるわけですしね。
問題犬でも、私たち家族にとってはめちゃくちゃかわいいし、たくさんの癒しをもらっています。
家族の中で一番犬に興味のない二女が、たま~に
「普通の犬だったらよかったのに…」とつぶやくことはありますが、そのほかの家族は、まあ、ありのままの愛犬をほぼ受け入れております。

思うようにはいきませんね。
相手だって命です。
お金をかけて、プロのトレーナーにしつけてもらうというのも手だし、危険のないようにうまく付き合うのも一つの方法だと思っています。

こういう犬(今回の出戻り犬)の存在を知るたびに、「ああ、うちの犬だけじゃないんだな!」と、ほっとするというかなんとくか、そんな気持ちになるんですよね~。
よい出会いがありますようにと願うばかりです。
[PR]
# by ina-kibi | 2015-11-02 18:23 | その他 | Comments(0)

頭のなかはピアノでいっぱい

なんだか、なかなか生活リズムがつかめないまま、秋も深まってまいりました・・・涙
こちらは朝晩暖房が欠かせなくなりまして、外出時にはそろそろ冬物のコートを着てもよいかも・・・です。

生活リズム・・・・
7月までは、午前中が割と自由に使えましたので、
朝のうちにぱぱーーーっと日々の家事を終わらせて、
さらにどこかワンポイントで突っ込んだ掃除をしたり、
お菓子をこしらえたり・・・・・
ピアノを弾こうと思えばけっこうたっぷり弾けたんですよね、今思うと贅沢な日々でした。

今も、以前と比べ、仕事にとられる時間に大差はないのですが、
朝は良くて30分程度しか余分な時間がないので落ち着かないし、
帰ってきてからは目が疲れていてなかなかすぐにピアノに向かおうとは思えず・・・・
この目の疲れは、某国際コンクール期間にかなり動画を見ていたのでさらに蓄積された模様で・・・汗

そんなこんなで最近は、あまりまとまった時間ピアノに向かうことがなくて、不完全燃焼気味です。

そのコンクールで、来る日も来る日もショパンの曲を繰り返しいろんな方の演奏で聞いたせいで、仕事をしていてもふとメロディーが頭の中で流れるんですよね~・笑
で、ああいい曲だな~ってしみじみ感じ入るという。

なんだろう・・・、今回のコンクール観戦(?)で、ショパンに関するなつかしい感覚をいろいろ思い出して、そのうえで、ああショパン弾きたいな~!っていう思いも湧いてきて、最近着手したのがワルツ4番です。
子猫のワルツって呼ばれているのかしら?4ページのコンパクトな曲で、この曲を初めて生で聞いた時の演奏がものすごく素敵で、「これは聞く曲、自分が弾く曲ではない」と思い込んでいたのですが、今回、なにを思ったか楽譜を引っ張り出してきて弾いてみたら楽しくて楽しくて、毎日ホントに数回ずつですが、弾いています!!

懐かしい感覚の一つが、ワルツの左手のバスの音。
このバスの音をズンっと入れるときの感覚が、大好きでした。
そしてそこから高い音に飛んで行って軽くちゃっちゃと和音を乗せて・・・・
この左手の感覚。あ~~~、なつかしい~~~~><
バスだけで、萌え萌えです^^

娘が「お母さんショパンのワルツ弾いてるんだね~」なんて珍しく反応してきたので、言ってやりましたよ!
「このワルツは音を並べるだけならすぐできるよ、気持ちの良いテンポでキレに弾けるようには一生なれないと思うけどね~」と・・・・笑

さて、着手したのはたまたまワルツでしたが、今回、頭の中をぐるぐるする頻度の一番高い曲が、「幻想曲」なんですよ~。
この曲は楽譜持ってないだろうと思ってたんですが、なんと、持ってたんですね~~、自分でもびっくりでした。
学生時代にノクターンを何曲かレッスンしてもらったのですが、その楽譜の一番最初がこの幻想曲でした。
楽譜を買ってから30年以上たって、初めてそのページを開きました。
最初の方を弾いてみたら、ゆっくりなので弾けるんです(もちろんど下手ですけど)。
なんだろう、この、ど下手なのに感動してしまう感じ・・・。
これまた、ああ、こんな思いを何度してきただろう・・・・って、懐かしい感じなんです。
懐かしいんだけど、今生まれる感動でもあり、何とも複雑なのです。でも、ああ、この感じーーー。
なんでしょう、「ありがとう!!」という感じ・・・・笑

そんなこんなで、あんまり弾いてないのですが、頭の中はいつもピアノでいっぱいなのでした!!
[PR]
# by ina-kibi | 2015-10-28 17:26 | ピアノ | Comments(0)

視覚からの情報

最近、目の調子が良くないのです。
おそらく、仕事でPCを使ったり、細かい字の書類を作ったり、というのが、年齢的に・・・ね(汗)。

それとは全く別の話で、これまた仕事で、パスワードをいくつか覚えなければいけないのですが、
「まずはひとつ覚えてください」と言われ、「これはどこかに記録しておかれては困るので・・・」というのです。
セキュリィーの問題でしょうけど・・・
記録したものは金庫に保管してあって、普段は出し入れしない・・・・と。
で、毎回先輩がゆっくり入力してくれるのを見て覚えなきゃいけない。
アルファベット3字と数字12ケタの組み合わせなんですが、どうも途中からわかんなくなっちゃう><
そんな折、先輩が急用で遅刻されることになり、初めて金庫で保管してある紙を出してきて見たんです!
並んだ状態のパスワードを見たのは初めて
それ以来、覚えてしまったんです~~~!!

そしてこれもまた別のお話・・・・
最近、時間があるととある国際コンクールの動画を見ているんですが・・・・
ピアノの動画も、目から入ってくる情報がけっこうたくさんあるんですよね~
まず「男」か「女」か。
次に髪型とか、風貌とかも。
でもって、一番大きな影響を受けるのが、動きや表情なんですよね~
私は、顔の表情が激しいのはちょっと苦手なんですよね。
でも、見ながら聞いていると、その表情が音に反映しているように無意識に思っちゃったりしてることもあり・・・
ここ2日ばかりは、動画の画面を見ないで、音だけ流すようにしているのですが、そうしたら音がストレートに耳に入ってくるようになりました。

おそらく自分は、目から入ってくる情報が優先されてしまうタイプなんだろうな~と思いました。

そこで、今日のピアノの練習は、なるべく楽譜を見ないで、できれば手元を見て・・・・
もっとできれば、時々目を閉じたりして弾いてみました。
もともとまだまだ弾けていな曲だから当たり前なのですが、よくないところがちゃんと耳で判断できますね~
これからは、音楽を楽しむときには(聞く時も、演奏するときも!)目には少し休んでもらって、耳に頑張ってもらいます!!
[PR]
# by ina-kibi | 2015-10-17 15:15 | ピアノ | Comments(2)

そりゃ~怒られますよ・・・

相変わらず何かと忙しい長女です。
修学旅行目前で、気持ちもそわそわ~。
教室の先輩の演奏会が2度あって、それを見て初めて「ベトソナがこんなに美しいのか!」と語っていたのもつかのま・・・
演奏会終了1時間後が自分のレッスンで、きっと指の不自由さ、表現力のなさを実感したことと思います。
それは私も同じこと・・・・大汗
それからさらに2日後、今度はデュオのレッスン。
迎えに行ったら、車に乗り込んできた二人が「先生に怒られた~~~」と・・・・
「セカンドは側だけしか弾けてないじゃないの。内声適当すぎる!ちゃんとやってちょうだい!!」
「プリモは四分音符と八分音符すらちゃんと弾けてない!!」と・・・・・orz

先生、その演奏会1日目にお会いした時には声がらがらで熱もあったとか・・・
娘のレッスンの時には「熱は下がったけど、声はガラガラだった」と娘が言ってました。
そして、昨日もレッスンでもやはり声はガラガラだったとのことなので、
体調がすぐれない中、あまりにできの悪い生徒を休ませるわけにもいかず
無理してレッスンをしてくださっているのでしょう、ありがたやありがたや・・・・
それなのに、いつまでたってもビシッとやってこないもんだから、
そりゃー雷も落ちますってば!!

「土曜日(修学旅行出発前日)も一回おいで!できてなかったら、レッスンしないからね!!」と言われたようです・・・
明日は娘のソロ(こちらもひどい出来で修学旅行中のレッスン日を前倒しで見てくださることに・・・)のレッスンなので、練習できず。
土曜日、部活を休んで必死に合わせ練習するしかないわけです。
どうしていつも、追い込まれるまでやらないのでしょう、あの二人・・・・汗

本番は2か月先なのですが、音が並ばないことには先生も気が気ではないようです。
そのお気持ちは、お察しいたします、はい・・・。

というわけで、気持ちよく修学旅行に旅立つためにも、体調不良の先生にこれ以上の負担をかけないためにも、まずは練習がんばることです。

うちの教室、高校生の生徒の在籍率(?)がとても低くて、娘たちが小4のころにお一人いましたけれど、その後はみなさん中3の受験を機にやめられたり、その前にやめられたり。
今回、娘たちの学年で小さいころからお世話になっているのは娘ともう一人とっても魅力的なピアノを弾く頑張り屋さんのお友達の二人なのですが、高校になってからほかの教室を辞めたけどやっぱりピアノ弾きたいと言って入会された高校生が2,3人いて、珍しい状況なんですよ~。
でも、ほかの高校生の皆さんは、本当にお上手だし、要領よく練習をこなし、グングン成長してとても優秀なのですけれど、うちの娘とその相棒ちゃんは、ソロもズタボロ、デュオもいつまでも音を拾っていて、恐ろしく異色なんですわ・・・・。

発表会では、小さな生徒さんたちがあこがれる高校生と、長く続けていたらそれなりに楽しそうだな~という高校生と、二種類の高校生を見ることができることと思われます・・・・苦笑
[PR]
# by ina-kibi | 2015-10-08 16:57 | ピアノ | Comments(0)

父の車

父は昭和9年生まれ。おかげさまで今もとても元気です。
が、会うたびに「歳とったな~」という思いは増していきます、当たり前ですけどね。

父は車好きで(マニアックではないですが)、若いころパプリカという赤い車に乗ったのが最初らしく〈写真に残ってました)、次がスターレット。ここまでは乗用車でした。

次に私たちが小学生のころタウンエースワゴンになり、この車で北海道中連れてってもらいました。
キャンプに釣りに・・・。姉は車酔いするタイプというのと、ちょっと擦れた女子だったので(爆)あまり家族と出かけたがらなかったのですが、私は父と二人で遠出するのが好きで、よくついて歩きました。
タウンエースで夜を明かす・・・、何度も何度もありました!
そして中学くらいで三菱のジープになりました。
海にも山にも入っていけるぞ~~!!ということなのでしょうが、そのころにはあまりついて歩かなくなっていたので、レジャーというよりは進学して引っ越し荷物を運んでもらったとか、姉と二人で暮らしている家に両親がその車に乗って遊びに来たとか、そういう思い出の方が強い車です。

次が三菱デリカ。
今度は私はすでに就職していて、最終バスに間に合わず(地獄の残業で)帰れなくなった時など父に電話して迎えに来てもらったのがこの車。
そしてその鬼のように残業の多かった職を離れて、次の職に就くまでの半年間、就活をしながらではありましたがたまにデリカで父と魚釣りに出かけたりもしていました。
それから、遠方に再就職し、そこへ引っ越した時もこの車で行きました。
峠を越えて父と母が会いに来てくれたのもこの車。
それから妊娠し、出産のため里帰りしたのもこの車。

そして次が現在も乗っているエスティマです。
エスティマと言えば家族で本当にお世話になりました。
毎年春には夫が運転をして母の故郷の山(爆)に出かけ、夫と母は山菜取りをし、私と娘たちは川遊びをし、父はご飯を炊いてバーベキューの支度をしてくれて、母たちがとってきた山菜も焼いてみんなで昼食を食べるというのが恒例でした。
が、ここ2,3年、娘達も大きくなって忙しいし、父も体が億劫になってきたのでしょうね、自然消滅してしまいました。

ここまでは私の思い出ですが・・・
60歳で定年退職してからは(デリカとエスティマ時代)、父は車に自炊道具や寝具を積んで、ぶらりと泊りがけで一人で道の駅めぐりをして歩いたり、釣りに出かけたりするようになりました。
もちろん、夏季限定です。
それが、ここ数年回数が減り始め、去年は2度ほどかな?
今年はもう行かないのかな~と思っていたら、先日一泊で出かけて来たようです。

そしてついに「大きな車は手放すことにして、小型の乗用車を買ってばあちゃんと共有することにした」と父本人が言いました。
母は軽自動車に乗っているのですが、それも手放して、夫婦で1台にするようです。

わかってましたよ。
そして、いくら無事故無違反の父でも、80を過ぎて、突然何が起こるかわからないですから、長距離の運転はこちらが心配で心配で・・・・
もうそろそろ、と声をかけようか、いや、でも、本人の生きがいやプライドもあるだろうし、と、私も悩んでいたところでした。
だから、父が自分で決心してくれて、本当によかったと思っています。

だけど、やっぱり、さみしくてさみしくて・・・・
なんだか、涙が出てきてしまうんですよね。

お父さん、本当に今まで、いろんなところに連れて行ってくれて、電話一本でどこへでも迎えに来てくれて、身重の私を、そして生まれた娘たちを、いつも乗せてくれて、ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・
って言葉がわいてくるけど、本人には言えませんね~
思いは、伝わると、信じたいです。

車好きの甥っ子が、一昨日、じじばばと車屋めぐりをして、あらかた決まったようですよ!
次の車が納車される前に、思い出のエスティマで、夫の運転で、娘たちもつれてみんなで遠出しようって話しています。
[PR]
# by ina-kibi | 2015-10-02 17:33 | その他 | Comments(4)

だれか聞いてる?

とにかく、譜読みに追われている長女。
遅い上に、今回の曲はソロもデュオも長いし、普通じゃない(?)ので大変なようで・・・
ついに先生がしびれを切らし「水曜日まで必ず最後まで弾いておいで!!約束だよ~~!!!」と大きな声を出したとか・・・汗
水曜日は時間があれば学校の音楽室に飛んで行ってとにかく弾いたそうです。
そして帰ってきてこんなことを言いました。
「音楽室っていいわ~~~。誰も聞いていないからなんでも弾ける!!」って・・・・

「うちだって、誰も聞いていないけど?」と私が言うと
「え?絶対聞いてるよ、家族が・・・」って長女が言うんですよね。
まあ、私が「練習をしている」ことを確認する意味でかろうじて耳に受け入れている程度ですけど、本人には「お母さんが耳そばだてて聞いている」って思えるのかしらね・・・、恐ろしい。
ちなみに、私は家でピアノを弾く時は完全に誰も聞いていないという意識です。
だって、本当に二女も夫も、何にも聞いていないんですよ。
二女に至っては、眠りを誘うBGMですしね・・・。
ただ、ピアノ部屋に誰かが入ってくると調子が狂うので(ムッとしちゃう・爆)、一人になるのが一番です♪

聞いてもらえる喜びもあれば、誰にも聞かれていない解放感もあるのですね~。
面白いなって思いました!
[PR]
# by ina-kibi | 2015-10-02 07:57 | ピアノ | Comments(2)

書いておきたいこと・・・

ここ数か月、書き残しておきたいことがいろいろあったのに、なかなかまとまった時間が見つからず・・・・
もう、忘れてしまったこともいくつもあるんだろうな~~、と思うと、悔しいというかさみしいというか・・・

父の車のこととか、長女のレッスンノートのこととか進路のこととか、二女の東京旅行のこととか、手荒れのその後のこととか・・・・

とりあえずここに書きなぐっておいて、あとでゆっくり・・・・・書けるかな~~~~汗

それにしても、進路に関しては悩みますね・・・・
悩みすぎて吐きそうになる・・・・・爆
[PR]
# by ina-kibi | 2015-09-30 16:34 | その他 | Comments(0)

お母さん、あそぼう!

世の中、シルバーウィークですね。
私も、幸いなことにカレンダー通り仕事は休みです。夫も。
でも我が家、長女は連休中も毎日午前中部活。
二女もずっと夕方から夜までバイトです。

私は、家でちまちま家事やって、空いた時間にピアノを弾いて、飽きたら昼寝して・・・
そんな休日で大満足なんです。
夫は持ち帰った仕事をしたり、ぶらっと買い物に出かけたり、
昨日は一日鉄分補給の旅に出たりして、やっぱり満足しているようです。

が、数日前、二女がふと「お母さん暇?あそぼう!」と言いまして・・・
「え~?遊ぶってなにして?テレビゲームとかする??」なんて冗談言いつつ、結局何もしなかったんですが、翌日長女が部活で留守の間、二女と買い物に出かけ、帰りにお菓子屋さんでソフトクリームを食べました!!
その時「休日らしい過ごし方だね~」って二女が満足そうに言いまして・・・。

夕方は、長女と買い物に出かけて、長女が「敬老の日だから何か買ってばあちゃんとじいちゃんのところに行こう!」って言うので、最近実家の近くにできたケーキ屋さんでケーキを4つ選んで実家に行ってきました。

そして長女が、「家族と出かける予定があったら部活休んでもいいよっていわれてるんだけど、その予定はないけど明日午後から卒業した先輩と会うし、休んじゃおうかな~」って言うので、ならそれまで出かけようか?ということになり、今朝、3人で早起きをして、ドライブに出かけました。
お父さんは前日早朝から深夜まで出かけていたので、朝起こすの気の毒なのでおいていきました(それも気の毒・笑?)
長女は、3時から約束、ということで、それまでに帰りつけるように・・・・
秋晴れの下、いかにも北海道らしい景色の中のドライブ!!

一応、目的のカフェレストランはあったのですが、激混みで断念。
途中ジェラード屋さんで一休み。
そのあと、第2希望のお店に寄ってみたけど混んでいて、長い時間ならんで待つのは嫌だね・・と、お父さんにお土産という名目でケーキを4つ(結局自分たちの分もです・笑)買って、また次へ・・・。
最終的には草原ではなく街の中にあるイタリアンレストランでおいしいパスタとピザのランチを食べました!
が、ここが思っていた以上に我が家の好みのパスタ&ピザで、最高でした!!
また行きたいな~。

長女は今頃先輩たちとカラオケです♪
パフューム好きの会なんですって・笑
長女一人だけ学年が違うそうですよ~。
でもって、みなさん踊るようで、「私は歌う役!」と嬉しそうに言ってました。
二女は今一眠りしているのですが、5時からバイト。

もう高校生だし、友達と過ごす時間の方が楽しいだろう、そう思っています。
でも、家族で過ごすのも、いやじゃないんだな~って・・・笑
「おかあさん、あそぼう!」にはびっくりしましたが、なんだか、ほっこりしました。
また、機会を見つけて、ちょこちょこ遊ぼうと思います♪♪
[PR]
# by ina-kibi | 2015-09-22 15:33 | その他 | Comments(4)

組曲に苦戦、あげくのベートーベン・・・!?

出勤前の貴重な一人時間なう(笑)

北国は今週は月曜日からずーーーっと気持ちの良い秋晴れが続いています。
本日、2度目の洗濯機稼働中です。
出勤ギリギリで外に干していけそうなので、大物を洗っています。

手荒れの薬を塗ったため、鍵盤を触るのはちょっとためらわれます。
せめて、爪切りをして夜の練習に備えておこうかと思っています。

さて、何気なく取り組んでしまったフランス組曲のその後・・・・
当初、アルマンドとガボット しか弾いたことがなかったのですが、せっかくだからと思い、クーラントとジーグの譜読みも始めました。
そしてどちれもまだおぼつかない状態であるにもかかわらず、二日前からサラバンドに手を付け、夕べ初めてルールの楽譜をたどってみました。
なんか、夕べふと思ったのですが、とんでもないことに着手してしまったかも・・・
たまに全曲通してみようとやってみるのですが、最初に弾いたアルマンドやガボットがすっかり劣化していて、最近譜読みしている曲だってそうそう流れよく弾けるはずもなく、クーラントやブーレ、ジーグは軽快なテンポで弾かないとかその曲らしさが出てこないし><
あーーあ、とため息が出るばかり・・・
気長に、気長に。


さて、仕事から帰ってきて、夜になりました。
今日はなんだか疲れてしまい、家に帰ってきてからいろんなものをお腹に入れてしばし休憩。
そして、ふとしたことからyou tubeでベートーベンのソナタ31番を聞いていたら、結局ベートーベンのソナタの梯子しちゃって、17番弾きたい熱が宿ってしまいました。
「いや、無理でしょ~~。ベートーベンは無理でしょ?バッハはどうするの?カバレフスキーは?」と心の中の冷静な自分がささやきます・・・・
が、衝動を抑えきれず、楽譜を引っ張り出してきて弾いてしまいました、テンペスト3楽章。
気が付くと「ただいま~」と娘が帰宅。7時過ぎ。
「ごはんは?」
「あ、これから作る~~~・大汗」

食事を終えて茶碗も洗わず、再びベートーベン前半をじっくり譜読み。
で、これは少しずつやっていこう!ともう、すっかりやる気でいるんですけど・・・爆
そして、バッハも弾いて、今は休憩。
そろそろ茶碗を洗わないと・・・。

明日仕事頑張れば、5連休です♪
[PR]
# by ina-kibi | 2015-09-17 16:48 | ピアノ | Comments(4)

近頃のピアノ

新しい職場にも少しずつ慣れてきて、生活リズムもつかめてきました。
朝は、娘たちが自転車か、夫の出勤の車に乗って行ってくれたら余裕がありますが、私が送っていくことになると往復で30~40分はとられるので、やるべき家事をささっと済ませたらすぐに出勤の時間になってしまいます。
なので、朝は自分時間は期待しないことにしました。

帰ってきて、夕食作りに取り掛かる前にちょっとパソコン開いてみたり、何かお腹に入れたり、そんなことをしてから、ピアノを弾いています。
デスクワークなので、以前と違ってへたり込むような疲れがまったくないので、帰ってきてすぐでも弾けるのがほんと幸せです♪♪

最近練習している曲は、バッハのフランス組曲5番から5曲。
そして、カバレフスキーのソナタ3番(だったかな?)
それから、相当余裕のある時に、娘が冬の発表会で弾く予定の連弾曲をちびちびと。
どれもまだ、譜読み中って感じで、さらさら弾けないのですが、楽しみながら取り組んでいます!

バッハは、初めて弾いたのがおそらく小学校高学年だと思うのですが、インベンション1番でしたが、その時からもうずっとずっと大好きです。
最初に出会ったインベンション1番は、今でも宝物のような存在で、大事に弾いています。
いつでも暗譜で弾けるのは、この曲だけかも・・・。
組曲には組曲の難しさがあって、なかなかすんなりいかないながらも、ストレスフリーな感じですね~。
弾けていないのに、癒される・・・・。曲の存在に・・・。
最初は音を並べるのに一生懸命だったのですが、ようやく最近「どう弾いたらいいのかな?」というところに意識が行くようになってきて、音読みの次の段階に突入したかんじです。
今日は、スラーがかかっているフレーズと、かかっていないフレーズがあることを発見(いまさら・・・)!!
(使っている楽譜が春秋社で、巷の評判はかなり悪いのですが・・・爆)
もしかして、これ、スラーのある方を響かせるってことかな?と、あれこれ試行錯誤するのが、これまた楽しい!!
左手がまだまだ言い回しが幼くて、説得力ないので、そこを何とかしたいところです。

そてカバレフスキーは、ほぼ初めましてです。
しかもこの曲長いです。
自分で感じてる自分のキャパは6ページ程度。
短ければ短いほど集中できますけれど、6ページなら何とか・・・って感じ。
なのにこの曲11ページだったかな??
ようやく通るようになった段階で20分近くかかってました。
1回通すだけで疲労困憊でした・笑
カバレフスキーは個性が強そう!というイメージでしたが、独特なのは独特なんですけど(笑)、意外と共感できる部分もあるというかなんというか。
自分から選んで弾くことはないだろうという曲なのですが・・・・、娘が手を付けた曲なので、ちょっと弾いてみたら、すっぽりハマってしまって、やめられなくなりました。
弾けないながらも、のんびり続けていると、少しずつ全体像が見えてきたり、いろんな発見があったり、「もしかして弾けるようになるかもよ?」なんて言う明るい光が見えたり見えなかったりで、やっぱり楽しいんですよね~。
でも、譜読みが好きだから続いているのかも…とも思います。
ある程度音が並んだら、満足しちゃうかもしれません・汗

今週は、月曜、火曜と人と会う約束があって、今日はピアノのレッスンの送迎があって、思うように過ごせていないのですよ。
明日は何もない一日ですが、明後日はまた予定があって・・・・。
週末はゆっくり弾けるといいな~と思います。

そういえば、高音域の鍵盤一つ、打鍵できない状態になっていて、調律師さん待ち状態なんですよね~涙
そこを弾かないようにしているので、デュオのプリモの練習はできません・汗
カバレフスキーはその音何階か出てくるのですが、それをはずして弾くのがなかなか難しく、その部分は右手適当にしてるので、あとで苦労しないかちょっと心配・
その点、バッハは音域が狭いので、安心して練習に精を出せます!!
この時期に、たたみこむようにバッハを練習すればいいんですね~。
よし、週末は、バッハだ!!!

娘は昨日ようやく学校の試験が終わったところです。
今日の連弾のレッスンでは、迎えに行ったら先生の顔がものすごくどんよりしていて、二人の音を聞いたら先生の心情が手に取るようにわかってしまいまして…・大汗
音がとれていないだけじゃなくて、リズムがとれていないんですね・・・
これは結構重症かも・・・・と・・・。
今日はたっぷり2時間先生が譜読みに付き合ってくださって(なにせ昨日までテストだったので)、「週末は二人とも死ぬ気で譜読みしてきなさいよ!!ソロもだよ!!!」って言われて今夜は解散。
彼女たちは「やる」か「やらない」かだけの問題ですね・・・・
週末、どれだけピアノに時間をかけるか、それだけです。
[PR]
# by ina-kibi | 2015-09-09 22:51 | ピアノ | Comments(2)

もったいない・・・はもうやめようかな

今日は娘のピアノのレッスンです。今、まさにその最中です。
今週はこの後定期試験が始まるのでレッスン休むのかな~?って思ってたんですが、月曜日ならまだ大丈夫だから行く!と言って・・・・
でも、週末もテスト勉強に追われ、たまに息抜きに連弾(こればかりはなぜか譜読みが楽しいようで・・・笑)の譜読みをちびっとした程度ですから、今日のレッスンではいったい何を見てもらおうとしているのか・・・。
でもって、貧乏性の私は、準備もしないでレッスンを受けることが、とってももったいなく感じてしまうんです。
それならば、この私が!!!って、思ってしまうんです。

が、その考えを捨てなくてはいけないのでは、と、今回は思ったのでした。
高2の娘の、先生とのレッスン時間はもう2年も残っていないということに、はたと気づいたのです。
長いこと公私ともに(?)いろいろと育てていただいている先生と、おそらく、何の練習をしていかなくとも、濃い時間を過ごすことができるんだろうな~と。
だから、「もったいない」なんて言う私の勝手な発想で、その時間を娘から取り上げるのは罪だなって。

今日はソルフェージュも合わせて1時間半のレッスンですから、終わりの時間に夫が迎えに行ってくれます。
私も、先生とお会いすることで毎週元気をいただいてくるのが楽しみなんですけれど、私は娘達が自立してから存分にお付き合いさせていただく予定だし・・・(笑)。

というわけで、帰ってきた娘からレッスンの様子を聞くのを楽しみに待っている母でした~~♪
[PR]
# by ina-kibi | 2015-08-31 19:22 | ピアノ | Comments(2)

これからです!

4日間のお盆休み、最終日の夕方になりました。
1日目は、午前中うだうだ過ごして、お昼になりシフォンケーキを焼き始め、
それを持って午後からは札幌の友人のところへお見舞いに行ってきました。
突然決めたのですが、暇だった夫に声かけたら「行く行く~」と車出してくれて、
そして同じく休みの長女も「行く行く~」と同乗することになり、
夕方からバイトが控えている二女がものすごい不機嫌な表情で一人リビングで宿題をしていました><
かわいそうだな~とは思ったんですが・・・・涙

出発してしばらくすると、二女からLINEが届きました。
要約すれば「かわいそうな私に、お土産を!」ということなのですが、
その言い回しがとてもおかしくて。
こんな風に物事とらえられるようになっているのなら、ちょっと安心だな~とも思いました。

お見舞いした友人は、私以上に元気でした!!
今月末には退院予定とのこと。
涼しくなったら一泊でどっか遊びに行こうね!と約束してきました。
さて、どこへ行こう??今から楽しみです。

そしてお休み2日目は、二女もバイトの休みをもらっていたので家族4人そろいます。
1日目置いてきぼりを食ったので、二女のリクエストを全面的に採用することに。。。。
早起きして、美瑛→富良野→帯広と回ってきました~。
写真部の二女は、夏休みの宿題(?)で写真を5枚提出しなきゃならないとか・・・
なのに途中で「あ、カメラ忘れてきた~」と・・・怒
夫が持っていたので、それを借りての撮影してましたけど・・・。
まったくも~~~、何しに行くんだか・・・って感じですよ・・・
でも結果、行きたかったところへ行って、食べたかったものを食べて、大満足でした♪
写真の出来は、もごもごもご・・・・汗

そして昨日3日目は、わたくし、一日中グダグダしておりました。
とはいうものの、普通に洗濯をして、普通に掃除をして、食事は普通よりずっと手抜きでしたけど・・・、一応主婦業はなんとなくやっておりました。

最終日の今日は、明日からの一週間に備えて、アイロンをかけたり念入りに掃除をしたりと、通常の週末モードに戻りました。
この後、食料と日用品の買い出しに行かなければならないので、それが面倒だけど…(買い物大っ嫌いです><)

ちょうど1週間前から、またぼちぼちピアノを弾き始めています。
最初はフランス組曲5番のガボットから始め、数日後にそれプラスアルマンド、そして昨日からさらにプラスしてクーラントの譜読みも始めました。
最終的には、これにジーグをプラスして4曲つづけて組曲らしく弾けるようになりたいな~と思っているのですが、なんとなく自分の傾向から、ジーグまでたどり着く前に飽きてしまいそうな気がしています^^;

何はともあれ、指が自分のものとは思えないほど言うこと聞いてくれないので、しばらくはバッハの曲でリハビリ生活を続けようと思います。

娘たちの夏休みも明日で終わり!
火曜日からは通常運転になるので、効率よく家事をこなして、ピアノ時間を捻出しよう!!

これからのピアノ生活が楽しみです♪♪
[PR]
# by ina-kibi | 2015-08-16 18:18 | ピアノ | Comments(0)

またぼちぼちと・・・

自分のこと、娘たちのこと、いろいろ立て込むとピアノが弾けなくなり、食事が雑になってくるのが私の良くないところ・・・・涙
食生活は暑さのせいもあり、お弁当以外では麺が多くて、野菜もトマトときゅうりばっかり食べていました><

特に、職場が変わり、出勤、退勤時間が変ったのは影響が大きいのです。
実際家を空けている時間は、以前と今とでは30分しか変わらないのですが・・・
娘たちが夏休み中ということもあり、自分ひとりの時間をうまく使えないのです。
これは大きなストレスです。
過去にも、午前勤務から午後勤務に移行した時に、生活リズムを作るのにかなりの時間がかかったという経験がありますし、またきっと、しばらくかかるんだろうな・・・と。

それでも、完全週休二日になったので、土曜日も確実に計算にいられるのはうれしいところです♪
昨日の土曜は、とにかく家の片付けと(娘たちが妙に散らかすんですよね・・・怒)、冷蔵庫の整理、そしてたっぷりの昼寝で、一日が暮れて行ってしまいました。

今日のノルマは、食材と日用品の買い出しくらいなので、これは暗くなってからでもよいので、
さっそくピアノを弾きました。
しばらく触っていなかったので、何か短くてかわいらしいものから・・・と思い、バッハのフランス組曲5番のガボットを引っ張り出して、弾いてみました。
午後からは、アルマンドも弾いてみたいな~と思っています。

指が動かなくて大変ですけれど、それでもやっぱりピアノを弾くことは何より楽しい!!!
しばらく娘たちの激しい連弾曲ばかり聞いていたので、バッハは耳にも心にも優しく語りかけてくれて本当に癒されます!

こんな風に、ぼちぼちと、自分の生活リズムと、ピアノのある生活を、取り戻していけたらいいな~と思っています♪
[PR]
# by ina-kibi | 2015-08-09 11:14 | ピアノ | Comments(2)

その時が来た

体の事情で、転職することになりました
何年も前から、いつか離れなければならない仕事・・・と思って続けていた保育園の仕事でした。
想像しただけで、涙が止まらなくなることが何度もありました。
毎日、毎日、いつまで続けられるか・・・と思いながら出勤していました。

実際退職する日が決まり、そこへ向けてのカウントダウンが始まって、どうなることかと思っていたのですが、意外と落ち着いて過ごせました。
が、さすがに最後の日は、いつも通りとはいきませんでした。
私の退勤時間は、保護者の出入りの多い時間帯のため、一人一人の職員にご挨拶するのが難しいと思い、出勤と同時に全クラス回ってご挨拶させてもらい、「帰りはいつも通りすーーーっと帰りますので、ご協力お願いします!」と・・・笑
でも、2つ目のクラスで、以前一緒に組ませていただいた先生のお顔を見ながら挨拶しているうちにこらえきれなくなって涙が落ちてきてしまいました・・・
そこからは、気持ちを立て直して次のクラス、そして崩壊、また立て直して、の繰り返しで、ようやく自分のクラスにたどり着いたという感じでした(汗)。
でも、自分のクラスに入ると不思議と平常心に戻れて、どの先生たちも「実感わかないわ~、明日も来るんでしょ?」なんて言って、いつも通りのテンションで迎えてくれて、本当にありがたかったです。

午睡中に園長先生に呼び出され、何事かと玄関ホールについていくと、なんと、職員の皆さんが集まってくれていて、御苦労さまの声をかけてくれ、花束と手作りのアルバムを渡してくれまして・・・・
アルバムを渡してくれた先生が、こちらに向かって歩きだす時点ですでにグダグダの顔をしていて、その顔見て私も再び大崩壊してしまいました・・・・(感涙)

小さなクラスの子どもたちは事情も知らないのですが、年長さんだけには担任の先生が話してくれていたようで、お迎えが来て帰るときに、何度もり振り返って、いつまでも手を振ってくれた子が何人もいて、心が崩れそうになりましたが、保育中はなんとか泣かずに、笑顔で、いつものように過ごせて、本当によかったです~♪

こんな風に最後の勤務を終えました。
悩んでいた時期の方がずっとずっとつらかったし、たくさんの涙を流したな~
今はすっきりしているな~、なんて思いながら、寝床に就いたのでした。

しかし、翌朝、目覚めた時に、「ああ、保育園に行かなくていいんだ」
と思ったとたん、とめどなく涙が流れてきて、布団をかぶって独りで号泣しました。
これで、本当にすっきりけじめがついた気がします。

あれから1週間。
新しい職場では、わからないことだらけですが、専門知識豊富な先輩が、穏やかに、そして丁寧にいろいろ教えてくださって、少しずつではありますが、事務の仕事の感覚がよみがえってきているかな~~~~~???といったところです。

そして、昨日、金曜の夜、元職場の10年連れ添った4人の仲間と食事をしてきました!
誰も「送別会」とは言わないのですが、実質送別会だったのだと思います・笑
でもみんな、とても楽しくて、笑ってばかり!!
最後に、なんと、またまたプレゼントをもらいました♪
「これは、私たち4人からだから、あの花束とは別物だから~~!!」と・・・



b0141377_1214627.jpg
b0141377_17364441.jpg



私がアランジアロンゾの話をしていたのを覚えていてくれた方がいて、なんと、わざわざ買ってきてくれたんですって~~。
開けても、開けても、目をつぶっていただきますをしているかっぱくんが出てきます・・・爆
このお弁当箱を見たら、午後からの仕事も頑張れそうです!!!
私も皆さんに、心ばかりのプレゼントを渡しました。
よろこんでもらえたようで、うれしかったです♪

また誘うね~~~!うん、待ってるね~~♪
しごとがんばってね~~!!うん、みんなもね~~~♪♪

またきっと、会えると思います(笑)
[PR]
# by ina-kibi | 2015-08-08 12:56 | その他 | Comments(2)

決断

たいそうなタイトルを付けましたが、最近ひとつ決断をしたんです。
ついに・・・・遠近両用メガネを作ることにしました。

読書好きなのですが、ここ数か月まったく読書から離れておりまして・・・
無意識だったのですが、目の都合だったのだと最近気づいたんです。
春に、近視用の眼鏡の度が合わなくなってつくりかえたばかりなのですけれど、
先日の職場の健康診断で行った視力検査で、両目でも0、5しか見えてないことがわかり、
眼鏡屋さんに相談しに行ったところ、レンズを交換してくれるという話になり。
それならば、眼科に見てもらって遠視の方もチェックしようという運びになり。

眼科では、遠視の方はまだ軽いので、遠近両用にするならこれくらいの時期から始めた方が慣れやすいですよ!というアドバイスを受けました。
来月から、仕事でもPC見たり、書き物したり、という時間が増えますので、よい機会かも・・・と、少々の追加料金を支払って、遠近両用にしてもらうことになったのでした。

一番の気がかりは、ピアノを弾く時、楽譜を見たり手元を見たりして違和感ないのかな~ということ。
眼科や眼鏡屋さんでは「階段を降りるときに気になる方が多いですね。」というお話をされたのですが、ピアノのことは聞きませんでした(聞きにくい・・・・笑)
どうかうまくピアノ演奏に適応できますように・・・
そしてまた、読書も再開できるといいな~~~!
読書のことを思い出したら、読みたい本が山のように湧いてきました・笑
[PR]
# by ina-kibi | 2015-07-16 09:12 | ピアノ | Comments(4)

まさかの、「聞いてなかった…」

さて、娘たちの連弾のレッスンが、前回のレッスンから4日後にありました。
まず、通して弾いて、先生が「練習してないでしょ!音が荒れてるからすぐわかる!!怒」と・・・
「まあ、しょうがないわね。早く吹奏楽終わればいいのにね」とも・・・。
そうなんです、この週末に吹奏楽部の定期演奏会があるんです。
連日夜8時までの練習。レッスンの日は申し訳ない感全身に出して早退してきているんだとか・・・。

毎日忙しくしている娘とその友達。
二人とも、部活での担当楽器は高校に入ってから始めた楽器なので、吹部の中ではどちらかというと戦力外・笑
「ご迷惑をかけないように、騒音雑音にならないように遠慮しながら吹いている」んだそうです・・・笑
だから、二人ともピアノに向かうのかもしれませんね。
こんなに忙しい時期に、なにも連弾なんてやらなくても…って思っていたのですが、やらずにはいられなかったのかもしれません・涙

前の曲の時も、聞くたびに「だめだこの二人は・・・音色も合わなければ、リズムのとり方も、拍感も、まったく違う、違いすぎる~~~~」と思って聞いていました。
でも、本番数日前に、ようやく一体感が出てきて、ステージでの演奏は息も合っていて、一つの大きなノリに二人一緒に乗れていたんですよね。
でも、今はまたバラバラで、ダメ出しをしていいのならまず「合ってないけど?」と言いたいです。

そんな二人にやはり言うべきことを言ってくれたのは先生です。
プリモに「あなた、セカンド聞いてないでしょ?」と。
するとなんとプリモは「はい、聞いてませんでした」とあっさりこたえたのでした・笑
「どうして聞かないの?もっとセカンドを信頼して、その音楽に乗っからないといつまでたってもデュオにならないよ。」と。
そこからは、弾くたびに「ほら~、今も聞いてなかったでしょ~~」とか「今は聞けてたね、よかったよ!」とか、今回のレッスンのポイントはそこでした・笑

信頼・・・。ああ、いい言葉だ!!
二人で音楽を作っていくのですから、相棒は自分の片腕なんですよね。
相棒の音を、自分の片腕が奏でているものとして耳に迎え入れること。
つまりは、相棒の出す音をも、自分で歌うこと、なんでしょうね~。
もちろん、セカンドも、もっともっと演出をしていかなければなりませんし、
大きなうねりを作って、そこにプリモを乗せなければなりません。

まだまだ発展途上、ってことは、もっとよくなる可能性があるってことですかね!?

疲れ切った二人を乗せたレッスン帰りの車の中で、娘がボソッと「今日の部活で、久しぶりにホルン吹いてて楽しいって思った!」と言っていたのが印象的でした。
投げ出さず、続けることは大事ですね~♪
[PR]
# by ina-kibi | 2015-07-14 11:00 | ピアノ | Comments(0)

デュオの練習

最近は、なかなか自分のピアノにのめりこめず、送迎ついでに娘たちのデュオのレッスンを見学するのが楽しみになっています。

何かと忙しい高校生。がっつりとまとまった練習時間が確保できず・・・
先日、夜間のホール練習の機会があって、その前の1時間ほど我が家で練習していたので、
「ちょっと聞かせてもらってもいい?」とピアノ部屋に滑り込んでまたまた練習に口を挟んできました・笑

先生がおっしゃっていることがどういうことなのか、その場でピンとこないこともたくさんあるのですが(本人たちも含め・・・です)、こうしてあれこれ模索していると、「ああ、なるほど、このことか~!」と少しずつ見えてくるんですね。
練習なくして、ピアノの上達はあり得ないんだな・・・と。
いくらレッスンを重ねても、それを自分のものにするには、練習あるのみなんだな・・・と。

連弾は、4本の手でピアノを弾くので、自ずと音数も倍増し、厚みのある音楽になるのですが、私が思うに、「あれ?これ、一人で弾いているのかな?それとも連弾かな?」と思うくらいの方が、よいデュオなのではないかな~と。
プロの演奏を聴いてみると、どこがどうというのではなく、どの音もちゃんと耳に届いて、そのどの音もきれいに歌われていて、邪魔になっていないんですよね。
そのうえで、メロディーが際立っていて、要所要所にスパイスが効いている、といったかんじでしょうか。
娘たちの演奏を聴いていると、初めて聞いた時には「あら?いつの間に練習してたの?こんな素敵な曲だったのね!」と、とても好意的な印象を持つんですよね。
ですが、その後、何度もレッスンなどを見学していると、「合ってない」「うるさい」「バカっぽい」・・・など、なかなかストレートには伝えがたい感想しか出てこなくなるんです。

昨日、レッスンの後「夜遅いけど、少し練習する?」と声かけたら「するする!」と二人ともいうので、我が家に連れ帰って1時間ほど練習したんです。
その時に、冒頭の2ページだけで、聴衆の心をがっちりつかめるように、とにかく出だしの主題と、そこからガラッと変わってマズルカになったところと、ここをしっかりと構築しよう!!というテーマのもと練習をしました。

どうやったら伝えたいことが届くのか・・・・。
やっぱり、メロディーがくっきり聞こえること。
じゃあ、内声は音量をぐっと抑えてやってみる。
な~んか、薄っぺらい、安っぽい演奏・・・
では、内声だけで弾いてみよう。
あら、プリ元セカンドの内声は、リズムがユニゾンだったのね~。
ここが一人で弾いているくらいぴったり合っていたら、うるさくならず、そして薄っぺらくならないのでは?
仕上げに、バスが重厚感をずっと継続して意識的に演出。
グッとよくなったじゃないですか!!

では、マズルカ部分は・・・?
これはリズムが命。
プリモが、頑張っても頑張っても、な~んか体が踊りだすという域にはなかなか行けない・・・
どこがリズムを刻めばいいの?あちこちの声部を出したり引っこめたりして、
結果、バスの一番下の音か、上の音、どちらかを少し鋭くすることによって、リズムに乗りが出てきました!
するとプリモは「すごくに弾きやすい!」と言い、前よりずっといいリズム、いい音でマズルカを演奏できるように!
じゃあ最初の8小節は一番下の音で刻んで、次の8小節はセカンドの左手の1の指で刻んだら面白いかも?
やってみると、なかなかいいんですよ~♪

冒頭2ページの印象が、その先の音楽をどういうテンションで聞いてもらえるかを決めてしまうといっても過言ではないので、ここは本当にじっくり練っていかなければ・・・と改めて思いました。

昨日のレッスンのおしまいに先生がおっしゃったこと。
「演奏の、『演』の部分はかなりやってきたけれど、これからは『奏』の方もしっかりやらないと、どんなにいい『演』であってもダメだからね~。」ということと
「二人でもっともっと練って、ここはこうしたい、この方がいいんじゃないか、というアイデアをどんどん持ってきてほしいのよ。私はそれを一緒になって検証して、もっといいものに仕上げるための手伝いをするのが仕事だから。」ということでした。

確かに・・・。うなずくのみです。

自分たちで構築した演奏を、安定したテクニックで、堂々とステージで発表できたら、音楽を学ぶものとして、最高の喜びですね~。
どうか、その域まで行けるよう、頑張ってほしいな~と思います。
私も木材運びくらいはせっせと手伝います~。
まだまだ先の長い人生ですから、これが最後の機会、なんてことはないと思いますが、高校生という自由とエネルギーに満ちた今、どうか輝いてほしい、と願ってやみません。
[PR]
# by ina-kibi | 2015-07-10 09:36 | ピアノ | Comments(0)

自分のピアノ

娘が、連弾をやっていると、ついついそちらに気持ちが向いて、自分のピアノはさっぱり…な今日この頃。
そのこと以外にも、いろいろとありまして、なかなか落ち着いた一日を過ごせずにおります。

そんな折、今日は突然仕事が休みになり、雨の中母と庭に花の苗を植えて(雨の日が一番いいんですって・・・笑)、気温も低いので風邪をひきそうで、お昼頃布団にもぐって昼寝をしてしまいました。
あ~あ、せっかくたくさんの時間があったのにな~。
でも、おかげで体もぽかぽかで、少しは「行動しよう!」という気持ちになり、
先ほど食料買い出しと、銀行回りをしてまいりました。

何かとお金がかかるんですよね~。
ボーナスが出るのを待って、かなり遅れて自動車税をようやく払うことができました。
そのほか、娘の修学旅行の費用や、二女も電子辞書もほしいっていうし(姉と共用させてたんだけど、無理ですよね…汗)、長女の自転車は壊れてるし・・・・
娘たちの学資も積み立てなければならないし・・・
夫がせっせと働いて運んできてくれたボーナスは、右から左へと消えていきます・涙

そうして、自分のことを考えると、やっぱり二人の娘が独立するまで、ピアノのレッスンは難しいのかな~と。
いやいや、月1でもいいじゃない?できないことはないのでは?
そんなことを考える前に、まずはピアノを弾きましょうよ!
などなど、心の中のいろんな声がワーワーうるさくてですね・・・・笑

私が四半世紀ぶりにレッスンを再開したのが、今の娘の先生のところでなんです。
小5の長女に連弾を勧めてくださって、「レッスン料がいっぱいいっぱいなので…」と正直にお話したら、「じゃあお母さんのレッスンを少し休んで娘さんに投資なさったら?」ときっぱり言われ、娘は2年間、ソロとデュオのレッスンを受けました。
中学に入ると、ソロのレッスンですら行けたり行けなかったりで、デュオはやめたのですが、その時期には子供にあれこれお金がかかるので自分のレッスンを再開という運びにはならなくて。
現在に至るわけです。

ですが、あの時の先生の「娘に投資」という発想は、もしかしたら正解だったのかも、と思います。
たら、れば、でいくと、私だってずっと習っていたらもう7,8年になるはずなので、今よりは指も動き、気持ちよく弾けるようになっていたかもしれませんが、根が真面目じゃないから、途中でやめてたかもしれませんしね。
娘は連弾があったから、今でもピアノを弾いているのかもしれません。

とはいえ・・・やっぱり自分もレッスン受けたいな~と思うんですよね~。(振出しに戻る)
仮に、また始めるとして、誰に習おうか?と考えると、これまた悩むんですよね~。
娘の先生の作る音楽は好きですが、もっと穏やかでのんびりなレッスンもいいな~とか。
まあ、いつ始められるか見当もつかないという状況下なので、気が済むまで悩んでいればいいのですけどね・・・笑

突然のお休み、雨降りの一日、こんなことを延々と考えて過ごしています・笑
明日から7月ですね~♪
[PR]
# by ina-kibi | 2015-06-30 15:37 | ピアノ | Comments(0)

やっぱり、緊張しました。

先日、長女たちの連弾の本番を迎えました。
本人たちの希望で、きっと最後の(?)コンクールに参加することになったのです。
来年は受験生。
部活・学校祭ともに3年生としてのしめくくりで忙しくしているであろうこの時期。
今年、2年生だからこそ挑戦できる最後のチャンス、といえば、そうなのかも・・・と、
説得されて、参加を許可しました・笑
(私、コンクールって、苦手なので・・・・)

すそ野の広いこのコンクールは、やっぱり小学生の参加がダントツ多くて
連弾もその例にもれず、娘たちが挑戦したカテゴリーの出場者はあまり多くありませんでした。
「普通に事故なく弾ければ通過できるから、とにかく落ち着いて、いつも通りに!」と、先生。
なのに本人たちは「1位通過目指す!!」と、変に力んでいて親の心配を煽ってくれましたが・・・・
無事、思い通りの演奏ができたようで、結果、予選通過できました。

この季節、数ある課題曲の中からクリスマスソングを選ぶペアなんて、娘たち以外にいるのかな~
と思っていたら、なんと、ほかにもいらっしゃいましたよ・・・爆
いろんなテンポ、いろんな風合いの演奏がありましたが、どれもとてもよく考えられていて、1曲の演奏を通して一貫した何かが感じられる見事な演奏ばかりでした。
ああ、いろんなところで、いろんな組み合わせで(高校生のお兄さんと妹さんペアとか、ほほえましかった!)ピアノを楽しんでるんだな~と思うと、ピアノ好きとしては本当にうれしい思いがしました。

本人たちはあまり緊張しなかったと言ってますが、演奏を見守るこちら側はやっぱり心臓が止まるほどの緊張感に包まれてしまいました。
そんな中でも、私の席からは前の方の客席に座っている先生の後頭部が見えていたのですが、それが娘たちの演奏のリズムに合わせて大きく円を描いて揺れていて、ありがたい気持ちでいっぱいになりました。
先生、いつも本番の生徒の演奏を聴きながら、演奏者と同じ位置でブレスをなさいます。
一心同体みたいで、ジーンときます。
娘たちは、なかなかうまく乗れない時に、先生がレッスン室で歌いながら乗せてくれるものだから「先生本番も歌ってください!」なんて冗談言っていたんですが、まさに、先生の歌が聞こえてくるような、ノリノリの演奏でしたね~。
先生、幽体離脱して娘たちの隣に行って歌ってたのかもです・・・・爆

演奏が終わった瞬間、先生はくるりと振り向いて、ニッコリ笑顔で私に「OKサイン」を送ってくださいました。
ですが、演奏を終えた娘たちの顔を見て最初に口にされたのは
「厚みがたりない。ペダル濁ってた!!」という二つのダメだしだったようです・・・・爆

長いことピアノを習ってきた娘を金銭面で支え(爆)、横で見守ってきて、いろんな思いを抱えてきましたけれど、この年齢になって、先生とこのような心のつながりをもっていて、一緒に何かに挑戦する仲間にも恵まれて、こうしてステージのピアノで緊張感を味わいながらのびのびと演奏ができる今に、すべてつながっていたんだな・・・、と思うと、感慨深いものがありました。

とはいっても、まだ予選が終わっただけなんですけど・・・
決戦は1か月後。
今度は、実力以上の難曲に挑戦するため、本当の意味での自分達との戦いになると思います。
どのように自分に厳しく立ち向かっていくのか(いけるのかい?)、楽しみに見守ろうと思います。
[PR]
# by ina-kibi | 2015-06-29 10:31 | ピアノ | Comments(2)

譜読み

頭の中に、もやもやと霧がかかっているときは、ピアノの譜読みをするに限ります。
練習中の曲をさらに深める練習をしようとしても、集中できないので成果が上がらないからです。
自分の場合、譜読みは意識が飛んでいてもできるので(本当はそういう譜読みはダメなんでしょうけど・・・汗)
目はひたすら楽譜を追って、指は鍵盤を探って、頭の中ではあれこれ考え事する、というスタイルなので、長時間取り組めます。
譜読みなので、それなりの成果はあります。

この週末、お尻が痛くなるほどピアノの前に座って譜読みしていたのが、シューベルト即興曲 Op.90-2
いつか弾いてみたいな~と思っていた曲です。
成果は・・・、ゆっくり、つっかえながら最後まで・・・という程度ですが、
もやもやした時間をやり過ごすことにはとても有効でした!

そして昨日、その霧が晴れました♪
長いこと悩んでいたことがあるのですが、よい進展がありました。
あきらめない、投げ出さない、そしてじっくりその時を待つ、大事なんだな・・・と改めてかみしめています。
そして、過去と今はつながっている。(当たり前ですが)
今回は過去の自分にも助けられた気がします。

さあ、霧も晴れたし、今日からなに弾こう・笑??
[PR]
# by ina-kibi | 2015-06-23 06:21 | ピアノ | Comments(2)

ホールのピアノ

ホールでピアノを弾くのは格別の楽しみ。
ですが、その楽しさは通常、これまた格別の緊張との戦いと抱き合わせだったりします。
私が最後にソロでステージに立ったのは、今の長女と同じ年齢の高2の時でした。
あああ~~~あれから月日がどんどん過ぎ、娘がその年齢になるなんて、想像すらしなかったです。

最後のステージは市の〇化会館でした。
ピアノの感触は何一つ覚えていません。
ただ、一瞬ブラックホールに吸い込まれ、会場の空気を凍らせ、舞台袖の先生の心臓も一瞬止めてしまったかもしれません。
先生は、その一瞬に、手元の楽譜を持ってステージの私のところに行こうか行くまいかものすごい葛藤だったとのこと・・・。
そして、先生が決断する前に、再び流れ始めたんですが。
まあ、撃沈演奏が、ラスト演奏だったということだけは、しっかり覚えています。
記念すべきこの時の曲は、シューベルト即興曲Op.90-3です。
大好きな曲だけど、その後一度も本気で練習したことがないのは、トラウマのせいでしょうかね・・・。

先日、この会館のステージでピアノの練習ができるという企画に応募しました。
土日で、一人1時間の枠で料金は2000円。
申し込んできました!
こちらのピアノはヤマハのフルコンで、かな~~り古いんですね。
だからおそらく、私が高校生のころに弾いたものと同じなんだろうと思います。
娘はこのホールのピアノが大好きだといいます。
ちょっと高音の伸びが悪いけど・・・・(笑)。

この1時間、どう使おうか~?まあ、いろいろあるから後で考えようか、と、まず申し込んだわけですが、ちょうどそのホールの練習日の1週間後に本番を迎える連弾の練習に使いたいというので、今回は娘たちに譲ることにしました。

そして、もう一つ、〇民会館の大ホールでピアノが弾けるという企画があって、明日から申し込み受け付けが始まります。
こちらは、ステージに2台ピアノが並べてあって、どちらを弾いてもいいという企画です。
ヤマハとスタインウェイです。
2年前に、長女と一緒に夜な夜な弾きに行ったことがありますが、意外と響かなくて苦戦した記憶があります。
もし枠がとれたら、1時間のうち15分でもいいから私も弾きたいな~!と思っています。
できれば2台ピアノの曲を弾きたいんです。
2台のピアノが並んでおいてあるなんて言う状況、なかなかないですもん!
↓の記事にある、シューマン=ドビュッシーの曲を弾いてみたいな~。
多忙の娘に、私に付き合って譜読みしてくれる心の余裕とやさしさがあるだろうか・・・。
いや、もし無理なら、娘と連弾仲間ちゃんと二人で片手ずつ第1ピアノを弾いてくれてもいいや!!
何とかして、実現できたらいいな~と思います。
ささやかな、15分間の夢です。
[PR]
# by ina-kibi | 2015-06-14 09:28 | ピアノ | Comments(2)

娘たちを振り切って

テスト期間は、夜遅くまで(朝早くまで?)一夜漬けの毎日で、朝はなかなか起きられない娘たち。
いつもは晴れていたら自転車で、雨ならお父さんの出勤の車の便乗して登校するのですが、こうなるとお父さんの車には間に合わず・・・
自転車で行くと、家に帰ってきたら疲れ果てて寝てしまう→勉強できない→赤点となってしまうから、自転車はやだ~と・・・。
で、バスは混むし、結構いいお値段で、二人で往復となると・・・・ね・汗
それで、特別「お母さんが送ってあげる!」と、ここ二日送っていったのです。
が、さすがに今日は、朝の往復40分が惜しくなって、「お父さんの車に間に合うように起きなさい!お母さんは今日は用事があるから送っていけないよ~」と大声で起こして、無事夫の車で登校できました。

今日はお菓子は作らない!と決めていて(笑)、早々に洗濯を済ませ、掃除機をかけ、水回りの掃除も済ませ、すっきりしたところでピアノを練習しました。

パルティータ、弾けば弾くほど難しさを感じると同時に、少しずつ見えてくるものがあって、ようやく「おもしろい!」という気持ちが芽生えてきました。
もう少し辛抱強く練習してみようと思います。

そして、夕食後、片付けも済ませて、またピアノを弾いておりました。
こちらは、ネットで楽譜をダウンロードし、譜読み!!

シューマン Op.56 カノン形式による6つの練習曲



以下、曲の解説コピーです。

「 シューマンの作品からの二台ピアノ用編曲。この曲が作曲される契機となった「ペダル・ピアノ」という楽器はピアノにオルガンのような足鍵盤を付けたもので、当時シューマンが教えていたライプチッヒ音楽院にオルガンの学生のために置かれていた。彼はこの楽器に強い興味をかきたてられ、1845年に自分のピアノにもペダル鍵盤を借りて備えつけた。若い頃からバッハの音楽に傾倒し、フーガや対位法の研究に熱心に取り組んでいた彼は、この新しい楽器のために、2つの声が終始語り合い紡ぎ合わされていくロマンティックで美しいカノンを作曲した。そして、その後1891年にこの曲を2台のピアノに割り振り、対話と調和の美しさを薫り高く表現したのが、巨匠ドビュッシーである。バッハを彷彿させる1番、やや愁いを帯びた陰影の彩が美しい2番、歌曲のような優美な旋律をもつ3番、ロマンティックな情感と心の動揺のコントラストをうまく表現した4番、メンデルスゾーンが非常に気に入っていたと言われる何処か物悲しいスケルツァンドの5番、4声のフーガをはさみ深く穏やかな情緒、敬虔さと慈愛に満ちた6番、の全6曲からなる。」

この、1曲目の楽譜をダウンロードし、第1ピアノ、第2ピアノ、どちらも弾いてみました!
ああ、これ、本当に2台のピアノで誰かと一緒に弾きたいよ~~~~、って、弾きながらずーっと思いました。
とりあえず、どっちも弾けるようにしておいて、何かの機会に先生にお相手してもらえたらいいな~と。
レッスン室は、グランド2台並んでいるので、可能です!!

お菓子ばっかり作ってないで、ピアノもいっぱい弾こう♪♪と思った夜でした・笑

〈追記〉第1、第2弾いてみて感じたこと
    私は、選べるのなら第2を弾きたいな~と思いました。
    カノン形式なので、追いかけっこなのですが、
    ピアノも(「も」って・笑)追われるより追う方が好きみたい・・・爆
    
[PR]
# by ina-kibi | 2015-06-04 21:36 | ピアノ | Comments(2)

抑制ができない

本日も、出勤前にお菓子作りに精を出してしまいました・・・
掃除機かける時間なかった~~~汗

b0141377_22344510.jpg


抹茶シフォンケーキと、リベンジプリン!
数日前に蒸して作るプリンを作ってみたのですが、結果、伊達巻みたいな感じになっちゃって評判悪かったんですよね・・・
反省を踏まえて、今度はゼラチンで固めるタイプを作ってみました。
触感も滑らかで今度は美味しくできました♪

夜こそゆっくりピアノの練習を・・・と、眠気をこらえてピアノの前に。
バッハ弾きながら、本棚の一番下の段に目をやっていたら(集中力ゼロ)、
目に入ってしまったんですね、独身時代によく使っていたパン作りの本が・・・・・(危険すぎ!)
はい、それ引っ張り出して読みましたとも。
そのあと、台所に行ってパンを作りましたとも・爆!
夜なので簡単にできる発酵いらずのパンということで、

b0141377_2242066.jpg


オニオンベーコンブレッド~
かたちは悪いけど、手作りのものって愛せますね・笑
明日の朝まで娘たちが食べずにいてくれたら、朝食になります!
が、何せテスト期間中。夜食となって消えてしまうかもです><
ついでに、リング型でみかん缶入り牛乳寒天(ゼラチンですけどね・笑)も仕込んでおきました。

ほんと、やりだすと止まらなくて、小麦粉とたまご、牛乳の消費量が半端ないです・・・
明日は掃除とピアノをがんばらなくては~~~066.gif

それにしても、どうして写真がこんなにでかくなっちゃうんだろう~~・爆爆
[PR]
# by ina-kibi | 2015-06-03 22:47 | その他 | Comments(0)

ハイフィンガーって・・・・?

ついに中間試験が始まった娘たち。
二女は試験期間中はバイトはお休みで、試験最終日から6日連続勤務だそう(今度はほかの高校の試験だとかで・・・、助け合いですね♪)。
長女は何を思ったか、前日のピアノレッスンはソルフェージュだけ受けてきて、試験初日の昨日はデュオのレッスンまで行ってきましたよ~・怖
で、45分のレッスンなので、月曜日は娘を下ろしたらドラッグストアとスーパーでちょこちょこ買いものしてちょうど45分ってところ。
レッスン終わって車に乗り込んだ娘は、「先生、ソルフェージュの講習会に行ってきたみたいで、今日のレッスンはすごく面白かったよ!来てよかった!!」とちょっと興奮気味でした。
それは何よりでした・・・・笑
先生、ベテランの域に達しても勉強熱心で尊敬します。

昨日はもう買うものもないし(笑)、送って行ってそのままデュオのレッスンを見学してきました!
まず、試験中の高校2年生2名は顔色も悪く(爆)「まじやばい」「終わった」など、後ろ向き発言ばかりでどんより度半端ない・・・。
先生「試験のことは忘れて、ピアノピアノ!!」とはっぱをかけるも、最初に弾いた演奏は、あちゃ~~~~~~・涙
なんだかんだと手直しされて、最後にはまずまずの精度に戻ってましたけど、先生「今日は早く終わろう!この次のレッスン延長しよう。はやくうち帰って勉強しなさい!!先生、勉強は教えてあげられないから自分たちで頑張って赤点とらないで来週からまたピアノがんばろう!今日は二人ともここに来ただけで偉いよ!」って・・・・・笑
ほんとにやさしいわ~~~、親より優しい・・・・涙

さて、帰りがけ「昨日、〇〇ちゃん(←私)レッスンに来ればよかったのに~~。パルティータ弾いてるんでしょ?聞きたかったわ~~。」って・・・・先生。
娘は何でも先生に話すんですね・・・・汗
でも、ほんと、行けばよかったな~~と後悔してたんですよ~~~・涙
でもって「パルティータは全然弾けるようになる気がしないんですよ。私にはまだ無理なのでは・・・と」と弱音を吐くと「ハイフィンガーで弾くと、感じが出るよね。」とアドバイス。
ハイフィンガーって??
夕べ、少し弾いてみましたが、なんとなくイメージはできても、結局よくわかりませんからね・・・汗
これからまた、試行錯誤の長い旅の始まりです。
来週の娘のレッスンも、試験直後でどうせ練習してないだろうから私が来ようかな?と先生の前で提案したら娘がすかさず「来週はデュオ見てもらうからダメ~~!」と・涙
次なるチャンスは期末試験かな~~~。
今度こそ逃さないようにしなくちゃ!!
[PR]
# by ina-kibi | 2015-06-03 09:23 | ピアノ | Comments(0)

懐かし風味のクッション

昨日は思いがけず仕事が急に休みになりました(たしか先週も一日お休みがあった!)。
夏みたいに気温も高く、雲一つない晴天だったので、寝具をじゃんじゃん洗濯して、
布団を干して・・・と、大忙し!
その傍ら、両親に来てもらって、物置に自転車を入れるスロープを作ってもらったり、
一緒に庭の草を抜いたり肥料を入れたり・・・。
お昼にと、うどんをこしらえていたら、母が急に思い出したようで「生協の宅配が来るから、帰らなきゃ~」と言って、帰ってしまいました・笑
本当は、午後から一緒に花の苗を買いに行って植えたり、娘の部屋のカーテン生地を見に行って作り方を教えてもらおうかと思っていたので、残念でした><

そこで空いた時間に、またもやお菓子作り。
昨日はバナナケーキと杏仁豆腐を作りました。
まずまずの出来♪
そして、今度は娘たちが小さいころ使っていた低反発チップ入りの枕をサイズダウンし小さめのクッションサイズにして、これまた幼稚園くらいの時に着ていたお気に入りのスカートでクッションカバーをこしらえてみました!

b0141377_904575.jpg


もう着られない服だけど、なんだか捨てられずにとってあったんです。
生地の風合いも好きだし、色も好き!
作ってから気が付いたこと・・・、それはスカートのサイズが違うということ・笑
そりゃそうなんですが、二女のものはワンサイズ小さいのに気付かず、クッションは同じ大きさで作ってしまったので、パンパンになってしまいました・笑

帰宅した娘たちも気に入ってくれて、私も、いつもそばに小さな娘たちがいるようでうれしいです!!
こういう洋服、まだ何枚かあるので、また何かに変身させてみたいな~と思いました。
[PR]
# by ina-kibi | 2015-06-02 09:10 | その他 | Comments(2)

門前払い・・・的な


さて、週が明け、気が付くと6月です。
娘たちは明日から高校の前期中間試験007.gif
二女は、高校の洗礼を受けることでしょう・・・・・(お気の毒)。

そして今日月曜日は、長女のピアノレッスンの日。
な~~んにも弾いてないし、明日から試験だけど、今日はレッスンに行くのかい?
と聞いてみたら「行くよ!45分だけやってもらうことになってる。(いつもはピアノ45、ソルフェージュ45の90分)」と。
「え?何か弾けるのあるの?」と聞くと、「ああ、ないわ…。ソルフェージュにしてもらう。」ですって・・・。

こんなことなら、今日の45分、私がもらってパルティータを見てもらえばよかった・・・と、今ものすごく後悔しているところです。

昨日、久しぶりに少し真面目に(?)練習してみたんです。
なにが一番よくないって、左手8分音符一つ弾く間に、右手36分音符4つ弾く、そのバランスが最悪なんですね・・・。
左手を16分音符にして、同じ音2回ずつ鳴らすと、まあそこそこ整うんですけど。
頭の中や、体のどこかで、そのようにカウントし続けたら何とかなるのでしょうが、それをしながら音楽を進めていくことができないんです・・・。
結局のところ、曲の流れに乗って弾こうとすると、36分音符が整わず、整えようとすると曲が進んでいかないという、もうダメダメな感じです。

おまけに、以前動画をとった時の冒頭、悩みながらも自分なりに見通しを持って弾いていたんですが、当時なに考えてどう弾いていたんだか思い出せず(おい)、今は本当にまとまりも意思もなく、これじゃ始まらないよ?という状態。
後半の怒涛の2声は、もちろんろれつが回らないし。

この曲、本当に、門前払い・・・という感じがしております。
早く娘がまともな(これ大事!)レッスン受をけて、ヒントをもらいたいものです。
[PR]
# by ina-kibi | 2015-06-01 08:41 | ピアノ | Comments(0)

今月は小麦消費量かなりアップな我が家

長女は山へしば刈りへ・・・、じゃなくて、友達とテスト勉強へ・・・
二女は川へ洗濯へ・・・、じゃなくて、バイトへ・・・
そして夫はぶらりと出かけてしまったので、また作っちゃいました!!

b0141377_16522397.jpg


これなんだろう?
ドーナツの形をしたスコーンといったところでしょうか?
味はまずまずでした・笑
[PR]
# by ina-kibi | 2015-05-30 16:50 | その他 | Comments(2)

日々の記録


by ina-kibi
プロフィールを見る